東村山観光でおすすめ 北山公園の大自然や国宝建造物などを巡る女子旅コース

女子旅 (153)
7316views
コースをメモする
東村山観光でおすすめ 北山公園の大自然や国宝建造物などを巡る女子旅コース

あの志村けんさんの出身地としても知られる東村山でおすすめの観光コースを紹介します。ご当地グルメとして話題の「黒焼そば」を食べ、太鼓橋が美しい「弁天池公園」をお散歩。次に自然豊かな「北山公園」を散策した後は、本格的な日本茶カフェ「茶かわせみ」でお茶の旨味を堪能、最後に国宝「正福寺」を鑑賞します。都心からわずか30分ほどで、里山に小旅行に来たような気分が味わえるコースです。

朝からスタート!

1
【11:30】「東村山駅」スタート!東村山が生んだスターゆかりの物を探そう!
【11:30】「東村山駅」スタート!東村山が生んだスターゆかりの物を探そう! 【11:30】「東村山駅」スタート!東村山が生んだスターゆかりの物を探そう!
東村山駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/higashi-murayama/
高田馬場駅から西武新宿線急行に乗り30分ほどで「東村山駅」に到着です。友達と話をしているうちにあっという間に着きました。

東口を出てすぐにある3本の大きなケヤキの木。こちらは志村けんさんの功績をたたえ1976年に植樹された木で「志村けんの木」と呼ばれています。

ご本人の直筆を刻印したプレートが設置されていました。

西口にある「和菓子処餅萬 西口本店」は先代が志村けんさんの同級生だったそうです。
落ち着いた雰囲気の店内に「だいじょうぶだァー饅頭」の他、「だっふんだァーどら焼き」などもありました。

2
【12:00】「ますも庵」でご当地グルメ「黒焼そば」に初挑戦!
【12:00】「ますも庵」でご当地グルメ「黒焼そば」に初挑戦! 【12:00】「ますも庵」でご当地グルメ「黒焼そば」に初挑戦!
ますも庵
東村山駅の東口を2分ほど歩いて「ますも庵」に到着。地元で人気の本格的なおそば屋さんで、「黒焼そば(850円 税込)」をいただきます。

「黒焼そば」は東村山市内の飲食店約100店舗で提供されている地元のご当地グルメです。

東村山にあるメーカーが作った黒ソースを使っている「黒焼そば」。黒ソースは、イカ墨と鹿児島県特産の黒酒が原材料で、そこに加えた旨味と香辛料の刺激がたっぷりのソースなのだとか。どんな味なのか期待が高まります。

来ました!本当に真っ黒!海苔の下の麺も真っ黒でした。
お味は普通の焼そばより濃厚で、風味豊かなソースがしっかり効いています。このソースとイカ・桜えびなどの魚介の具がよく合っていて、とても美味しくいただきました。

食後は女子同士でお口チェック。イカ墨パスタを食べた後のように口が黒くなっていないことに安心しました。

くせになる美味しさの「黒ソース」、帰りに立ち寄った東村山駅近くのスーパーで「東村山黒焼そばソース」を発見。これがあれば家庭でも「黒焼そば」を再現できますね!

3
【13:00】ユニークな佇まいの「弁天池公園」をお散歩
【13:00】ユニークな佇まいの「弁天池公園」をお散歩 【13:00】ユニークな佇まいの「弁天池公園」をお散歩
弁天池公園
http://park.publicmap.jp/spot/17081
黒焼そばでお腹がいっぱいになった私たち。いったん駅に戻り、西口へ向かいます。西口を出るとイラスト入りのとても分かりやすい観光案内図がありました。「弁天池公園」の場所を確認すると近いようなので、歩いて向かうことにしました。

歩いて5分で「弁天池公園」に到着です。全体を見渡せる程の大きさですが、真ん中に立派な鳥居や橋があり、他ではあまり見たことのない景色が広がる公園です。

手前の鳥居の先には太鼓橋があり、池の中央の弁天堂があります。この中に出世弁財天が鎮座しています。

目の前に立つとなかなか傾斜のある太鼓橋です。珍しい参道をドキドキしながら渡り、弁財天にしっかりお参りをしました。

4
【13:20】「北山公園」の自然を楽しみながら散策
【13:20】「北山公園」の自然を楽しみながら散策 【13:20】「北山公園」の自然を楽しみながら散策
北山公園
https://www.city.higashimurayama.tokyo.jp/tanoshimi/shizen/midori/kitayama.html
弁天池公園からさらに5分ほど歩くと、北山公園に着きました。新東京百景に選ばれている北山公園は、狭山丘陵を背景にした広い自然公園です。清々しい光景に思わず深呼吸。

公園の後ろを西武園行きの西武鉄道が走っています。この日は梅・ハクモクレン・ミズキ科のサンシュユが見頃を迎えていました。桜の時期も良さそうです。これからの季節も様々なお花見を楽しめそうです。

最も有名な花菖蒲は10万本植えられるとのこと。この広い敷地が花菖蒲で埋め尽くされる季節に、またぜひ訪れたいです。

公園を散策していると近くにいらした方が、「カワセミがいるよ」とそっと教えてくれました。ちょっと遠くからでしたが何とか写真を撮ることができました。
この後すぐに飛んで行ってしまいましたが、羽のブルーがとてもキレイでした。

5
【15:00】日本茶カフェ「茶かわせみ」でお茶タイム
【15:00】日本茶カフェ「茶かわせみ」でお茶タイム 【15:00】日本茶カフェ「茶かわせみ」でお茶タイム
茶かわせみ
http://www012.upp.so-net.ne.jp/cha-kawa/
カワセミとの思わぬ出会いに興奮しながら北山公園を後にした私たち。するとすぐそこに「茶かわせみ」という名のカフェを発見し、迷わず立ち寄ることにしました。

個人宅の一部を改装したお店ですが、カウンター席の他テーブル席もあります。窓からは先ほど散策した北山公園の自然を眺めることができる素敵なお店です。

本格的な日本茶と和スイーツ中心のメニューの中から、私は「国分寺茶(450円 税込)と桜あんみつ(500円 税込)」を注文しました。

お茶は、一煎目はお店の方が丁寧に淹れてくれて、二・三煎目はお湯を下さるので自分で急須に注ぎます。
東村山から近い国分寺がお茶の産地ということは知りませんでした。一煎目はしっかりと甘みがあり、二煎目以降も色も味も濃く、でもすっきりした味わいのお茶でした。

桜あんみつは季節限定メニューで、抹茶と桜の寒天、手作り餡と黒蜜アイスが入っていました。程よい甘さで日本茶との相性がとても良かったです。

音楽やお店のディスプレイはご主人が、茶器やお皿は器好きの奥様が選んでいらっしゃるとのこと。ご夫婦のこだわりが詰まった、とても居心地の良いお店でした。

6
【15:00】国宝に指定されている「金剛寺 正福寺」を鑑賞
【15:00】国宝に指定されている「金剛寺 正福寺」を鑑賞 【15:00】国宝に指定されている「金剛寺 正福寺」を鑑賞
正福寺
https://www.city.higashimurayama.tokyo.jp/tanoshimi/rekishi/furusato/bunkazai/fukikae.html
美味しいお茶を飲みながらのんびり過ごしお店を後にして歩いていると、まもなく「正福寺」の大きな屋根が見えてきました。この中にある正福寺地蔵堂は、国宝建造物に指定されているそうです。

山門をくぐりすぐに見えたこの建物が国宝「正福寺地蔵堂」です。
国宝なのに、拝観料などもなく、警備なども特に見当たらず・・・気軽に目にすることができちょっと驚きです。

唐様建築の「正福寺地蔵堂」、屋根の反りが見事で近くで見ると圧倒されます。残念ながら内部の見学は年3回ある一般公開日のみだそうです。

「正福寺地蔵堂」の近くには、小さな木彫りのお地蔵様が所狭しと置かれていました。毎年11月3日に行われている地蔵まつりで購入された方々の願いが込められた小地蔵様だそうです。

近隣の方が次々にお参りに見えていて、地元の方々にとっても大事なお寺なのだと感じました。

7
【15:20】「清水屋」でお土産にスイーツを購入
【15:20】「清水屋」でお土産にスイーツを購入 【15:20】「清水屋」でお土産にスイーツを購入
清水屋
https://www.facebook.com/%E6%B8%85%E6%B0%B4%E5%B1%8B%E6%9D%B1%E6%9D%91%E5%B1%B1%E9%8A%98%E8%8F%93%E3%81%AE%E5%BA%97-1620805998181288/
最後に地元で隠れた名店と評判の「清水屋」でおみやげを買います。
店内には東村山の銘菓が並んでいます。正福寺地蔵堂にちなんだ「千体地蔵最中」もありました。

私は「八国山ブルーベリー(290円税込)」と「東村山塩どら(170円税込)」をお土産に買いました。
東村山はブルーベリーの産地で、公園への散策途中にもブルーベリーの農家を見かけました。そんな産地のブルーベリーを使った「八国山ブルーベリー」は果肉がたっぷり入ったしっかりとした甘みのゼリーでした。

「東村山塩どら」はどら焼きの皮に桜の花の塩漬けの入った今の季節にぴったりなお菓子でした。
2015年に公開された映画「あん」は東村山が舞台の作品で、映画の中に出てくる塩どら焼きを参考に作ったのが清水屋の「東村山塩どら」なのだそうです。

8
【15:40】「東村山駅」に到着
【15:40】「東村山駅」に到着 【15:40】「東村山駅」に到着
東村山駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/higashi-murayama/
東村山駅にゴール。
静かで長閑な雰囲気な東村山ですが、黒焼そば・国分寺茶・ブルーベリーなど地元の産物を生かしたグルメに、豊かな自然公園や国宝建造物と見どころ満載でした。
「次回は花菖蒲を見に来たいね、その時には他のお店の黒焼そばにもチャレンジしたいね!」と、また東村山散策に来る計画をしながら帰りました。

※このコースは、2016年3月18日に行ってきました

FINISH

FINISH

今回のコースマップ
今回のコースマップを見る

このおでかけコースについてどう思いましたか?
アンケートにご協力ください。

投票する
この記事のガイド

合わせて読みたい!おすすめコンテンツ

ページトップへ

ランキング

    PAGE TOP
    PAGE TOP