名物の小平糧うどんと古き良き日本を体験できる小平のんびり散策デート

デート (157)
5462views
コースをメモする
名物の小平糧うどんと古き良き日本を体験できる小平のんびり散策デート

小平ふるさと村を中心に散策とグルメを楽しめるデートコースをご紹介します。小平駅からスタートし、水と緑の散歩道「小平グリーンロード」から竹林が美しい「たけのこ公園」で深呼吸!「小平ふるさと村」で古き良き日本を体験しながら、ランチは「関根屋」で名物の小平糧うどんを食べます!そして食欲の秋ということで「だんごの美好」と「カフェラグラス」でスイーツを堪能するという散策デートです。小平で日常とは違う時間の流れを感じましょう♪

朝からスタート!

1
【10:30】小平駅からスタート!
【10:30】小平駅からスタート! 【10:30】小平駅からスタート!
小平駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/kodaira/
小平駅は国分寺駅から20分くらいで到着しました。1回の乗り換えもスムーズでとっても近く感じました。

南口を降りるとすぐに目に留まったのが、グリーンロードのマップ。季節感も伝わるかわいいマップに和みます。

2
【10:35】「小平グリーンロード」で季節の植物を鑑賞しながらお散歩
【10:35】「小平グリーンロード」で季節の植物を鑑賞しながらお散歩 【10:35】「小平グリーンロード」で季節の植物を鑑賞しながらお散歩
小平グリーンロード
http://kodairagreenroad.com
小平グリーンロードは、水と緑の散歩道の名の通り、用水路、池、季節の花木が楽しめる道です。地元の方が通勤通学に使ったり、犬の散歩、季節の植物を見て散策するグループ、いろんな人とすれ違います。

こちらはあじさい公園内の池。こういった公園がたくさん存在します。四季が全部楽しめそうなグリーンロード。歩いているだけで心が安らいで「またあじさいの時期に来てみたいね」なんて、会話も自然と弾みます。

用水路もあります。ひっそりとしていて、都内とは思えない風情があちこちに発見できます。

田園風景も楽しめます。立ち止まって眺めていると、「立派なお芋の葉っぱだねぇ」なんて近所のおばあちゃんが話しかけてくれたり、その横には朝採れ野菜が売っていたり…。こんな街に住むのもいいな~なんて思っちゃいました。

3
【11:00】「たけのこ公園」で深呼吸
【11:00】「たけのこ公園」で深呼吸 【11:00】「たけのこ公園」で深呼吸
たけのこ公園
小平駅からグリーンロードをしばらく歩いていると、左手に少し開けた「たけのこ公園」がありました。広い公園はきれいに清掃されていて、とても気持ちよい空間です。お散歩の小休止にちょうどよいので、公園でのんびりしました。

名前の通り、竹がずらーっと生えていて、その間を散歩することもできます。

ちょうど良い小屋で一休み。ここから竹林を眺めていると、後ろの線路を黄色い西武線が通る様子が見えるのが、とても可愛いらしかったです。

子供用の遊具もありました。家族みんながのびのび過ごせる公園だなぁと思いました。

4
【11:15】「小平ふるさと村」で、古き良き日本にタイムスリップ!
【11:15】「小平ふるさと村」で、古き良き日本にタイムスリップ! 【11:15】「小平ふるさと村」で、古き良き日本にタイムスリップ!
小平市役所 小平ふるさと村
http://kodaira-furusatomura.jp
小平ふるさと村では、江戸時代や明治時代の古い建造物が無料で見学できます。入り口には、小平のシンボル赤いポストと旧小平小川郵便局舎があり、一気に明治時代にタイムスリップした気分になります。

ふるさと村の中にも季節の植物がたくさんあり、季節ごとに色んな表情が楽しめそうです。
柿の木とススキが秋を演出してくれました。

江戸時代の民家の中に入ると農具、調理道具なども展示してあり、当時の生活を肌で感じることができます。
板の間の上を歩くと、木の歴史をじんわりと感じます。

水車は、まだ現役で動いています。
水車が運ぶ水の音が心地よく響いていて、何とも穏やかな時間。

懐かしい!昔あそびコーナーを発見!お手玉遊びを楽しみました。近所のお年寄りたちが、近くの縁側に座って談話をしていたのが印象的で、ほっこりしました。

こちらは管理棟。ここで小平の特産品を購入することができます。ブルーベリーを使ったお菓子がたくさんありました。ん〜そろそろ、お腹も空く頃。

5
【12:30】「関根屋」で名物の小平糧うどんを食す
【12:30】「関根屋」で名物の小平糧うどんを食す 【12:30】「関根屋」で名物の小平糧うどんを食す
関根屋
昼食は名物「小平糧うどん」有名な「関根屋」へ。小平糧うどんとは、冷たい盛うどんを温かいつゆで食べるスタイルの小平の郷土料理だそうです。
関根屋は、店構えからして老舗感が漂っていて、期待ができそう。

ちょうどお昼時ということで、私たちが入店した時には地元のお客さんで賑わっていましたが、その後すぐにその日の麺が終わったようでした。ギリギリセーフ!なんとか注文できて良かったー!
店内は和の佇まい。

わずか1分くらい?注文したと思ったらあっと言う間に出てきました!
天玉うどん(中)550円(税抜)
お店の方にオススメされるがままに、私はこちらを注文。男性には物足りないかも?ということで、彼は大盛りを頼んでいました。

初めて食べる小平のうどんは、ツルっとしていて喉ごしが良いのに歯ごたえがあっておいしい♪お店の方オススメの生卵と、しっかり味のつけつゆがナイスマッチングで、ぺろりと食べてしまいました。

セルフサービスでお団子があったのですが、そちらはタッチの差で売り切れ。くやしい!
お団子は、別のお店で堪能することにします。
地元の方たちは持ち帰りのうどん玉120円(税抜)を買っていました。お家の近くで、打ち立てのうどんが買えるなんてうらやましい!

6
【13:15】食後の甘味パート1は、地元民に愛される「だんごの美好」で!
【13:15】食後の甘味パート1は、地元民に愛される「だんごの美好」で! 【13:15】食後の甘味パート1は、地元民に愛される「だんごの美好」で!
だんごの美好小平店
お昼を食べたら食後のデザート♪ということで、まずは「関根屋」で食べられなかったお団子を地元の人気店「だんごの美好」で食します。小平駅からすぐ近くにあってとっても便利。
店頭販売オンリーですが、地元の人たちがひっきりなしに買って行ってお客が途絶えません。

お店に入ると、お団子だけでなく、おこわ、お弁当、おかき、太巻きなどなど。お米でできた美味しいそうなものがたくさん並んでいて、目移りしちゃいます。

やっぱり私はお団子!どれにしようかな〜
種類が豊富な上にどれも安くて迷っちゃいます。彼に「ふたつだけにしておけ」と釘をさされたので、2本だけ購入。
みたらしだんご 50円(税込)
ごまだれだんご 70円(税込)
安すぎてビックリです!

歩いてすぐのグリーンロードまで戻り、ベンチでお団子を食べます。
大好きなみたらしだんごと、前の人が買っていて気になったごまだれだんご。
どちらも、うん。美味〜♪日本人で良かった!
みたらしだんごが、ひとつ欠けているのは、私が買ったそばから我慢ができずにひとくち食べてしまったからです。お許しを〜!

7
【13:30】甘味パート2は、オープンガーデンの「カフェラグラス」で美味しい森のコーヒーを!
【13:30】甘味パート2は、オープンガーデンの「カフェラグラス」で美味しい森のコーヒーを! 【13:30】甘味パート2は、オープンガーデンの「カフェラグラス」で美味しい森のコーヒーを!
ラグラス
http://www.cafelaguras.jp
和の甘味の後は、欲張って洋風のスイーツも堪能しちゃいます。グリーンロードにある「カフェラグラス」は、オープンガーデンのお店。お庭を一目見るだけでも可愛いのですが、せっかくなのでログハウス風のカフェからガーデンを眺めて美味しいコーヒーと共にゆっくりとした時間を過ごすのがオススメです。

グリーンロードを小平駅から歩いて3分くらいのところに、ふと現れるこの看板。
「オーガニック森のコーヒー」「自家製ケーキ ランチ」
気になる!絵画展のお知らせもあったりして、きっとここお店の中には外とは違う時間の流れがあるんだろうな、と想像力をかきたてられながらお店の中へ。

緑のアーチをくぐると、そこはすぐにカフェのテラス席。ここでグリーンロードやお庭を眺めながらのコーヒーもきっと素敵ですね♪
季節ごとにきっと色んな花が咲くんだろうな。

店内は、こじんまりとしているのに、心やすらぎます。木のぬくもりなのか、窓の外に見える緑のおかげなのか。本当に森の中に来たような気分になります。

店内には、手作りのケーキがショーウィンドウに並んでいて、私はたまらず季節のシフォンケーキ(生クリーム添え)460円(税込)を注文しました。ふわっふわなのに、甘過ぎなくて、まさに幸せなお味です♪
彼は、森のコーヒー(オーガニック)480円(税込)をすすりながら、食欲の秋に走る私を黙って見ていました。

8
【15:00】小平駅に到着!
【15:00】小平駅に到着! 【15:00】小平駅に到着!
小平駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/kodaira/
小平駅に戻ってきました!静かなグリーンロードを散歩しながら緑に癒され、ふるさと村でタイムスリップした後に美味しいものもたくさん食べられ、まさに文化と食欲の秋を楽しんだもりだくさんのデートになりました。

FINISH

FINISH

今回のコースマップ
今回のコースマップを見る

このおでかけコースについてどう思いましたか?
アンケートにご協力ください。

投票する
この記事のガイド

合わせて読みたい!おすすめコンテンツ

ページトップへ

ランキング

    PAGE TOP
    PAGE TOP