のんびりお散歩して日本酒に舌鼓! 石神井公園でちょっぴり大人のお花見デート

デート (98)
2668views
コースをメモする
のんびりお散歩して日本酒に舌鼓! 石神井公園でちょっぴり大人のお花見デート

都心から少し離れた場所にあるお花見スポット「石神井公園」。自然豊かなこの公園は、ゆったりお散歩できる遊歩道や名物のボートなど、桜はもちろん、見どころがいっぱい。駅周辺にも雰囲気のいいオシャレなお店がたくさんあり、都心の喧騒を離れて、ゆっくりとお花見デートするにはぴったりの場所です。今回は、「石神井公園駅」周辺で、オシャレなカフェでランチを食べた後、石神井公園でメインとなるお花見! 最後は、利酒師のいるダイニングバーで桜にちなんだ日本酒を頂く、ちょっぴり大人なお花見デートコースを紹介します。

昼からスタート!

1
12:00 緑も多く、住み心地バツグンの「石神井公園駅」からスタート
12:00 緑も多く、住み心地バツグンの「石神井公園駅」からスタート 12:00 緑も多く、住み心地バツグンの「石神井公園駅」からスタート
石神井公園駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/shakujii-koen/
西武線沿線でも屈指の人気スポット「石神井公園駅」からスタート。駅周辺はさまざまなお店が並び、商店街もにぎやか。都心に行くのも便利なので、住み心地もバツグン。駅名にもなっている「石神井公園」に代表されるように自然も多く、西武線沿線の中でも屈指の人気エリアです。
2
12:30 アットホームな雰囲気の「TRES CAFE(トレスカフェ)」でランチ
12:30 アットホームな雰囲気の「TRES CAFE(トレスカフェ)」でランチ 12:30 アットホームな雰囲気の「TRES CAFE(トレスカフェ)」でランチ
TRES CAFE-トレスカフェ-
http://www.tres-cafe.com/
石神井公園駅から徒歩10分ほどの場所にある「TRES CAFE(トレスカフェ)」で、まずはランチを頂くことにします。約1年前にできたという、まだまだ新しいこのお店。お昼時は、サラリーマンから近くに住む主婦まで、幅広い方たちの憩いの場になっています。

入店し、さっそく注文したメニューは、「アボガドチーズバーガー」(1,000円税込)と「タコライス」(670円税込)。どちらもボリューム満点。タコライスはリピーターも多く、お店の人気メニューなのだとか。
通常のカフェラテに桜シロップが加えられた季節限定メニュー「さくらラテ」(380円税込)もオーダーし、私はタコライス、彼はアボガドバーガーを頂きま〜す!

大きな口を開けて、バーガーを頬張る彼。バンズも分厚くかなり食べごたえがあるみたい。タコライスはソースがスパイシーで、野菜も豊富です。
さくらラテは、ピンクの見た目もかわいくて、とっても甘〜い。

食後のデザートも女子には欠かせません♪ 注文したのは、こちらも季節限定の「さくらレアチーズケーキ」(480円税込)。生地に練りこまれた桜シロップがほんのりと甘く、とろっとした口当たりも絶妙のお味でした。

こちらはイケメン店長の水谷さん。店名の由来を聞いてみると、「TRE」はイタリア語で3という意味で、そこにSをつけ、3つのSをお店のコンセプトにしているとのこと。3つのSとは、「スポーツ」「スマイル」「サティスファクション」。
お店に設置されたTVモニターでは、スポーツの映像が常に流れており、たまにスポーツ中継を流してスポーツバーになることも。昼・夜問わず、お客さんを笑顔にし、満足して帰ってもらいたいという思いから名付けられたようです。
ついつい長居したくなっちゃいますが、メインの桜を見に石神井公園に向かいます。

3
14:00 「石神井公園」でボートに乗って、ゆったりお花見散歩
14:00 「石神井公園」でボートに乗って、ゆったりお花見散歩 14:00 「石神井公園」でボートに乗って、ゆったりお花見散歩
石神井公園
都内でも、屈指の花見スポットである「石神井公園」。木々に囲まれた落ち着いた雰囲気は、都心ではなかなか味わえないこの公園ならではの魅力。喧騒を離れて落ち着いてお花見するにはもってこいの場所です。

まずは、公園名物のボートを楽しむことに。今回は、手で漕ぐローボート(60分/700円)に乗ります。はじめて乗ってみたけど、漕ぐのは意外に力がいるみたい。なかなか大変そうな彼。頑張れ〜。

手漕ぎボード以外にも、かわいいアヒルのスワンボート(30分/700円税込)もあります。こちらは、足で漕ぐタイプ。今度来た時は、こっちに乗ってみたいなぁ〜。体力がいりそうだけど(笑)。

ボートではしゃいだ後は、お散歩しながらお花見することに。池の脇の並木道はまるで桜のトンネル! キレイな桜を眺めながらのお散歩は本当に心地いい。リラックスできますよ。

園内には、ソメイヨシノやヤマザクラなど約350本もの桜が咲き誇ります。レジャーシートに座って複数の友だちとワイワイ過ごすのもいいですが、自然の中を歩きながら楽しむお花見もデートにはおすすめです。

4
17:45 利き酒師のいる「粋酔」でほろ酔い花見酒
17:45 利き酒師のいる「粋酔」でほろ酔い花見酒 17:45 利き酒師のいる「粋酔」でほろ酔い花見酒
粋酔
http://suisui2013.blog.fc2.com/
お花見の後は、ディナー。花見のあとのお酒はやっぱり日本酒でしょ! ということで向かったお店は、ダイニングバー「粋酔」。
こちらのお店は日本酒が豊富でその数120種類以上。オシャレな内観も雰囲気がよくお花見デートにはぴったりのお店です。

利酒師の資格を持つオーナーの奥様、滝川清美さんに花見に合うお酒を選んでもらったところ、すすめてもらったのが、「花泉 ロ万(ロマン)」(460円税抜)と「天吹(あまぶき) ぴんくれいでぃ」(450円税抜)。
どちらもピンクのラベルがかわいい。「天吹(あまぶき) ぴんくれいでぃ」は、お酒の色もピンクです! 古代米を使って作られるので、こんなに鮮やかな色になるのだとか。
さっそく乾杯して、ひと口飲んでみると、どちらもフルーティーで飲みやすい。口当たりがさわやかで、日本酒に飲み慣れていない人でもすっきり飲めちゃいます。

もちろん、お料理にもこだわりが。毎日、その時期に旬な食材を使ったメニューを用意しています。今日、出していただいたのは、「初ガツオの漬け 薬味野菜のサラダ仕立て(750円税抜)」と「真鯛と生ハムのカルパッチョ800円(税抜)」、そしてメインデュッシュは「ハマグリとアスパラと筍のバター蒸し(850円税抜)」。

実はこの料理にも桜が隠れているんです。真鯛は桜の葉でしめているので、ほんのりといい香りが! また、ドレッシングにも桜花漬けがミックスされていてさっぱり頂けます。繊細な味つけがほどこされている料理は日本酒にもぴったり。ついついお酒もすすむ〜。

こちらが、利き酒師の資格を持つ、滝川清美さん(左)と、料理を担当する店長の滝川雅也さん(右)。清美さんはなんと、ワインのソムリエ資格もお持ちです。日本酒だけでなく、お店には数多くのワインもあるので、迷ったら清美さんに相談してみてください。

5
20:00 ちょっぴり大人なお花見デートは「石神井公園」でゴール
20:00 ちょっぴり大人なお花見デートは「石神井公園」でゴール 20:00 ちょっぴり大人なお花見デートは「石神井公園」でゴール
石神井公園駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/shakujii-koen/
今回は、ボートに桜に日本酒と、ちょっぴり大人なお花見デートを楽しんできました。寒い日が続きましたが、だんだん気温もあがり、外にお出かけしやすい気候になってきています。なかなか外でデートができていなかったという方は、石神井公園周辺でのんびりとお花見を楽しんでみてはいかがでしょう? 自然を感じながら、贅沢な一日を過ごせるはずです。

FINISH

FINISH

今回のコースマップ
今回のコースマップを見る

このおでかけコースについてどう思いましたか?
アンケートにご協力ください。

投票する
この記事のガイド

合わせて読みたい!おすすめコンテンツ

ページトップへ

ランキング

    PAGE TOP
    PAGE TOP