西武沿線体験図鑑

new

子どもの夢を叶える♪ケーキ屋さんでパティシエ体験をしたい!

https://grutto-plus.com/experience/133/ 子どもの夢を叶える♪ケーキ屋さんでパティシエ体験をしたい! | GRUTTO PLUS [ぐるっとプラス]

お誕生日や結婚記念日…家族の特別な日を、手作りのケーキでお祝いしませんか?
今回は「将来はお笑い芸人になる!」というコウタロウくん(10歳)と「パティシエになるのが夢」のアイちゃん(7歳)、元気いっぱいの兄妹が、プロのパティシエに教わりながらデコレーションケーキを作るパティシエ体験に挑戦します!

体験できるのは、狭山市にあるケーキ屋さん「パティシエ・ハル・ヨコヤマ」のアトリエ。西武新宿線「狭山市駅」から、徒歩約10分のところにあります。横山シェフに迎えられて中に入ると「甘いにおいがする!」と2人。

ケーキ作りの前に、エプロンをつけて、手洗いをしましょう。横山シェフが、手をすみずみまできれいにする洗い方を教えてくれます。手がピカピカになったら、準備OK!

「2人は、ケーキを作ったことあるかな?」(横山シェフ)
「なーい!」(2人)
「よーし、じゃあ、がんばって作ろうね!今日は家族にプレゼントするケーキを作りましょう。もうすぐ、誰かのお誕生日はある?」(横山シェフ)

ちょうど、10月はコウタロウ君のお誕生日月ということで、コウタロウ君のお誕生日ケーキを作ることに。作るのは、4号サイズのデコレーションケーキ。3枚にスライスしたスポンジケーキが、すでに用意してあります。

「まず、パレットナイフの持ち方から教えるね。ナイフの曲がっているところを、親指と人差し指で持って…」(横山シェフ)
ケーキ作りが始まると、2人は急に真剣な顔つきに。

パレットナイフの使い方を覚えたら、次は、スポンジにシロップをしみこませる「アンビバージュ」をします。
「スポンジの色が変わるまで、しみこませてね。真ん中の方だけでなく、周りもまんべんなく…そうそう!」(横山シェフ)

これでスポンジに風味がついて、しっとりしました。次は生クリームの泡立てです。
「こんな風に、クリームがツンとなるまで泡立てるよ。…もう少しかな…うん、2人とも完璧!」(横山シェフ)

今度は、泡立てた生クリームをスポンジに塗る作業。1枚目のスポンジに、こぶし1つ分くらいの生クリームをのせたら、「こんな風に、パレットナイフを手前に、奥に動かして、塗り広げていくよ」(横山シェフ)

スポンジが生クリームですっかり隠れたら、クリームの上にイチゴを隙間なくのせていきます。その上に、さらに生クリーム、スポンジを重ねます。「下のスポンジとずれないように、気をつけてね。のせたら、上からトントンと軽くたたいて、生クリームとなじませよう」(横山シェフ)

2枚目のスポンジも、さっきと同じようにシロップをしみこませて、生クリームを伸ばし、イチゴをのせ…と繰り返します。スポンジ3枚目になると、2人はもう慣れたもの。

ここからは、ケーキの横側にもクリームを塗っていきます。

「パレットナイフを真っすぐに立てて、もう片方の手で回転台を回しながら…」(横山シェフ)
両手を使うのでちょっと難しいけれど、2人は自分の力で塗り上げようとがんばります。

これで、ケーキ全体が生クリームで覆われました。表面の凸凹をきれいにならしたら、土台の完成です。

今度はいよいよ、ケーキのデコレーション。
「絞り出し袋に生クリームを入れて、ニューッと『の』の字に絞るよ」
横山シェフのお手本に、2人の目はくぎ付けです。

2人もトレイの上に絞る練習をして、いざ本番!

2人ともたくさん絞って、ケーキのてっぺんが生クリームの飾りでいっぱいになりました!
「うまくできた!」「お花みたーい!」

横山シェフが、イチゴやブルーベリー、銀色のアラザン、食用バラを出して「好きなように、好きなだけのせていいよ」と言うと、2人は「やったー!」「イチゴをパンパンにのせる!」と大はりきり!われ先にと手を伸ばします。

ケーキをフルーツで埋めつくしたら、最後の仕上げ。ハートのチョコレートに、転写シートでメッセージを書いて、ケーキにのせます。

作り始めてから約1時間。アイちゃんからお兄ちゃんへ「お誕生日おめでとう」のバースデーケーキと、お兄ちゃんからアイちゃんに「ありがとう」のケーキができあがりました!

出来栄えは?と聞くと、2人は「100点!」と即答。「帰ったら、パパとママと一緒にみんなで食べる!」とアイちゃん。今夜は2人が作ったケーキを家族で囲んで、コウタロウ君のお誕生日の前祝いとなりそうです。

横山シェフは、子どもが親のために誕生日ケーキを作って、パパ、ママに喜んでもらえたら…そんな思いから、パティシエ体験教室を始めたそう。

「ママと子どもがパパのために、お孫さんがおじいちゃんやおばあちゃんのために、ケーキを作りに来られることもあります。お菓子作り初心者さんや忙しい方も、家族や大切な誰かのために気軽にケーキを作ることができる。そんな場として、ぜひご利用くださいね」と横山シェフ。

家でケーキを作ろうとすると、道具や材料をそろえたり、片付けが面倒だったりと大変ですが、ここなら、準備も片付けも不要。プロに教わりながら、1時間で立派なデコレーションケーキを仕上げ、持ち帰ることができます。

参加は5歳から大人までOK、親子や大人だけの参加も大歓迎だそう。ぜひ、体験してみてください!

夢中になってケーキをつくる様子はこちらから

 

 

 

 

 

 

店舗名 パティシエ・ハル・ヨコヤマ  
住所 埼玉県狭山市富士見1-1-5-102
URL http://hal-yokoyama.com/

※パティシエ体験は、店舗から徒歩5分のアトリエで行います。
※繁忙期の12月は、パティシエ体験はお休みとなります。

埼玉県狭山市富士見1-1-5

 

一覧ページに戻る
facebook facebook

合わせて読みたい!おすすめコンテンツ

ページトップへ

ランキング

    PAGE TOP