西武沿線体験図鑑

new

夏休み特別編!潮田玲子さんがサンドアートづくりを体験!

https://grutto-plus.com/experience/107/ 夏休み特別編!潮田玲子さんがサンドアートづくりを体験! | GRUTTO PLUS [ぐるっとプラス]

今回は、夏休み特別編として、元バトミントン選手の潮田玲子さんと、潮田さんの甥・そうまくんが、夏をテーマに「サンドアート」づくりを体験してきました!

サンドアートとは、グラスやガラスの瓶に色をつけた砂を何層も重ねて、模様をつくるアートです。砂の色の組み合わせ次第で、表現は無限大。インテリアや贈り物にもおすすめです。

教えてくれるのはHokulani one(ホクラニ オネ)を主催する「海とハワイが大好き!」な吉澤先生。東京都小平市の花小金井を拠点に、サンドアートなどの教室を開催しています。

ではさっそく、作っていきましょう。
大人は大きなグラス、子どもは小さなグラスで、1つずつ作ります。「スプーンを持つことができれば、小さいお子さんも自分で作ることができますよ」と先生。

まずは、砂の色を選びます。使うのは、本物の砂に着色をしたカラーサンドです。
「サンドアートは色選びがポイント。色によって印象が大きく変わるんです」と吉澤先生。

今回使うのは4色。そうまくんは、ブルー系と、ビビッドな黄色やパープルを選びました。

潮田さんは「そうまが選んでいない色にしよう。うーん、どれにしようかな…」と思案顔。

そんな潮田さんに「サンドアートって、実際に砂を重ねてみないとわからないし、どんな色を選んでも失敗はないんです。だから難しく考えなくて大丈夫ですよ」と吉澤先生。

「失敗はない」という先生の言葉に、ほっとした潮田さん。爽やかなブルー系を選びました。

次はいよいよ、グラスに砂を入れていきます。ここは、砂を入れる順番や、色の配分などによって模様がつくられていく、大切な工程。コツは、砂が混ざらないように、スプーンで砂をいじったり、グラスを振ったりしないことなんだそう。

そうまくんは先生に見守られながら、スプーンを上手に使って、自分のグラスに砂を入れていきます。

潮田さんも、色の順番を考えながら自分のグラスに砂を入れていきます。

「砂は平らにならさなくて大丈夫。表面が波打っているほうが、表情が出ますよ」(先生)
「あ!砂、入れすぎちゃったかな」(潮田さん)
「砂の量も一定でなくていいんですよ。色によって多かったり少なかったりと変化があるほうが、横から見たときに太い線、細い線ができて面白味があります」(先生)

グラスを回しながら、青や白、エメラルドグリーンの砂をサラサラと落としていくと…

「うわー、きれい!」
まるで海の波のような模様ができていました。

グラスの7分目くらいまで砂を重ね入れたら、この上に好きな飾りをトッピングしていきます。

本物の貝殻や、サーフボードにヤシの木、お花…。
先生が用意してくれた可愛い飾りを前に「うーん、どれにするか迷うなぁ」と考えこむ潮田さん。

そうまくんが選んだのは、ウクレレ、アイスクリーム、イルカにヤシの木。
砂の上に並べていくと、にぎやかな夏の浜辺がグラスの上に現れました。

潮田さんも、飾りを足したり引いたり、置く角度を変えたりと、バランスを見ながら仕上げていきます。

「この置き方、大丈夫ですか?」(潮田さん)
「バランスいいと思いますよ!」(先生)

飾り付けが終われば、夏らしい爽やかサンドアートのできあがり!

普段、好きなお料理はよくするけれど、アート系の手作りをする機会はほとんどないという潮田さん。今回の体験はとても新鮮で、楽しかったそうです。

「親子で手作りすると、ママが子どものお手伝いをすることが多いですよね。今回は、私も1つ、そうまも1つ、それぞれ自分の作品を作ることができたのが嬉しかったです。そうまも達成感があったんじゃないかな」(潮田さん)

作品は、さっそく自宅のリビングに飾るそうです。

「サンドアートの魅力は、どんな色の組み合わせも、どんな風に砂を重ねても失敗はなくて、すべてアートになること。たとえば、洗面所にサンドアートをポンと置くだけで、そこに夏や海を感じることができるし、色次第で、ハロウィンやクリスマスのサンドアートも楽しめますよ。ぜひ、暮らしに取り入れてみてくださいね」(吉澤先生)

今回、サンドアートを体験した場所は、西武新宿線「花小金井駅」から徒歩1分の「HANA cafe style(ハナカフェスタイル)」。こちらのカフェでも、吉澤先生によるサンドアートのワークショップを開催しています。ベビーカーで参加される方も多いそうなので、親子でぜひ、参加してみてくださいね。詳しくは、先生のブログやインスタグラム等でご確認を。

 

 

教室名 Hokulani one(ホクラニ オネ)
Instagram https://www.instagram.com/hokulani_one_ayumi/

※体験をご希望の方は直接教室へお問い合わせください。

 

店舗名 HANA cafe style(ハナカフェスタイル)
住所 東京都小平市花小金井南町1-18
URL https://tabelog.com/tokyo/A1328/A132804/13215689/
東京都小平市花小金井南町1-18

一覧ページに戻る
facebook facebook

合わせて読みたい!おすすめコンテンツ

ページトップへ

ランキング

    PAGE TOP