西武沿線体験図鑑

new

本格的なカートを親子で体験したい!

https://grutto-plus.com/experience/102/ 本格的なカートを親子で体験したい! | GRUTTO PLUS [ぐるっとプラス]

新緑が輝く季節になりました。爽やかな風に誘われて、外でアクティブに過ごしたくなりますね。
今回やってきたのは、「西武球場前駅」から徒歩10分の「モーターパーク所沢」。子どもから大人まで、レーサー気分を味わえるカートを体験してきました。

カートは運転免許がなくても乗ることができて、子どもや、普段、運転しないママも、家族みんなで楽しめるスポーツ。今回体験するのは、都内在住の吉川さん親子です。もうすぐ6歳になる龍之介くんは、車が大好き。今日はパパと一緒に、カートに初挑戦するのを楽しみに来てくれました。

まずは、龍之介くんが乗るカートを選びます。
モーターパーク所沢は子ども用のカートも用意していて、身長が120㎝以上であれば、お子様一人で乗ることができます。龍之介くんの身長ならOK!

2人乗り用のカートもあり、こちらは、シートに座ることができれば、小さいお子様も同乗可能です。パパやママが運転して、親子一緒に走行を楽しむことができます。

スタッフさん「1人乗りと2人乗り、どっちに乗りたいかな?」
龍之介くん「パパと一緒に乗る!」
今回は、2人乗りのカートに挑戦です。

さっそく、乗る準備をしましょう。
といっても、2人乗りカートや子ども用カートは、ヘルメットもグローブも不要。動きやすい服装と靴であれば大丈夫なので、そのままシートに乗りこみます。

スタッフさんに手伝ってもらいながら、シートベルトをしっかりと着用。

シートは低くて、まるで地面に座っているよう。

操作はできませんが、助手席にも、ちゃんとハンドルがついています。龍之介くんはハンドルを握って、得意そうな顔です。

準備ができたところで、スタッフの渡邉さんがカートの操作方法をレクチャーしてくれます。

操作するのは、アクセル、ブレーキ、ハンドルの3つ。乗用車と違うのは、左足でブレーキを踏むこと、ハンドルがちょっと重いことです。

「注意するのは1つだけ、アクセルとブレーキを同時に踏まないことです。止まりたいとき、減速したいときは、右足をアクセルから離して、左足でブレーキをしっかり踏んでくださいね」と渡邉さん。

続いて、コースの説明です。走り終わったら、どこを走ってピットに戻ればいいかも丁寧に教えてくれるので、初心者も安心です。

レクチャーが終わったら、いよいよコースイン。
「ブレーキをしっかり踏んでいてください」
渡邉さんがエンジンをかけてくれます。ブルルンという音に、龍之介くん、やや緊張気味の様子。

「お待たせしました、行ってらっしゃい!」
渡邉さんのかけ声と共に、パパがアクセルを踏み、ゆっくりとコースに出ていきます。

コースに出たら、アクセルを踏みこんで、ここからは思う存分に走りを楽しみます。
今回は、全長400m弱のコースを3周走行します。ピットの前を駆け抜けていく吉川さん親子、風を受けて気持ち良さそう! 

コースの脇にタイムを表示する電光掲示板があり、1周、2周…と周回を重ねるごとに、タイムが上がっていくのがわかります。

慣れてきたら、龍之介くんもパパに教わりながら、カーブで助手席のハンドルをきってみます。

3周走り終わると、スタッフさんがチェッカーフラッグを振って知らせてくれます。速度を落としてもう1周コースを走り、外側のレーンに入って、ピットに戻りました。

カートから、笑顔で降りてきた龍之介くん。
「パパがアクセルを踏んだときが楽しかった!」と、スピード感を満喫した様子。

パパも「楽しくてはまっちゃいそうです!」と、満面の笑顔でした。

「カートの楽しさは、風を直接感じられること。ゲームでは感じられない風やスピード感を、子どもたちにぜひ体感させてあげてほしいです。スタッフが走り方のアドバイスもするので、気軽に声をかけてくださいね」と渡邉さん。

都心から電車で行ける「モーターパーク所沢」は、都内からのお客様も多く訪れ、仕事で忙しくておでかけできないパパに代わって、ママと息子さんという組み合わせもよくあるそうです。野球観戦や狭山湖のお散歩がてら、立ち寄ってみるのはいかがでしょうか?

気持ちよく風を切ってカートで走る様子はこちらから

 

 

 

 

 

 

 

施設名 モーターパーク所沢
住所 埼玉県所沢市上山口1380-3
URL http://www.klk.co.jp/fkm/

※貸切時間中、一般の方は走行いただけませんので、ご来場予定の方は上記WEBサイトよりご確認ください。

一覧ページに戻る
facebook facebook

合わせて読みたい!おすすめコンテンツ

ページトップへ

ランキング

    PAGE TOP