西武沿線体験図鑑

new

日本文化に触れる、親子で和菓子づくりを体験したい!

https://grutto-plus.com/experience/135/ 日本文化に触れる、親子で和菓子づくりを体験したい! | GRUTTO PLUS [ぐるっとプラス]

精緻な細工をほどこした、色鮮やかな美しい和菓子。「熟練の職人にしか作れない」と思っていませんか?
職人の手ほどきを受けながら和菓子づくりを体験できる場所があると聞いて、やって来たのは、西武新宿線「本川越駅」から歩いて約10分、観光客でにぎわう川越一番街に店を構える和菓子屋「kashichi(カシチ)」です。

kashichiは、創業以来230余年にわたり川越で和菓子をつくり続ける「亀屋」の新しいブランド店舗として、2019年3月にオープン。その店舗の2階で、和菓子づくり体験を開催しています。

教えてくれるのは、亀屋の和菓子職人、浅見さん。体験するのは、小学1年のはじめくんとパパの佐藤さん親子です。

作る和菓子は月替わりで、2人が今回挑戦するのは、「山茶花」と「唐錦」の2種類の練り切りです。

「和菓子にもいろいろな種類があって、練り切りというのは、白あんがベースのしっとりとした練り切りあんに、色をつけて、さまざまな形をつくる和菓子のことです。練り切りは四季折々の装いに仕立てることが多く、山茶花は冬の到来を告げる花。唐錦は、紅葉に染まりゆく秋の山をあらわしています」と先生。

机には、すでに色づけをした、色とりどりのあん玉が用意されています。

最初に「山茶花」をつくります。山茶花に使う白、ピンク、黄色のあんをトレイに取り分けながら「食べたーい!」とはじめくん。

まずは生地作り。ピンクのあんを手にとり、手の平でコロコロと丸めてから平らにします。ここに白いあんを貼り合わせて、ピンクと白のグラデーションにする「ぼかし」を入れます。

「ピンクの生地に白いあんをのせて、手の平で押して、平らにつぶしましょう」(先生)

はじめくんの方を見たパパは「つぶしすぎやん(笑)!」と思わずつっこみ。
「ちょっと平べったいけど、大丈夫ですよ!」と、先生が整えてくれました。

続いて、生地にあんを包む「包あん(ほうあん)」です。ここはちょっと、難しいところ。
「ピンクと白の生地に、黄色のあんをのせて左手に持ち、時計回りに回しながら、右手で生地を少しずつ上に持ち上げていきます。包めたら、今度は反対に回しながら生地をすぼめて、あんを閉じこめましょう」(先生)

パパとはじめくんは先生のお見本を見ながら、一生懸命に手を動かします。

「次は茶巾を使って、山茶花の形にしていきますよ」(先生)
生地を茶巾に包み、茶巾の上から生地の白いところを探し当て、そこに人差し指をくっと押しこみながら、茶巾をひねります。

茶巾を開くと、可憐な姿があらわれました。

ここから、仕上げの工程。細かな細工をしていきます。まずは、生地に「三角べら」を押し当てて筋を入れ、花びらにします。さらに、ふるいに黄色いあんを入れ、指で押し出して「しべ」をつくり、生地のくぼみにふんわりとのせます。

すると、ここでも「なめてもいい?」と、はじめくんの味見タイム。

次は、山茶花の葉。緑のあんを、片方をとがらせるように丸め、軽くつぶして葉の形にし、しべの横に添えます。最後に、三角ベラで葉脈をスッとつけたら、山茶花のできあがり!「あれ、はじめの山茶花のほうが、きれいだなぁ」とパパ。

お次は「唐錦」。緑、白、黄色の3つのねりきりあんを合わせた生地に、こしあんを包み、茶巾絞りで仕上げます。

ポイントは包あん。
「こしあんは茶色いので、透けると色が濁ってしまいます。透けないように、生地でしっかりと包みましょうね」と先生。

あんをきれいに包んだら、仕上げの茶巾絞りです。「てるてる坊主みたい!」とはしゃぐはじめくんと、「意外と難しい…」と奮闘するパパ。

茶巾を広げたら、紅葉に染まる唐錦のできあがり!「しわくちゃだぁ!」とはじめくん。

作った和菓子はその場でいただくことも、お持ち帰りもできます。2人はせっかくなので、出来立てをいただくことに。「あまーい、おいしーい!」いつもは和菓子を食べないというはじめくん、ペロリと完食!

「練り切りは基本的には白あんなので、味はみんな同じなんですよ。でも色や形が違うと、味まで変わる気がしますよね。それが和菓子のおもしろさ」と先生。

「今までは和菓子屋さんに行っても、買うのは大福やお団子ばかり。練り切りみたいな和菓子は目にも入らなかったけれど、今回つくって食べてみたら、ぐんと身近になりました。今度わが家でお客さんが来るときは、おもてなしに季節の練り切りを用意したいです」(パパ)

若い方たちにも和菓子に親しんでほしい。そんな想いで、kashichiでは和菓子づくり体験を始めたそうです。

「一度、自分でつくってみると、和菓子の見方が変わりますでしょ。これを機にぜひ、いろいろなお店の和菓子を食べてみてください。たとえば亀屋の和菓子は甘みが強めなんですが、和菓子屋さんによって、あんや生地の配合がちがうので、いろんな味があります。色々食べ比べて、お気に入りのお店、好きな和菓子を見つけると、楽しみが広がりますよ」と先生。

kasihichiの和菓子づくり体験は、土日祝日に開催。未就学児の小さいお子さんも、親子で参加できます。みなさんもぜひ、伝統が息づく川越で和菓子づくりを体験し、和菓子の楽しみを再発見してみてください!

親子で和菓子づくり体験の様子はこちらから

 

 

 

 

 

 

 

店舗名 Kashichi
住所 埼玉県川越市幸町1-13
URL https://www.koedo-kameya.com/

※体験の開催や予約については、049-228-3320までお問合せ下さい。

埼玉県川越市幸町1-13

一覧ページに戻る
facebook facebook

合わせて読みたい!おすすめコンテンツ

ページトップへ

ランキング

    PAGE TOP