美術館のようなモダンな銭湯「天然温泉 久松湯」で週末をのんびりと過ごす女子旅コース

女子旅 (151)
16908views
コースをメモする
美術館のようなモダンな銭湯「天然温泉 久松湯」で週末をのんびりと過ごす女子旅コース

春にぴったりな名前の駅、西武池袋線「桜台駅」で春を楽しむ女子旅コースを紹介します♪ まずは桜台駅から徒歩5分の「たびえもん」で友達と待ち合わせ。ランチをしながら、春の旅行プランの話題で盛り上がります。次に、美術館のようなモダンな銭湯「久松湯」で贅沢に昼風呂を楽しんで、桜の名所「千川通り桜並木」へ。ひとつ隣の「練馬駅」までのんびりお散歩するコースです。

昼からスタート!

1
【11:30】「桜台駅」到着
【11:30】「桜台駅」到着 【11:30】「桜台駅」到着
桜台
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/sakuradai/
桜の名所であるため、、この駅名がつけられたそうです。
大正天皇の即位記念に植えられた、千川上水堤の桜並木が駅周辺にあります。
さらに昭和天皇の誕生記念で、石神井川沿いに有志によって桜が植えられました。

待ち合わせのお店は千川通り沿いにあるので、南口へ出ます。

改札を出ると、駅構内にドラッグストア、ファミリーレストラン、ファストフード店があって便利そうです。

桜台駅の南口です。ホームのステンドグラスの模様がキラキラしています。

2
【12:00】「たびえもん」で春の旅行プランを練りながらランチ
【12:00】「たびえもん」で春の旅行プランを練りながらランチ 【12:00】「たびえもん」で春の旅行プランを練りながらランチ
たびえもん
http://tabiiku.org/
一見、食事やコーヒーが美味しそうな明るいカフェ。実は旅行会社と一緒になった「旅に行きたくなるカフェ」なんです!桜台駅から練馬駅方面に向かって、徒歩5分のところにあります。のぼりとポップな看板で、ひと目でわかります。

予定より早く来ていた友達が注文を済ませて、さっそく店内にある旅行ガイドブックを読んでいました。
「この本、お店のご主人が出した本なんだって」と教えてくれました。
入り口を入って左手の棚に、ガイドブックや旅行のエッセイコミック、ノウハウ本がずらり。

メニューの後ろに店長さんのカフェメニューへのこだわりや、代表の方の旅への情熱が綴られています。
代表の方は3人のお子さんがいらっしゃって、「旅育」を通じて子供の成長を伝える活動をされているそうです。

旨辛ナシゴレンが一番人気だそうで、サラダと焼き鳥(サテ)のセット(1040円・税込み)にしました!スパイスの効いた、みじん切りの玉葱がたっぷりのごはんに、トロトロの目玉焼き。付け合せのチリソースがぴりっとした辛さで、異国情緒あふれるおいしさでした。サテがジューシーで、ボリューム満点です。サラダのドレッシングはクリーミーで、野菜によくからんで美味しかったです。

「春の旅行、どこに行こうか?」
「スペインとか、ヨーロッパに行きたいけど、そんなに休みがとれないしね〜。」
「サイパンはどう?3時間ぐらいで行けたはずだよ。」
とランチをしながら、旅行の計画に花が咲きます。

「それならアジアもいいんじゃない?」
「あ。台湾行きたいかも!」
店内のラックにツアーのチラシもあるので、イメージが湧きやすく、時期によっての料金もひと目でわかります。

店内にはパンフレット以外にガイドブックが並んでいるので、パンフレットと合わせて見ることができるのでとても便利ですね。
「たびえもん」にいると、どこへでも行けそうな気分になり、友達とワクワクしてしまいます。

店内の一角にはオフィススペースが。
水色の「旅行業登録票」が掲げられていて、ここで直接旅行の相談や申し込みができます。
オリジナルの旅行プランや、こだわりの旅の相談ができるそうです。

通りに面した側には、靴を脱いで座れる座敷スペースがあります。
店内右奥にも座敷があり、くつろぐことができます。

3
【14:00】露天風呂、プロジェクションマッピングのお風呂もある「天然温泉 久松湯」でぽっかぽか
【14:00】露天風呂、プロジェクションマッピングのお風呂もある「天然温泉 久松湯」でぽっかぽか 【14:00】露天風呂、プロジェクションマッピングのお風呂もある「天然温泉 久松湯」でぽっかぽか
久松湯
http://hisamatsuyu.jp/
桜台駅方面に少し戻り、北口の方へ出ます。
「桜台駅北口」の信号がある広い道を進み、駅から徒歩5分の交差点で左手に「天然温泉 久松湯」が見えてきます。美術館のようなモダンな外観は、一見銭湯とは気づかないほどオシャレです。

一般的な銭湯や夕方や午後からの営業が多いのですが、こちらは朝11時から開いています。昼間なのに洗い場がほぼ満席になるぐらいのお客さんでした。
友達から「せっかくだからサウナにも入ろうよ。」と提案があり、入浴料金460円と、サウナ料金400円をカウンターで支払いました。据え置きのシャンプーやソープなどはないので、持参するかカウンターで購入します。
スーパー銭湯とは違ってバスタオルの貸出などもないので、やはり持参するといいと思います。
プロジェクションマッピングによる、浴室の壁への光の演出は日没後で、だいたい18時から19時からのスタートだそうです。

久松湯には自転車でいらっしゃる方が多く、地元の方に愛されているようです。
パンフレットによると「地域のコミュニティの場」づくりをコンセプトにされているとのこと。グッドデザイン賞を受賞した、建物の美しさが見どころで、天井のひし形の造形が和を感じさせます。日中は日差しが差し込みとっても明るく、夜は星が見られるように天窓になっています。

露天風呂は黄銅色をしていて、いかにも効果がありそう。効能が強いので、長湯はおすすめしない旨の注意書きがあるほど。体の各部分の痛みや、慢性消化器病、冷え性、疲労回復、などに効果があるようです。
炭酸風呂のまろやかなお湯の感触、電気風呂での「トントントン」と叩くようなマッサージ効果を満喫しました。入浴してみると、短時間の入浴でもポカポカになりました。

「今度は夜に来て、マッサージも受けたいね。」と話しながら、久松湯を後にしました。

4
【15:30】江古田から桜台にかけての「千川通り桜並木」の下見
【15:30】江古田から桜台にかけての「千川通り桜並木」の下見 【15:30】江古田から桜台にかけての「千川通り桜並木」の下見
桜の碑
http://nerima-kanko.blogspot.jp/2010/08/blog-post_4633.html
桜台駅のお隣「江古田駅」から、4駅先の「富士見台駅」まで、千川通りにはたくさんの桜の木が植えられています。この桜台駅近くの「桜の碑」は、昭和62年に「千川通りに桜を植える会」の有志の方々によって建立されました。
ここには江戸時代から親しまれていた「千川上水」が流れていたそうで、千川上水沿いに桜が植えられ、現在も桜の名所となっています。

桜の時期にはまだ早いので、桜台駅から一駅先の「練馬駅」まで、お花見の下見をしながら歩いてみたいと思いました。

空を覆う見事な枝ぶりで、満開の桜を思い浮かべると今から楽しみです。
この通り沿いに住んでいる方は、家に居ながらにして桜並木を眺めることができるかと思うと、なんとも羨ましいです。

千川通り沿いにはおしゃれなお店が多いように感じました。
こちらは雑貨店かなと思って窓から見てみると、美容室のようでした。

桜台駅周辺のお店には、ピンクを基調としたお店も目立ちます。
街がぱっと明るくなりますね。

こちらは千川通りではなく、北口の方なのですが、桜が舞う歯医者さんがありました。
土日診療をしているとのことで、会社勤めの方にとってはありがたいです。

ショーウィンドウのレンガと、木とガラスの扉がレトロな印象のリフォームショップです。中がよく見えると、お客さんが入りやすいですね。

こちらはベーグル屋さんです。
お花見の時期は、きっと大忙しのことと思います。
天然酵母や、北海道産の小麦を使っているそうで、14時からオープン。
売り切れ次第終了とのことです。

こちらもおしゃれな美容室です。

銀行が見えてきたり、どんどん町並みが賑やかになってきました。
練馬駅はもうすぐそこです。

5
【16:00】練馬駅到着
【16:00】練馬駅到着 【16:00】練馬駅到着
練馬駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/nerima/
楽しみながらお散歩をしていたら、あっという間に練馬駅に到着。
西武池袋線、西武有楽町線、豊島線が利用できる練馬駅。駅に近づくにつれて交通量が増えて活気ある印象です。

駅構内には飲食店、雑貨店など通勤通学や日常生活に便利なお店がそろっています。

「次に来た時は夕方ぐらいに来て、ご飯を食べた後に夜桜っていうのもよさそうじゃない?」
「締めにまた温泉に入ろうね。夕飯もどこで食べようか、迷っちゃう。」
「台湾か香港旅行、詳しく調べとくね。」
とやりとりして、それぞれ別の電車で帰宅しました。

FINISH

FINISH

今回のコースマップ
今回のコースマップを見る

このおでかけコースについてどう思いましたか?
アンケートにご協力ください。

投票する
この記事のガイド

合わせて読みたい!おすすめコンテンツ

ページトップへ

ランキング

    PAGE TOP
    PAGE TOP