西武沿線体験図鑑

new

親子でサンドアートを体験してみたい!

https://grutto-plus.com/experience/124/ 親子でサンドアートを体験してみたい! | GRUTTO PLUS [ぐるっとプラス]

冬が去って陽ざしが明るくなり、心も軽やかになる季節。インテリアにも、手づくりアイテムで新しい季節を取り入れてみませんか?今回は、小島さんとあおのちゃん(5歳)、とものちゃん(3歳)の親子が、春夏のインテリアにぴったりな「サンドアート」を体験します!

サンドアートとは、グラスやガラスの瓶に、色のついた砂を積み重ねて模様を作るアート。色の組み合わせ次第で、表現は無限大です。
教えてくれるのは、サンドアートインストラクターで「海とハワイが大好き!」な吉澤先生。

先生は、2人のかわいい生徒さんに「スプーンを持てたら、小さいお子さんも自分で作ることができますよ。一緒に楽しみましょうね!」とにっこり。さっそく、体験スタートです。
大人は大きなグラス、子どもは小さなグラスで作ります。まずは、砂の色を選ぶところから。使うのは、砂に着色をしたカラーサンドです。
「たとえば、ピンクの砂を入れるとかわいい雰囲気になるし、ビーチ感を出すならブルーというように、サンドアートは選ぶ色によって印象が大きく変わるんですよ」(先生)

今回使うのは4色。
「どの色がいいかな?」先生に訊かれて、あおのちゃん、とものちゃんは好きな色を選んでいきます。

「うーん、私はどうしようかな…」と迷う小島さんに、「サンドアートって、あれこれ考えても、実際に色を重ねてみないとわからないものなんですよ。それに、どの色を選んでも、絶対にかわいくなるから大丈夫!」と先生。ほっとした小島さん、南の海をイメージして、明るいブルー系を選びました。

次はいよいよ、グラスに砂を重ねていく工程です。色を重ねる順番や砂の配分、砂の入れ方によって、模様が作られていきます。ポイントは、砂が混ざらないように、スプーンで砂をいじったり、グラスを振ったりしないこと。
「それさえ気をつければ、あとは、砂をこぼしちゃっても何でもOK。自由にやってみましょう!」(先生)。
「がんばれ、がんばれ!」先生とお母さんに見守られながら、あおのちゃんも、とものちゃんも、スプーンで砂を上手にすくっては、グラスに入れていきます。

「砂は平らにならさないで、波打っているほうが表情が生まれますよ。砂の量も、色によって多かったり少なかったりするほうが、横から見たときに太い線と細い線ができて、面白味があります」(先生)
小島さんも、グラスに砂をサラサラ…。「お母さんも上手!」先生にほめられて、小島さんも嬉しそう。

水色や黄色の砂が層になって、グラスの中に、陽に輝く海の波のような模様ができました。「わぁ、きれい…」(小島さん)。

グラスの7分目くらいまで砂を入れたら、その上に好きな飾りをトッピングしていきます。

貝殻やお花、ヤシの木、乗り物、ペンギンにフラミンゴ――。親子3人、思い思いに飾りを選び、砂の上に並べていきます。

「ちょっとシンプルすぎるかな?」(小島さん)
「貝殻を並べると、楽しい雰囲気になりますよ」(先生)

とものちゃんも、あおのちゃんも、お花の位置を直したり、飾りを取り換えたり、自分で考えながら飾りつけていきます。

飾りつけが終われば、サンドアートのできあがり!
「うわー、2人とも素敵にできたね!きれいだね」(小島さん)。ママに褒められて、とものちゃんも、あおのちゃんも得意顔。

「私は普段、子どもが何か作るのを手伝うばかりで、自分が作ることはほとんどないんです。今日、子どもたちと一緒に作ってみて、私はすぐ考えこんじゃうのに、子どもたちは迷わずパッと作っちゃうのがすごいなと(笑)。砂をサラサラと入れるのも気持ち良くて、心まで癒されるひと時でした」(小島さん)

サンドアートは、ジェルを流し込んでキャンドルとしても楽しめます。キラキラと輝くサンドアートはとてもきれいで、インテリアや贈り物にはもちろん、いざというときは防災グッズとしても役立つそう。

「サンドアートの魅力は、どんな色を組み合わせても、どんな風に砂を積み重ねても失敗はなくて、すべてアートになること。色や飾り次第で、ハロウィンやクリスマスのサンドアートも楽しめるし、洗面所やリビングにポンと置くだけで、海や季節を感じることができます。ぜひ、暮らしに取り入れてみてくださいね」(先生)

今回、サンドアートを体験した場所は、西武新宿線「花小金井」駅から徒歩1分の「HANA cafe style(ハナカフェスタイル)」。吉澤先生によるサンドアート教室は、こちらのカフェをはじめ、東京都小平市花小金井を中心に開催しています。ベビーカーやお子さま連れも大歓迎だそう。親子で参加してみてくださいね。

夢中になってサンドアートをつくる様子はこちらから!

 

 

 

 

 

 

 

 

教室名 Hokulani one(ホクラニ オネ)
Instagram https://www.instagram.com/hokulani_one_ayumi/

※体験をご希望の方は直接教室へお問い合わせください。

店舗名 HANA cafe style(ハナカフェスタイル)
住所 東京都小平市花小金井南町1-18
URL https://tabelog.com/tokyo/A1328/A132804/13215689/
東京都小平市花小金井南町1-18

一覧ページに戻る
facebook facebook

合わせて読みたい!おすすめコンテンツ

ページトップへ

ランキング

    PAGE TOP