西武沿線体験図鑑

new

聖夜を彩るクリスマスキャンドルを作りたい!

https://grutto-plus.com/experience/116/ 聖夜を彩るクリスマスキャンドルを作りたい! | GRUTTO PLUS [ぐるっとプラス]

クリスマスが待ち遠しい12月。今回は、カフェの美味しいランチ&スイーツが付いたキャンドル教室「Kivi candle@Air’s Café」で、クリスマスキャンドル作りを体験します!
体験するのは、都内在住の沼倉さん。「クリスマスキャンドルといえば、子どもの頃に通っていたのがキリスト教系の幼稚園で、12月になると、毎週1本ずつキャンドルを飾った楽しい思い出があるんです。その頃を思い出して、今日は楽しみに来ました」。
やって来たのは、西武池袋線「小手指駅」から徒歩5分のカフェ、「Air’s Café」です。

教えてくれるのは、キャンドル工房「Kivi candle」主宰の森本先生。初めての方もリピーターの方も仲良くテーブルを囲んで、和やかな雰囲気で教室が始まりました。

今回は、数種類のワックス(ロウ)を使って、「シナモンキャンドル」と「ホワイトツリー」の2種類を作ります。自宅でも作れるようにと、先生がレシピを配ってくれました。

最初に作るのは、シナモンキャンドル。方眼紙を立方体に組み立てて、キャンドル型を作るところから始めます。「方眼紙をハサミで切るなんて、子どものとき以来かも」と、沼倉さんは笑顔でチョキチョキ。

型ができたら、中にシナモンを並べます。「シナモンは、太いの細いの、模様もいろんなのがあります。仕上がりをイメージしながら選んでみてくださいね」(先生)

並べるときは、シナモンの底になる方に、ロウの一種で柔らかい粘土のような「マイクロワックス」を糊の代わりにつけて固定します。

型の四辺に隙間なくシナモンを並べたら、座金(芯を固定する台座)をはめた芯を真ん中に置き、ソイワックスチップを型の半分くらいまで入れ、芯を割り箸で挟んで固定します。

さらに、シナモン精油でほのかに香りづけしたブレンドワックスを流し入れたら、型ごと水に浮かべて、冷やし固めます。

キャンドル作りをしている間、キッチンでは、マスターがみなさんのランチを仕込み中。料理はキャンドル教室のためのスペシャルメニューで、数種類から選べる自家製スイーツも大人気なんだそう。早くも「今日のスイーツは何にしようかな」と悩み出す生徒さんも。

シナモンキャンドルを固めている間に、今度はホワイトツリーを作ります。
まず、赤や青や黄色のカラーワックスをハサミで細かくカットして、トレーに散らします。色も量も、お好みで。「きれーい」「宝石みたい!」あちこちで声があがります。
ここへ、溶かした無色のブレンドワックスをさーっと流し込みます。

表面に膜が張ってきたら、割り箸で表面を軽くかき混ぜます。ほわほわっと、雪のような質感に。

ここからが重要。ワックスが固まるタイミングを見計らって、星型で抜きます。「ワックスが緩くても、固くなり過ぎてもきれいに抜けないので、タイミング勝負ですよ」と先生。
表面を手で触れるくらいになれば、頃合い。先生が「もう大丈夫」「まだちょっと熱いかな」と確認して回ります。

先生のOKが出たら、すぐに型取りです。大・中・小・ミニサイズの星型を組み合わせて、ワックスに押しつけます。それぞれの星の真ん中に、芯を通す穴を竹串で空けたら、トレーごと水に沈めて一気に冷やし固めます。

ワックスがしっかりと固まったら、割らないように気をつけながら、パキパキと音を立てて星を外していきます。

次は、ツリーの組み立て。ロウに浸して蝋引きをした芯に、大きな星から順に通していきます。

星を全部通したら、ツリーごと、溶かしたロウにちゃぷんと浸してコーティングします。

この頃には、シナモンキャンドルも固まっています。型を剥がしてキャンドルを取り出し、シナモンからはみ出たロウを竹串で取り除きます。

雪の中に、赤やピンクの煌めきがほのかに透けるホワイトツリー。
温かな香りを放つ、シナモンキャンドル。
2つのクリスマスキャンドルのできあがりです!
飾るだけでもきれいで、聖夜に灯したら、どんなに素敵でしょう。

「作り出したら夢中で、おしゃべりも楽しく、あっという間でした。クリスマスに向けて準備をするのは、大人になってもワクワクするものですね(笑)。キャンドルはまずは飾って、クリスマスにケーキをいただきながら、子どもと一緒に灯したいです」(沼倉さん)

沼倉さんはこの後も、みなさんとランチを囲んで楽しいひと時を過ごしました。

「Kivi candle@Air’s Café」は、飾って楽しめる季節のキャンドルをテーマに、毎月2~3回、平日と日曜に開催。リピーターの方も多く、キャンドルのレシピは毎回変えているそう。

森本先生は「毎日の暮らしにキャンドルがあれば楽しみが増えるし、家族や季節のイベントも華やぎます。お料理をするように、子どもと一緒に自宅のキッチンでキャンドル作りも楽しいですよ。初めての方もぜひ、気軽に体験していただければ」とメッセージを下さいました。
今回は大人向けでしたが、親子で参加できる教室もあるそうです。Kivi candleのホームページをチェックして、参加してみてくださいね。

クリスマスキャンドル作りの様子はこちらから

 

 

 

 

 

 

 

教室名 Kivi candle@Air’s Café
住所 埼玉県所沢市小手指町1-27-16
URL http://kivicandle.com/

一覧ページに戻る
facebook facebook

合わせて読みたい!おすすめコンテンツ

ページトップへ

ランキング

    PAGE TOP