川越観光コース 歴女におすすめ!川越史跡を巡る女子旅コース

女子旅 (150)
21581views
コースをメモする
川越観光コース 歴女におすすめ!川越史跡を巡る女子旅コース

「本川越駅」から「小江戸巡回バス」を駆使して、友達と川越史跡を巡ってきました! まずは「川越城中ノ門堀」で今も残るお堀の構造を見学し、埼玉県指定文化財「川越城本丸御殿」で平屋建ての城内を見物し歴史に触れた後、「川越城富士見櫓跡」へ参拝に。お腹が空いたので、話題の「COEDO TRADISH CURRY Jam 3281」で話題の焼きカレーに舌鼓。近くの「小江戸横丁」で川越スイーツの食べ歩きやお土産を物色し、最後は七福神巡りでも有名な「喜多院」を参拝、その中にある「仙波東照宮」の建物の朱色に魅了されて、本川越を後にするコースでした!

朝からスタート!

1
【10:00】「本川越駅」スタート!
【10:00】「本川越駅」スタート! 【10:00】「本川越駅」スタート!
本川越駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/hon-kawagoe/
本川越駅西口で友人と待ち合わせをしました。私は少し早く到着したので、駅前のカフェなどをぶらぶら。川越には初めて来ましたが、観光客でとても賑わっていてびっくり!

本川越駅東口のバスのりばから、小江戸巡回バスに乗ることができました!
バスは1時間に3本ほどなので、時間を確認してから乗ることをおすすめします。

「バス、かわいい!!絶対乗らなきゃ!!」
「ワクワクするね〜!」

レトロ感漂うバスが更に観光気分を盛り上げてくれます。
川越界隈は小径が多いので、普通のバスの大きさだと立ち寄れないところも。
地元に密着しているからこそ、このサイズ感なのですね。

2
【10:20】「川越城中ノ門堀」で川越城の防衛術に触れる
【10:20】「川越城中ノ門堀」で川越城の防衛術に触れる 【10:20】「川越城中ノ門堀」で川越城の防衛術に触れる
川越城中ノ門堀
http://www.kawagoe-yell.com/sightseeing/nakanomonhoriato/
まずは川越城の本丸に行く前に、その周囲を守る門や堀から散策します。
西大手門から敵が侵入した際の防衛策として、この「中ノ門堀」が造られたそうです。お堀はとても深く堅固に造られており、川越城の権力の偉大さを感じました。

お堀は当時の川越藩主 松平信綱によって作られたそうです。川越城を守るために、当時の最新の知恵が結集されたことを学びました。

堀の様子はこちら。深く掘られています。
「段ボールで滑ったら楽しそう…」と不謹慎な発言をしたくなるぐらいの急斜面。
すぐ隣に住宅が並び、今と昔の融合された風景は不思議な気持ちになりました。

3
【10:30】いざ「川越城本丸御殿」へ!!
【10:30】いざ「川越城本丸御殿」へ!! 【10:30】いざ「川越城本丸御殿」へ!!
川越城本丸御殿
http://museum.city.kawagoe.saitama.jp/hommaru/
いよいよ!本日のメイン、「川越城本丸御殿」へ!
平屋造りのため、天守閣はありませんが、その分城主が「住んでいた」感じがところどころに見られたのが印象的でした。段差も少なく、いろいろな世代で一緒に見学しても楽しめそうです。

本丸御殿の中を見学します。

「綺麗だね〜」
「美術館で作品を見ているみたい。」

江戸時代に17万石を誇ったという川越城。当時の繁栄ぶりを垣間見た気がしました。

「立派な甲冑…」
今では想像もできない戦乱の世を思わせる歴史の一部分。

「家老詰め所」では、当日様子が人形とともに展示されています。

「びっくりした!」
「リアルだね〜」

その当時が切り取られたようにその空間を表していていました。

4
【11:00】「川越城富士見櫓跡」の高台から川越の町を眺める
【11:00】「川越城富士見櫓跡」の高台から川越の町を眺める 【11:00】「川越城富士見櫓跡」の高台から川越の町を眺める
川越城富士見櫓跡
http://www.kawagoe-yell.com/sightseeing/hujimiyagura/
川越城本丸御殿から徒歩10分以内の距離にある「川越城富士見櫓跡」へ。
小高い丘から見える景色は、川越の街並みを伺うのに十分でした。
可愛らしいお宮があったので、ついでに参拝してきました。

本丸御殿から住宅地の方へ向かい、人気のない小径へ。
「こんなところにあるの…?」
「行き止まりなんじゃ…」
と不安と期待に駆られながら進みます。

小径を抜け現れたのが、石段。
「これだ…!」
わくわくしながら足早に上がります。

現れたのは、可愛らしいお宮さん、御嶽(おんたけ)神社と浅間神社です。
「わー!やっと着いた…!!」
「せっかくだから、お参りしよう…!」

高台になっている「川越城富士見櫓跡」には、川越城の中で最も高い櫓が建てられていたそうです。今は町の方面を眺めると木が生い茂っていましたが、当時城内に住んでいた人たちはどんな思いで景色を眺めていたんだろう・・・・・・と想像しながら束の間の時を過ごしました。

5
【11:30】「COEDO CURRY Jam 3281」で「半熟卵と挽き肉の焼きカレー」に舌鼓!
【11:30】「COEDO CURRY Jam 3281」で「半熟卵と挽き肉の焼きカレー」に舌鼓! 【11:30】「COEDO CURRY Jam 3281」で「半熟卵と挽き肉の焼きカレー」に舌鼓!
COEDO TRADISH CURRY jam3281
http://www.jam3281.com/coedo.html
ふじみ野にある有名なカレー屋さん「COEDO CURRY Jam 3281」が、川越にもオープン!
木のぬくもりを感じる店内が、かなり女子好みな空間を演出しています。
その中でいただく店主のこだわりカレー。中でも、「半熟卵と挽き肉の焼きカレー」(1300円 税抜)はおすすめしたい逸品です!

「か、かわいい…!」
「これがカレー屋さんなの!?」

雑貨屋さんのような雰囲気。
女子受け間違いなしです。

こだわりカレーの品々。

私は、人気メニューの「半熟卵と挽き肉の焼きカレー」をオーダー。
鉄鍋に入って提供されるので、ずっと熱々で美味しかったです。
友人は「牛肉の柔らか煮込みカレー」(1100円 税抜)をチョイス。こちらもお肉が柔らかくて、つい顔がゆるんでしまうお味でした。

入口ドアにはお店からのメッセージが。「素敵な想い」が、きゅんとします。

6
【12:30】「小江戸横丁」でお土産選び
【12:30】「小江戸横丁」でお土産選び 【12:30】「小江戸横丁」でお土産選び
小江戸横丁
http://www.kawagoe-yell.com/sightseeing/koedo-yokocho/
「蔵造りの町並み」にある「小江戸横丁」へお土産を見に行きました!
「蔵造りの町並み」は、瓦造りの建物が連なり、まさに小江戸感が伝わる目抜き通り。着物で巡る方々もいて、絵になる通りでした。
「小江戸横丁」にはお土産屋さんやご飯屋さんが混在していて、見ているだけでも楽しかったです!

入ったところで目に入った「芋太郎」(180円税抜/個)の文字。おいも好きとしては、見逃せません!!
「芋太郎」とは「焼きいもおにぎり」のこと。さつまいもの実の部分だけ練ったものを三角にしたもの!余分なものが入っていない、純粋なおいもです!ほくほくで美味しかったので、2人ともお土産に買って帰りました!

横丁内にある休憩所で美味しそうなうどん屋さん発見!
移動販売車に「いものこ」と名前が書いてあったので、「芋の粉」が入ってると思いきや、入っていないそう。障害者の方々が製造に携わっているそうです。
社会貢献度の高い、とてもおいしそうなうどん屋さんでした。
メニューは、厚切り豚肉が入っていたりととっても美味しそうでした…が、残念!目の前で売り切れてしまいました…。また来なきゃ…。

7
【13:00】施設内のほとんどが重要文化財「喜多院」を参拝
【13:00】施設内のほとんどが重要文化財「喜多院」を参拝 【13:00】施設内のほとんどが重要文化財「喜多院」を参拝
喜多院
http://www.kawagoe.com/kitain/
川越七福神めぐりのひとつ「大黒天」があることとしても有名な「喜多院」。こちらはなんと喜多院内のほとんどが重要文化財として指定されているほど歴史ある見どころたっぷりの寺院です。

まずは本堂を参拝します。五色幕がとても鮮やかで美しい印象です。
本堂を包む凛とした空気が心地よく、友人ともに心が洗われた気分になりました。

入口からの眺めです。
「広いねー!」
広々とした空間が印象的でした。

「つめたい…!でも、我慢…」
お清めの場所はこちら。

お参りを終えた後、恒例のお守りをチェック。
喜多院では、お守りの中身と袋の組み合わせがカスタマイズできるようです。
自分だけのお守りができるって素敵ですね。

8
【13:30】「喜多院」の中にある「仙波東照宮」を見学
【13:30】「喜多院」の中にある「仙波東照宮」を見学 【13:30】「喜多院」の中にある「仙波東照宮」を見学
仙波東照宮
http://www.kawagoe.com/kitain/history-culturalasset/cultural-asset/spot10.html
葵御紋が際立つ「仙波東照宮」の朱い門。徳川家康の法要のために建てられた立派な東照宮です。
朱い門・石の鳥居をくぐり、石段を上り切ると現れる朱一色の世界。
門の中には入れず、外から眺めるだけでしたが、荘厳な雰囲気を感じました。

入口はこちら。
喜多院の本院から10分ほど歩きます。

入口の門は、朱と緑と白のコントラストが綺麗でした。

門をくぐると、鳥居が待ち構えます。
その先には、段数石段が。

石段を上り切ると、門の先に朱く荘厳な宮が。
門は施錠され入れこそしませんでしたが、美しい装飾を見ることができました。

9
【14:15】「本川越駅」でゴール!
【14:15】「本川越駅」でゴール! 【14:15】「本川越駅」でゴール!
本川越駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/hon-kawagoe/
「川越城をいろんな視点から巡ることができて楽しかったね!」
「食べ歩きもできて、小江戸・川越の町並みも素敵だった〜」
「他にも、美術館や博物館もあるみたい。今度また来なきゃ…!!」
川越のいいところにたくさん触れられた女子2人の小旅行でした。

※このコースは2016年2月27日に行ってきました。

FINISH

FINISH

今回のコースマップ
今回のコースマップを見る

このおでかけコースについてどう思いましたか?
アンケートにご協力ください。

投票する
この記事のガイド

合わせて読みたい!おすすめコンテンツ

ページトップへ

ランキング

    PAGE TOP
    PAGE TOP