西武沿線体験図鑑

new

釣ったその場で食べられる!フィッシング体験をしてみたい!

https://grutto-plus.com/experience/137/ 釣ったその場で食べられる!フィッシング体験をしてみたい! | GRUTTO PLUS [ぐるっとプラス]

もうすぐ冬休みが到来。寒いとつい室内にこもりがちですが、この季節だからこそ遊べるアウトドア施設が西武沿線にあるんです。

やってきたのは、「西武園ゆうえんち」内にある「フィッシングランド」。広い敷地の遊園地は西武山口線「遊園地西」駅または「西武遊園地」駅2つの駅からアクセスできます。ベビーカーなどをお持ちの方にはバリアフリーになっている「遊園地西」駅の利用がおすすめです。 

 

遊園地内の広々としたプールは夏場の名物ですが、水に入れない10~5月の期間は「フィッシングランド」として営業中。平日は朝7時から夕方16時まで、土日祝日は夜20時まで営業しています。釣り掘として2003年にオープンして以来、近隣の釣り人たちに好評で、平日でも朝から多くの人が釣りを楽しんでいます。


「フィッシングランド」では釣り道具の貸し出しを行なっており、手ぶらでも行けるので、遊園地を楽しんだ後にふらりとやってきてもOK。釣り初心者も気軽に楽しめるスポットです。
今回フィッシングを体験してくれるのは「地球ワクワク探検隊」として日々アクティブに活動中のネイチャー☆小笠原さんと旅人まりーしゃさん。アウトドア好きのお二人ですが、釣りはほとんど未経験。

早速入口で釣り竿を借り、釣った魚を入れるバケツとエサになるコーンを受け取ります。


「釣り竿長い!でも思ったより軽いね」(小笠原さん)
「エサが虫やミミズじゃなくてよかった(笑)」(まりーしゃさん)
と二人も一安心。

釣り堀として使用されているのは、1周500メートルの流れるプール。現在はニジマスやイワナ、ヤマメなど8種類の魚が放流されています。スタッフの井上さんによると、常連の釣り人たちの多くはルアー釣りでキャッチ&リリースを楽しんでいるそう。「ルアーよりもエサ釣りの方がよく釣れるので、初めて釣りをする親子連れやカップルで来られる場合はエサ釣りを選ばれる方が多いですね。釣れやすい時間帯は、朝一番や夕方です」。


立ち位置を決めたらエサをつけた竿をプールに投げ込み、釣りスタート!


二人は観覧車がよく見える位置を選びました。遊園地らしいこんな景色も「フィッシングランド」ならでは。
そして釣り始めて1分も経たないうちに小笠原さんの竿に変化が……


「えっ!引いてる!もう!?」(小笠原さん)


魚が逃げないように慌てず竿を引き上げると、立派なニジマスが釣れました。
「すごい!!速い!!」(小笠原さん)
「実は一昨日放流したばかりなんです」と井上さん。魚の放流は週に1度行なわれており、スケジュールは公式サイトにも掲載されているので、放流のタイミングをチェックしてから訪れるのも良いかもしれません。


魚にかかった針も自分で外します。やり方が分からない場合はスタッフさんが教えてくれるので、初心者でも安心。


そうこうしている間にまりーしゃさんも1匹ゲット!


勢いよく飛び跳ねるニジマス。おそるおそる針を外します。


この後も順調にヒットし、二人で合計6匹のニジマスを釣り上げました。


釣った魚は持ち帰ることも可能ですが、せっかくなら新鮮なうちに食べたいところ。ここでは入口の「魚さばき場」に釣った魚を持っていくと、スタッフさんがその場でさばいてくれるんです。


小刀を使って手際よく内臓を取り除き、粗塩を豪快に振りかけて下準備が完成!


プール横の炭火焼きコーナーを使い、自分たちで魚を焼くことができます。
「表面に焦げ目がつくくらいまで焼いてから裏返すと、しっかり中まで焼けますよ」(井上さん)
「並べてみると大きいね」(小笠原さん)

「いい匂いがしてきた!」(まりーしゃさん)
「天気の良い日にアウトドアクッキングって楽しいね!」(小笠原さん)
自宅でのバーベキューや魚の調理は下ごしらえや洗い物が大変ですが、ここなら調理後の片づけも不要。この気軽さもうれしいポイントです。焼き上がったら醤油をかけていただきます。

「すごくおいしい!!」(まりーしゃさん)
「フレッシュだね!自分で釣った魚を食べられるっていいね」(小笠原さん)
と、味にも大満足のお二人。

寒い季節もアウトドアを満喫できる「フィッシングランド」。この冬初めての釣り体験をしてみてはいかがでしょうか?

フィッシング体験の様子はこちらの動画もチェック

 

店舗名 西武園ゆうえんちフィッシングランド
住所 埼玉県所沢市大字山口2964
URL https://www.seibu-leisure.co.jp/guide/fishing/index.html

一覧ページに戻る
facebook facebook

合わせて読みたい!おすすめコンテンツ

ページトップへ

ランキング

    PAGE TOP