秩父観光おすすめコース!芝桜だけじゃない羊山公園と秩父銘仙体験で旅の思い出を作る女子旅コース

女子旅 (154)
38677views
コースをメモする
秩父観光おすすめコース!芝桜だけじゃない羊山公園と秩父銘仙体験で旅の思い出を作る女子旅コース

秩父の春と言えば羊山公園の芝桜。ふわふわの花のじゅうたんは見所の一つですが、今回は芝桜が咲いていない時期でも楽しめる「羊山公園」とその周辺の観光スポットをご紹介します。「ちちぶ銘仙館」では秩父の織物文化を学び、オリジナルの藍染ハンカチ作りを体験!いちご狩りができる「おきうね農園」でヤギとふれあい、おいしい手打ちうどんと手作りジェラートを味わう、秩父を満喫する女子旅コースです。たくさん歩くコースなのでダイエットにもおすすめですよ〜♩

朝からスタート!

1
【10:00】横瀬駅からスタート
【10:00】横瀬駅からスタート 【10:00】横瀬駅からスタート
横瀬駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/yokoze/index.html
西武秩父線の横瀬駅からスタート!

池袋から特急レッドアロー号だと約75分、急行を利用して飯能乗り換えだと約120分です。
土日は長瀞行きの急行があるので、池袋から乗り換えなしで約90分ほどで行くことができます。飯能駅では、進行方向が変わるスイッチバックがあるのも西武秩父線で旅する見所のひとつです。

駅の隣には「横瀬町観光案内所」があり、各施設のパンフレットや横瀬町の観光マップを見ることができます。
スタッフの方が親切に場所を教えてくれました!秩父観光の頼れるスポットですね。

観光案内所の売店で秩父名物の味噌を使ったおせんべいを買って、食べながら行くことにしました。
これがとてもおいしくて、帰りにお土産として購入決定!

2
【10:30】芝桜だけじゃない!羊山公園を散策
【10:30】芝桜だけじゃない!羊山公園を散策 【10:30】芝桜だけじゃない!羊山公園を散策
羊山公園
http://navi.city.chichibu.lg.jp/p_flower/1955/
芝桜で有名な「羊山公園」ですが、見所は芝桜だけではありません!
広い公園内には美術館や遊具がある広場、動物がいる牧場などもあります。
今回は無料で楽しめるスポットを巡ってみました。

羊山公園横にある「姿の池」沿いには桜並木が続き、春は素敵な景色が見られそうです。
ここをもう少し進んで行くと、坂を上って「見晴らしの丘」になります。
横瀬の街を見渡せる場所で、お花見スポットとしてもおすすめです。

公園の中心辺りまで進んで行くと、赤い鳥居が見えてきました。急な階段をどんどん上っていきます。

上った先は「わんぱく広場」で、遊具などがある子どもに人気のスポットです。
親子連れが楽しそうに遊んでいる中に参戦です!

滑り台や木のアスレチック遊具などがあり大人でも楽しめます。
一番のおすすめはターザンロープ!結構スピードがでて、子どもに混じって大はしゃぎしました!親子で来ていたお父さんも楽しんでいました。

童心に帰れる、楽しいわんぱく広場でした。

たくさん遊んでちょっと疲れてきたので、ここで一度羊山公園を下りて街の方へ向かいます。

公園内を西武秩父線の線路が通っていて、なんだか不思議な感じです。広くてここが公園ということを忘れてしまいます。

「牧水の滝」からも街並みを見下ろすことができました。
ここの滝は、ずっと流れているのではなく数分おきに放水されるようで、写真を撮ろうとした瞬間に止まってしまって、あきらめて階段を下り始めると放水が始まるというまさかの事態に大笑いなスポットでした。

3
【11:30】「ちちぶ銘仙館」で藍染体験!
【11:30】「ちちぶ銘仙館」で藍染体験! 【11:30】「ちちぶ銘仙館」で藍染体験!
ちちぶ銘仙館
http://www.meisenkan.com/
「ちちぶ銘仙館」は秩父地方の織物や染物の歴史を知ることができる施設です。レトロな雰囲気の建物は国の登録有形文化財に登録されているそうです。

ここで旅の思い出に、オリジナルの藍染ハンカチ作りを体験してきました!

入館料は大人1人200円です。藍染体験の場所は施設内の一番奥で、暖房などがなく少しひんやりしています。
きれいな染め糸がたくさん吊るされていて、雰囲気満点です。
今回はハンカチの藍染体験1,300円(税込)をやってみました。

白いハンカチに輪ゴムや割り箸を結び付けていきます。
結んである部分が染めたときに白く残る部分になるのですが、きつく結ばないとちゃんと模様が出ないそうです。

一体どんな柄になるのか完成するまで想像がつきません。

ハンカチのたたみ方やゴムの結び方に性格が出ますね。とにかく角という角を輪ゴムで結んでみました!

この状態で染めていきます。

こちらの藍染に使用しているのは化学染料のインディゴだそうです。定期的に染料は交換されるようで「最近換えたばかりだから、きれいに染まるよ」と、いい時期に来れたようです!
ますます出来上がりが楽しみになりました。

さきほど縛ったハンカチを藍染液に浸けていきます。空気に触れさせることで色がつくそうで、中に入れては出してを15分~20分ほど繰り返します。

上げたときに染料が飛んで、服に付かないように注意しながら丁寧に染めます。

どんどんきれいな藍色になり、水洗いするとこんな感じに。とてもきれいに染まって大満足!

ここから輪ゴムを外していきます。ちゃんと模様は付いているのか、どんな模様に出会えるかドキドキの瞬間です。

私も友人もそれぞれに個性のあるいいハンカチが出来上がりました!模様もしっかり出ていて感動でした!

世界に1枚だけのオリジナルの藍染ハンカチの完成です。とても思い出に残るいい体験ができました。

藍染体験の後は、館内の施設を見学しました。
整経場は織物に使う糸を作る場所です。年季の入った機械ですが、今も現役だそうです。
普段見る機会のない織機を見たり、作品の展示があったり、じっくりと楽しむことができました。

秩父織物の展示直売所もあります。ストールや巾着などの商品から、端切れを利用したしおりやコースターなどちょっとした小物もありました。

直売所の奥のギャラリーでは羽織を着て写真を撮ることもできます。
秩父織物の歴史を知って、染物体験をして、記念写真を撮って、秩父観光の魅力を満喫できる施設でした!

4
【13:10】再び「羊山公園」へ。ふれあい牧場を見学
【13:10】再び「羊山公園」へ。ふれあい牧場を見学 【13:10】再び「羊山公園」へ。ふれあい牧場を見学
羊山公園(ふれあい牧場)
ちちぶ銘仙館を満喫した後は、再び羊山公園の中を通って次のスポットへ向かいます。

「ふれあい牧場」はベンチもあって、ピクニックによさそうな場所です。

牧場には羊がいます!モコモコの羊に癒されますね。顔の黒い羊と白い羊の2種類がいました。

戦前、この辺りには緬羊種畜場があったので羊山と呼ばれていたそうです。
今もちゃんと羊がいる羊山公園でした。

ふれあい牧場の近くには羊山公園でもっとも有名な「芝桜の丘」があります。
芝桜の場所も分かったので「花が咲く頃また来たいね」と話しながら公園を後にしました。

5
【13:30】手作りジェラートが人気の「おきうね農園」で手打ちうどんのランチ!
【13:30】手作りジェラートが人気の「おきうね農園」で手打ちうどんのランチ! 【13:30】手作りジェラートが人気の「おきうね農園」で手打ちうどんのランチ!
おきうね農園
http://www.k3.dion.ne.jp/~sgmb502/
手作りジェラートが有名な「おきうね農園」で遅めのランチタイムです。
横瀬の駅から離れていますが、車で来るお客さんが絶えず、人気が伺えました。
いちご農園ですが食堂があって、ランチ場所としてもおすすめです。

食堂だけ利用する予定でしたが、せっかくここまで来たならといちご狩りも体験。
1人1,500円(税込)で30分食べ放題です。※時期によって金額は変わるようです。詳しくはHPをご確認ください。

3種類のいちごを食べ比べしてみました。それぞれしっかり味の違いを感じることができて、新たないちごの魅力を発見した気分でした。
練乳ももらえますが、どのいちごも糖度が高く、練乳いらずでした。

さすがに30分は食べられず、15分ほどで終了しました。

おきうね農園にはヤギ小屋があり、動物とふれあえるのもポイントです。
いちご狩りの受付で野菜や果物の入った「ヤギのエサ」100円(税込)を購入。
口元がやわらかく、さわり心地がほわほわで可愛かったです。白ヤギが2頭、黒ヤギが1頭いました。

ようやく食堂へ入店。いちご狩りをしたので軽めにランチをすることにしました。

店内には靴を脱いで上がります。広い店内には長机が並んでいて、ガスコンロがセットされていました。
石焼バーベキューが楽しめるようです。「いちご狩りしなかったら食べたかった」とちょっと後悔。

たくあんとお茶が無料でいただけます。いちご狩りのあとはちょっとしょっぱいものが食べたくなるので、とてもうれしいサービスですね。

天ぷら付きの手打ちうどん700円(税込)を注文しました。
肉厚なしめじの天ぷらとかき揚げが付いた手打ちうどんは、モチモチした食感が絶妙でとてもおいしかったです。
いちご狩りをした後なのにしっかり食べきってしまいました。

店内では、農園で取れた果物を使ったジャムも売られていました。
いちごやみかん、ブルーベリーなどどれもおいしそうです。

少し休憩したら、最後に人気のジェラートをテイクアウトします。
種類がとても多くて迷ってしまいます。
どれもこの農園で取れたものを利用して作っているジェラートだそうです。
季節限定の味もあります。

おすすめを聞くと「他ではない味をぜひ食べてみて」とのことだったので、ダブル350円(税込)で、『いちじく』と『かぼちゃ』の2種類にしました。
友人は「まるごと」という言葉に惹かれ、いちご狩りをしたばかりなのに『まるごといちご』と『ブルーベリー』をチョイス。

人気なのも納得のおいしさです!特に、ブルーベリーとかぼちゃは絶品でした。
かぼちゃはまるでパンプキンタルトを口いっぱいに頬張ったような幸せを感じられます。

6
横瀬駅ゴール
横瀬駅ゴール 横瀬駅ゴール
横瀬駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/yokoze/
ジェラートを食べながらゆっくり歩いて横瀬駅に到着です。
徒歩で25分ほどでしたが、今日あったことなどを話しながら歩いていたらあっという間でした。

観光案内所でお土産におせんべい375円(税込)を購入して本日のおでかけ終了です。
芝桜が咲く頃にまたゆっくり遊びに来たいと思った、充実の横瀬女子旅になりました。
※このコースは、2016年2月21日に行ってきました。

FINISH

FINISH

今回のコースマップ
今回のコースマップを見る

このおでかけコースについてどう思いましたか?
アンケートにご協力ください。

投票する
この記事のガイド

合わせて読みたい!おすすめコンテンツ

ページトップへ

ランキング

    PAGE TOP
    PAGE TOP