話題のカフェ「まちのパーラー」でランチやユニークな公園を散策する親子おでかけコース

親子おでかけ (224)
23017views
コースをメモする
話題のカフェ「まちのパーラー」でランチやユニークな公園を散策する親子おでかけコース

練馬駅から西武有楽町線に揺られること約5分、小竹向原駅の閑静な住宅地にある、話題のカフェ「まちのパーラー」やユニークな公園を巡るお散歩コースを紹介します。まずは「菓子工房こたけ」でケーキをテイクアウトし、「まちのパーラー」で絶品パンのランチを楽しみます。その後、音楽をモチーフとしたオブジェがある「どれみふぁ緑地・そらしど緑地」で遊んでから、江古田方面に向かい、ベーカリーカフェ「ロクアーチェ」でコーヒータイム。最後は江古田駅にゴールするお出かけコースです。

昼からスタート!

1
【11:30】小竹向原駅をスタート
【11:30】小竹向原駅をスタート 【11:30】小竹向原駅をスタート
小竹向原駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/kotake-mukaihara/
練馬駅から西武有楽町線で約5分で到着する小竹向原駅からスタートします。
エレベーターが設置されているので、ベビーカーでもスムーズに移動ができます。また、駅構内には、多目的トイレがあり、おむつ替えをすることができ便利です。
2
【11:50】「菓子工房こたけ」でケーキをテイクアウト
【11:50】「菓子工房こたけ」でケーキをテイクアウト 【11:50】「菓子工房こたけ」でケーキをテイクアウト
菓子工房こたけ
「菓子工房こたけ」は、小竹向原駅から歩いて10分ほどの住宅街にあるケーキ屋さん。中でもシュークリームが人気で、街の人々に親しまれているお店です。

私たちが訪れた時は、ひなまつり向けのケーキもありました。かわいらしいケーキでひなまつりをお祝いできたら、子どもも喜びそうですね。

「シュークリーム」180円(税抜)を2つテイクアウトして、近くの公園でいただきます。やさしい甘さのカスタードクリームがたっぷり入ったシュークリームに、子どもも大喜びです。

公園でおやつを食べた後は、かわいいネコのすべり台で遊んでから次の目的地に向かいます。

3
【13:00】行列ができる話題のカフェ「まちのパーラー」でランチを楽しむ
【13:00】行列ができる話題のカフェ「まちのパーラー」でランチを楽しむ 【13:00】行列ができる話題のカフェ「まちのパーラー」でランチを楽しむ
まちのパーラー
「まちのパーラー」は、絶品のパンやサンドイッチが有名なカフェ。開放的な明るい店内には、美味しい料理を求めて、遠方からも人々が集まります。メディアにもたびたび登場する人気のお店です。

「まちのパーラー」は、「まちの保育園」に併設されています。この保育園は、コミュニティとのつながりを大切にしており、保育園と地域の人々をつなげる役割として「まちのパーラー」がオープンしたという経緯があるそうです。

待ち合いスペースの黒板に書かれた「まちのパーラーにきてね」の文字を見ると、温かい気持ちになります。

待ち合いスペースには、子ども向けの絵本や積木があり、遊びながら順番を待つことができます。子連れのママにはうれしいですね。
混雑をしている日には長く待つことがあるようですが、訪問日は運が良く、待っていたのは1組のみで、10分程度で店内に案内していただけました。

4種類のスライスパン・ミニサラダ・バターが付いた「パン盛りセット(ドリンク付)」780円(税込)をオーダーし、ドリンクは、「アイスカフェオレ」にしました。4種類のパンには、「くるみといちじくのコンプレ」や「ごまパン」などが入っており、どれもかむほどに味わい深い絶品のパンでした!

日差しが差し込む明るい店内は、ナチュラルな木のインテリアでまとめられており、落ち着いた雰囲気です。

昼間はカフェですが、18時以降はお料理とアルコールを楽しめる大人の雰囲気になるようです。

店内には、普通のトイレと多目的トイレがあり、おむつ替えシートが完備されていました。子連れママにはうれしいですね。

おやつ用に、ビスコッティ3個入り150円(税込)をテイクアウト。食べ応えのある硬さのビスケットに、ナッツがたっぷりと入っており、くせになりそうな美味しさでした。

4
【14:10】「どれみふぁ緑地」と「そらしど緑地」で遊ぶ
【14:10】「どれみふぁ緑地」と「そらしど緑地」で遊ぶ 【14:10】「どれみふぁ緑地」と「そらしど緑地」で遊ぶ
どれみふぁ緑地
小竹向原から江古田界隈には武蔵野音楽大学があり、音楽にちなんだ名前の「どれみふぁ緑地」と「そらしど緑地」というユニークな名前の公園があります。これらの公園で子どもと一緒にひと遊びします。

「どれみふぁ緑地」は、トランペットのオブジェがユニークな公園です。子どもは、珍しいオブジェに興味津々。

「そらしど緑地」に移動します。楽譜をイメージした時計が目を引きます。ベンチやテーブルがあり、お茶をする人の姿もありました。

公園内には、ゆり科の「はなにら」がきれいに咲いていました。「ピンクのお花咲いている!」と子どもも嬉しそう。一足早い春を感じることができました。

5
【14:30】ロクアーチェでコーヒータイム
【14:30】ロクアーチェでコーヒータイム 【14:30】ロクアーチェでコーヒータイム
ロクアーチェ
江古田方面まで歩き、北口方面に行くと、かわいらしいお店を発見。ロクアーチェ(LOQUACE)は、かわいらしい木の看板が目印の地元で人気ベーカリーカフェ。おいしいパンが求めやすい価格で購入できるので、朝食用のパンを買いに、ちょっとコーヒータイムに、普段使いに立ち寄りたいお店です。

店内で販売されているパンを、外のショーケースから確認することができます。

食パン・惣菜パン・菓子パンなど、たくさんのパンがそろっています。イートイン用に「ブルーベリーベーグル」150円、朝食用に「食パン」216円と「スライスバケット」200円(すべて税込)を購入しました。

イートインスペースは、カウンターとテーブル席がありました。子ども椅子もあり、子どもと一緒にパンを楽しむができます。

店内でベーグルとカフェオレでひとやすみ。
今回は、パンを500円以上購入するとワンドリンクがサービスの期間中で、カフェオレは無料でした。うれしいサービスです!

6
【15:00】江古田駅にゴール
【15:00】江古田駅にゴール 【15:00】江古田駅にゴール
江古田駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/ekoda/
ロクアーチェから歩いて数分の、西武池袋線・江古田駅から帰ります。

江古田駅では、かわいい電車に遭遇して子どもも大喜び!

「菓子工房こたけ」のおいしいシュークリームを食べ、「まちのパーラー」で絶品のパンを食べ、公園遊びをし、「ロクアーチェ」でコーヒータイム。親子で小竹向原から江古田界隈を楽しんだお出かけでした。
※このコースは、2016年2月21日に行ってきました。

FINISH

FINISH

今回のコースマップ
今回のコースマップを見る

このおでかけコースについてどう思いましたか?
アンケートにご協力ください。

投票する
この記事のガイド

合わせて読みたい!おすすめコンテンツ

ページトップへ

ランキング

    PAGE TOP
    PAGE TOP