東京新デート 穴場スポットを探しながら、心地良い時間を楽しめるデートコース

デート (131)
3500views
コースをメモする
東京新デート 穴場スポットを探しながら、心地良い時間を楽しめるデートコース

練馬区の東端「新桜台駅」から「小竹向原駅」にかけてのエリアは、閑静な住宅街の中におしゃれなお店が点在しています。穴場店を探しながら、春のお散歩デートはいかがですか? まず、「武蔵野音楽大学」近くにある「まほうつかいのでし」でランチ。音大生御用達のパスタやピザで満腹になったら、小竹向原方面へ。花屋、雑貨店、ビストロなどの複合店舗「サイマーケット」でお買い物をしながら、カフェでのんびり休憩します。最後はフランス菓子屋「シュルプリース」で話題のロ―ルケーキをおみやげに買って帰るコースです。

昼からスタート!

1
【11:50】「新桜台駅」の改札で待ちあわせ
【11:50】「新桜台駅」の改札で待ちあわせ 【11:50】「新桜台駅」の改札で待ちあわせ
新桜台駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/shin-sakuradai/
西武有楽町線はよく利用するのですが、「新桜台駅」で降りるのは、今回が初めて。
地下にある駅なので、周辺の様子を見たことがなく、どんな街なのかドキドキしながら、彼と待ちあわせをしました。

「新桜台駅」から地上へは、階段とエレベーター(3番出口)があります。

2
【12:00】「まほうつかいのでし」でランチ
【12:00】「まほうつかいのでし」でランチ 【12:00】「まほうつかいのでし」でランチ
まほうつかいのでし
「新桜台駅」から徒歩5分。「まほうつかいのでし」は、「武蔵野音楽大学」のすぐそばにあり、第2の学食とも呼ばれるパスタのお店です。
学生仕様でボリューミーかつ、ユニークな名前のメニューがおもしろい!
店名の通り、ちょっと不思議でかわいい店内を2人で楽しみながらのランチタイムです。

店に入ると、ジブリの音楽が静かに流れていました。
"マスター”と呼びたくなる渋い雰囲気のお店の方が迎えてくれます。
程よい距離感で、デートの会話も気にせずできました。

カウンターとテーブルで20席ほど。
12時半を過ぎると、楽器を持った学生さんや子連れのママさんなど、慣れたお客さんが入店。「本日のパスタ」(税込800円)を頼んでいる方が多かったです。

店名にちなんで魔法使いの絵などが店内には飾られていますが、目を引くのが逆さまになった時計。毎晩、魔法使いが来て、ほうきでひっくり返しているからだそうですよ☆こんな遊び心が楽しいお店です。

彼が頼んだのは、「白い恋人たち」(900円 税込)
エビ・たまねぎ・しめじが入ったホワイトクリームのパスタです。
「恋人たちの間でエビも赤くなっています」とメニューには書かれていました(笑)
量が多めで、スパゲティ―が120gだそう。シェアしながら食べました。
他にも、「ムキムキマン」「幻想の月」「くまのプーさん」など、どんな料理なのか気になる名前のメニューがありました。

私が注文したのは、「木こりさんの大好物」(1040円 税込)というピザ。サラミ、マッシュルーム、コーン、トマトなどがのっています。
厚めの生地にたっぷりチーズでとってもおいしかったです!
エビ、イカ、たらこ、ツナなど、自由にトッピングしてオリジナルのピザを作ることもでき、お持ち帰りすることもできます。(サイズは7インチまたは9インチ)
ピザとパスタを2人で食べて、お腹いっぱいになりました。

店を出て、徒歩1分の「武蔵野音楽大学」では、現在新校舎が建設中です。2017年度に完成予定。キャンパス内には新しく楽器博物館ができるそうで、開館したらデートコースに加えたいですね。

住宅街の中を通って、「小竹向原駅」方面へ向かいます。
庭をきれいに整えているお宅が多く、季節がら様々なお花が咲いていました。10分ほどの道のりですが、退屈せずに歩けますよ。

途中、「練馬区立小竹図書館」もあります。
時間に余裕があれば、休憩に図書館をぶらりのぞいてみるのもおすすめです。

3
【13:00】「サイマーケット」でカフェタイム&お買い物
【13:00】「サイマーケット」でカフェタイム&お買い物 【13:00】「サイマーケット」でカフェタイム&お買い物
サイマーケット
http://saimarket.com/
「小竹向原駅」の北側にある「サイマーケット」は、レンタルスタジオ、生花店、雑貨店、そしてカフェ&ビストロが入った複合施設です。
こちらでショッピングしながら、カフェタイムにしました。

「サイマーケット」の入り口、一番手前にあるのは「Flower Shop Ruby Tuesday」というお花屋さんで、きれいな花々が迎えてくれます。

中庭を通り抜けると、焼きたてのパンの香りがしてきます。
こちら、各地の有名パン店から冷凍パン生地を仕入れ、焼成して店頭販売しているそうです。 天然酵母のパンや無添加ナチュラルベーグルなど、こだわりのパンが並んでいます。カフェスペースですぐ食べることができ、電話でパンの注文・取置きもできるそうです。

カフェスペースの隣に、雑貨の販売コーナーがあります。
種類が多く目移りしてしまうのですが、一つひとつよく見ていくと、こだわりをもって集められていることが分かります。
有機、自然栽培、生産者のわかる食品や飲料など、人や地球にやさしいことがコンセプトになっています。

私が気になったのは、リサイクルサリーBAG。
インドやバングラディッシュの女性の民族衣装「サリー」を仕立て直したバッグです。
コットン製で肌触りがいいし、パッチワークの色や柄が鮮やかでかわいい!
他にもちょっと巷では見かけない雑貨をが並んでいて、「これは何だろう?」と彼とワクワクしながら雑貨をチェックしました。

甘いもの好きな彼は、低脂肪タイプのココア(600円 税別)を購入していました。
フェアトレードの商品で、脱脂粉乳や乳化剤不使用というこだわり。
豆乳やメイプルシロップと混ぜて飲むのがおすすめだそうです。

他にも、子どものおもちゃやソープ類、文具、お菓子など、プレゼントにも良さそうなグッズがありました。
2階はレンタルスタジオになっており、手作りイベントや貸し切りパーティーなどが開かれているそうです。
お買い物を楽しんだ後は、コーヒーで一息つきます。

彼は、リンゴジュース(450円税別)
私は、カフェラテ(500円税別)

今回私たちは昼食でお腹いっぱいだったのでドリンクだけにしましたが、 キッシュやサンドイッチのプレート、ケーキセット、ディナーのコース、アルコールなどもあります。
いつ訪ねても、希望に合わせてくつろげるよう対応してくれます。

コーヒーについてくるのは「マスコバド糖」という糖蜜分離や精製をしていないフィリピン産のお砂糖。サトウキビの風味やミネラルが残されていて、なめてもおいしかったです。

レジの横には、陶器のワゴンがありました。50円セールの器もあり!
惹かれるものが多く、少々彼を待たせてしまいましたが、長居したくなる素敵なお店でした。

4
【14:00】「シュルプリース」でフランス菓子を購入
【14:00】「シュルプリース」でフランス菓子を購入 【14:00】「シュルプリース」でフランス菓子を購入
シュルプリース
http://surprise1990.jimdo.com/
デートの最後に「小竹向原駅」そばのフランス菓子屋「シュルプリース」でお土産を買って帰ります。
オープンして25年、テレビにも度々取り上げられている人気のお店です。

茶色を基調としたシックな雰囲気の店内です。
入り口付近には、箱詰めされた焼き菓子ギフトやパンが並んでいました。

店内のアトリエで一つひとつ作りあげられたケーキは、ちょっと小ぶりで、イチゴがショーケースの中でキラキラ輝いて美しい!
フランスの本格伝統菓子をルーツにしているそうで、リキュールを効かせた大人向けテイストのものから、 プリン、シュークリーム、チョコレートなどが、種類豊富に並んでいます。

「シュルプリース」の看板焼き菓子がマドレーヌ です。プレーンの他に、紅茶、 ショコラ、よもぎ味があります。(各170円税込)

併設されたカフェで、お店のケーキを味わうこともできますよ。
イタリアの豆を使った珈琲やホールリーフの紅茶など、スイーツを引き立てるように飲み物にもこだわりが感じられます。
クロックムッシュやブランチセットなど、軽食も用意されているので、甘いものが苦手な男性にもおすすめです。

屋外テラス席もありました。
あたたかくなってきたら、テラスでケーキタイムも良さそうですね。

私たちのお目当ては、こちらの「小竹向原トンネルロール」です。
以前TVのグルメ番組で紹介されていたのを見て、気になっていました。
「小竹トンネル」と「向原トンネル」の2つのトンネルの間にお店があることからと名づけられたそう。バニラ・抹茶・アールグレイ・チーズ・ショコラなどが定番であるのですが、この日は春限定の「サクラ」(690円 税込) を買って帰りました。
桜風味の生クリームに桜あんが入っています。口いっぱいに春を感じられる絶品スイーツでした。ロールケーキとしては細めで、食べやすいのも嬉しいですね。

5
【15:00】「小竹向原駅」到着
【15:00】「小竹向原駅」到着 【15:00】「小竹向原駅」到着
小竹向原駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/kotake-mukaihara/
西武有楽町線「小竹向原駅」に到着して終了です!
「新桜台駅」から「小竹向原駅」までの駅間は短めなので、歩くのに程よい距離でヒールでも大丈夫でした。春を感じながら初めての道を歩き、グルメを堪能したり、お買い物したり。道中彼とゆっくりおしゃべりもでき、楽しいデートになりました。
今回はお昼時でしたが、次回は仕事後のデートコースとしてディナータイムに訪ねてもいいかなと思っています。
※このコースは、2016年3月18日に行ってきました

FINISH

FINISH

今回のコースマップ
今回のコースマップを見る

このおでかけコースについてどう思いましたか?
アンケートにご協力ください。

投票する
この記事のガイド

合わせて読みたい!おすすめコンテンツ

ページトップへ

ランキング

    PAGE TOP
    PAGE TOP