東京七福神めぐり!親子で運気アップできる中野おでかけコース

親子おでかけ (213)
3909views
コースをメモする
東京七福神めぐり!親子で運気アップできる中野おでかけコース

西武新宿線「沼袋駅」から徒歩2分ほどのところにある「沼袋氷川神社」には、様々な願いを叶えるとされる「中野七福神」が祀られています。他にも「子育て狛犬」や「三本願い松」などがあり、様々なご利益があるありがたい神社です。子どもと境内をゆっくり参拝をして、老舗のそば屋「朝日庵」でお昼をいただきます。最後に沼袋の名物スイーツを「アビニヨン」で買って帰ります。全て駅から徒歩3分圏内の駅近お手軽コースです。

朝からスタート!

1
【10:30】「沼袋駅」から出発!
【10:30】「沼袋駅」から出発! 【10:30】「沼袋駅」から出発!
沼袋駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/numabukuro/
「沼袋駅」は、「西武新宿駅」からは12分ほど。上り下り共に所沢方面よりの車両に乗っておくと、出口に近いです。

ホームはフラットで、スロープで改札までつながっているので、エレベーターなどに乗る必要がなく便利です。オムツ替え台のある多目的トイレもすぐ目の前にあります。

2
【10:40】「沼袋氷川神社」にお参り
【10:40】「沼袋氷川神社」にお参り 【10:40】「沼袋氷川神社」にお参り
沼袋氷川神社
http://hikawa-n.or.jp/
「沼袋氷川神社」は、650年以上の歴史があると言われています。御祭神は、災難除け・学問の神様で、須佐之男命(すさのおのみこと)。子孫繁栄の神様でもあり、安産祈願や七五三の参拝でも賑わう神社です。子育て中のファミリーには、ぜひ行っておきたい神社の一つ。年の始めに子どもとお散歩をしながらお参りすれば、一年間元気に過ごせそうです(*^-^*)
ということで、境内をのんびり巡ってみました!

まずは参拝前に手を清めます。
冬の水は冷たいけれど、神社の凛とした空気に気持ちが引き締まります。

鳥居をくぐって、すぐ左手奥にあるのが、「中野七福神」。七福神は、幸運・福運・金運・長寿などの「福」を授けて下さる7つの神様ですが、中野区内で七福神の礼拝ができる唯一の場所が沼袋氷川神社の境内にあります。一度に七福神を参拝できるとは、ありがたいですね!

息子もよじ登るようにして、神様にご挨拶しておりました。
「中野七福神」は、中野区内はもとより、遠方からも多くの方が足を運び、厚い信仰を集めているということです。

子犬を抱いている「子育て狛犬」です。江戸時代(1864年)に作られたという歴史ある像。三回撫でるとお産が軽くなると伝えられています。
戌の日には、多くの参拝者が訪れるそうで、この日はちょうど小さな赤ちゃんを連れて、初宮詣りにいらしている家族の姿もありました。

私たちが訪れた時には、本殿前に大祓神事の茅の輪がありました。

こども守と出産を控えた家族に安産御守をいただきました。(共に600円をお納めしました)

こちらは大きな「三本願い松」、樹齢およそ500年、神社の御神木です。
昔から「悪しきことはスギ去れ、願い叶うをマツ」といい、松の木に幸せを願うと叶うと信じられてきたそうです。

幸せを呼ぶ「三本願い松」に親子で触れて、健やかな成長を願いました。

3
【11:40】老舗の蕎麦屋「朝日庵」でランチ
【11:40】老舗の蕎麦屋「朝日庵」でランチ 【11:40】老舗の蕎麦屋「朝日庵」でランチ
朝日庵
http://soba-tokyo.com/
沼袋でのランチには、創業大正13年の正統派蕎麦屋「朝日庵」へ。
住宅街の一角に店を構え、佇まいは素朴なお店ですが、つゆへのこだわりがすごい。新井薬師の湧水、国産石臼引きの蕎麦粉を使った手打ちそば、枕崎産の鰹節、三河の本みりんと醤油で作るつゆ…と材料の一つひとつを選び抜き、作られているそうです。

子連れなので、座敷席に座らせてもらいました。
11:40開店ですが、12時過ぎには常連のお客さんでいっぱいになりました。
早めの来店をおすすめします。

メニューはいろいろあって迷ったけれど、店内の張り紙でおすすめされていた、「かきあげそば」(1350円税込)にしました。旬の生桜えびを使ったかきあげは、外サクサク、中フワっと揚がっていて、絶品でした(^O^)
シンプルで良ければ、かけそば(650円税込)などもあります。

子ども用の器・スプーン・フォークも貸していただけます。
息子もこのおいしさが分かるのか、指についたおつゆをしゃぶってまで、満足そうに食べてました。
※火曜日定休

4
【12:40】「アビニヨン」で名物スイーツを購入
【12:40】「アビニヨン」で名物スイーツを購入 【12:40】「アビニヨン」で名物スイーツを購入
アビニヨン洋菓子店
http://www.avignon-cake.com/
沼袋で、もう一つ訪ねたかったのが「アビニヨン」。沼袋の名物「沼チョコ」など、小さな店内にたくさんの洋菓子が並びます。その数、なんと生ケーキ30種類、焼き菓子が50種類。甘いもの好きにはたまらない( *´艸`)
自宅にお土産を買って帰ります。

沼袋で40年営業している、地元の人にはおなじみのお店「アビニヨン」。入ると思わず、「うわー!」と声が出てしまう美しいケーキ&お菓子のラインナップです。全て店内で手作りしているというからすごい。

お店のお姉さんに「お子さんは卵アレルギーはありませんか?」と聞かれ、「ないです」と答えると、メレンゲのお菓子をくれました。嬉しい♪

子どもたちが喜ぶだろうかわいい絵柄のクッキーも豊富!
(焼き菓子の賞味期限はだいたい2週間ほどでした)

幼稚園に行っているお兄ちゃんへのおみやげはこのクッキー「アンパンマンと仲間たち」に決めた(^◇^)!(470円税別)

そして、ありました!これが、中野の逸品グランプリ2009最優秀逸品賞受賞の「沼チョコ」(180円税別) その昔、一帯が沼地だったという沼袋の風景を再現したユニークなお菓子です。チョコレート生地にアーモンドクリームと二層のチョコレートではさみこみ、アクセントにくるみもサンドされています。

こちらも人気という「王様ポテト」(マフィン型のスイートポテト 200円税別)も一緒に買って帰ることに。
旦那さんと一緒に夜のお茶タイムにいただきました。フワフワほくほく甘くって、至福のひとときでした。

5
【13:00】「沼袋駅」に戻り、終了!
【13:00】「沼袋駅」に戻り、終了! 【13:00】「沼袋駅」に戻り、終了!
沼袋駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/numabukuro/
「アビニヨン」のある小道を抜けると、駅はすぐそこです。長男が幼稚園に行っている間に、次男と楽しい沼袋散策でした。他にも駅周辺の商店街には、のぞいてみたくなるようなお店もいろいろありましたよ。ぜひ、お子さんと沼袋でぶらり途中下車してみて下さいね。
※このコースは、2015年12月14日に行ってきました。

FINISH

FINISH

今回のコースマップ
今回のコースマップを見る

このおでかけコースについてどう思いましたか?
アンケートにご協力ください。

投票する
この記事のガイド

合わせて読みたい!おすすめコンテンツ

ページトップへ

ランキング

    PAGE TOP
    PAGE TOP