西武沿線体験図鑑

new

親子でウォータージャンプを体験してみたい!

https://grutto-plus.com/experience/108/ 親子でウォータージャンプを体験してみたい! | GRUTTO PLUS [ぐるっとプラス]

連日の猛暑にぐったり…「いっそのこと水にジャポーン!と飛び込んじゃいたい!」。そんな叫びも聞こえてきそうな真夏にぴったりな水のアクティビティ、「ウォータージャンプ」を体験してきました!

やってきたのは、「西武園駅」から徒歩5分のところにある「西武園ゆうえんちWater Jump S-air」です。

ウォータージャンプは、スキーやスノーボードの板をつけて、樹脂製ブラシを敷き詰めた斜面を滑走し、ジャンプ台を飛んでプールに着水するというもの。もともとはスキーのエアリアル競技やスノーボードのワンメイクジャンプなどの練習用に設けられたもので、水面に着地するためリスクが低く、ライフジャケットなどの安全装備も装着して行うので、ジャンプが初めての人や、水泳が苦手な人も気軽に楽しむことができます。

今回体験するのは、横山さん親子。パパも、小学校6年生のあきとくんも「スポーツは得意。ウォータージャンプは初めてだけど楽しみ!」と、早くやってみたくてうずうずしている様子。受付をすませたら、さっそく準備をします。

ウォータージャンプに必要な安全装備「ヘルメット・ウェットスーツ・ライフジャケット・手袋」や、スキー、スノーボードの板はその場でレンタルできます。持ち物はタオル、水着、ハイソックスがあればOK。

安全装備を装着して、スキー靴とスキー板も選んだら、準備完了です。

最初に、安全講習を受けます。滑走やジャンプの基本、滑るときのルールをレクチャーしてもらえます。まずは、装備をつけた状態で泳ぐ練習から。

「手はクロールでも平泳ぎでもいいですよ。ひざを曲げて、できるだけスキー板を水面から出すようにすると、前に進みます」とスタッフさん。

最初は違和感があるものの、しばらく泳ぎ回るうちに「もう慣れたね」と2人。
次は、練習台で滑走とジャンプの練習です。

スキー経験がある2人に「基本的に、滑り方は山スキーと同じです。リラックスしてひざを軽く落とし、視線は前へ。ジャンプするときは、体を気持ち上へあげる感じで飛んでみてください」とスタッフさん。

スキー板をつけてさっそくトライします。
教えられたことを意識しながらアプローチを滑走して、ファーストジャンプ! 

「いいですね!今度はもう少しひざを落としてみましょう」とスタッフさん。
慣れてきたら、いよいよジャンプ台デビューです。板を持って、スタート地点までハイクアップ。エスカレーターも利用できます。

ジャンプ台は初心者用からビッグエア用まで9種類あり、上級になるほどアプローチが長く、ジャンプ台が高くなります。2人は初心者用からスタート。
スタート地点に着いたら、板を装着。息をととのえて、スタート!

鳥のようにジャンプ! 

「ちょっと怖かったけど、気持ちいい!」笑顔で水から上がってきました。

2人のジャンプを見ていたスタッフの北本さんが「体が後ろに倒れないように」「ジャンプの時は力まず、滑ってきたままの勢いで、そのまま抜けていったほうがよく飛びますよ」とアドバイスしてくれます。
今度は、もうワンランク上のジャンプ台を飛んでみることに。
アドバイスを意識しながら、スタート地点に立ちます。さあ、高く飛べるでしょうか?

今までで一番高いジャンプです!

距離も伸びて、足からきれいに着水できました。

この後、さらに高いジャンプ台にも挑戦し、2人はウォータージャンプを満喫。最後に、ウォータースライダーの滑走感とジャンプの浮遊感を同時に楽しめるという「ウォータージャポン」にもチャレンジすることに。

お尻の下にマットを敷いて、スタート地点にスタンバイ。
スタッフの方に「基本、なすがままに滑って、飛んでください(笑)」と見送られ、滑走!ウォータースライダーのフィニッシュが上向きになっているので、空高く飛び出します。空をくるくると舞って…

水にジャポーン!
大きな水しぶきが上がりました。

「ウォータージャンプもウォータージャポンも、最初だけ怖かったけど、すぐに慣れました。あとはもう飛ぶのが気持ち良くて、何度でもジャンプしたくなっちゃいます」(あきとくん)
「親子そろってスポーツ好きなので、休日、息子と遊ぶのにもってこいですね!」(パパ)
と、2人そろって爽やかな笑顔で今日の感想を語ってくれました。

「スキーやスノボができなくても、ウォータージャポンならどなたでも気軽に楽しめます。ぜひ、お友だちやご家族と一緒に、夏のレジャーに遊びにいらしてくださいね」とスタッフの北本さん。

「西武園ゆうえんちWater Jump S-air」の営業は10月末まで。9月末まではナイター営業もしているので、日差しを避けて楽しむのも良さそうですね。
プールサイドには屋根付きのウッドデッキもあるので、ママは日陰のベンチから、子どもたちが遊ぶのを見守ることもできますよ。
ちょっと変わった水遊びで、暑さを吹き飛ばしてみてはいかがでしょうか?

華麗なジャンプの様子はこちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

施設名 西武園ゆうえんちWater Jump S-air
住所 埼玉県所沢市山口2964 西武園ゆうえんち内Water Jump S-air
URL http://waterjump.biz/s-air/

一覧ページに戻る
facebook facebook

合わせて読みたい!おすすめコンテンツ

ページトップへ

ランキング

    PAGE TOP