西武沿線体験図鑑

new

話題のオシャレインテリア!ハーバリウムを作ってみたい!

https://grutto-plus.com/experience/099/ 話題のオシャレインテリア!ハーバリウムを作ってみたい! | GRUTTO PLUS [ぐるっとプラス]

昨年あたりから雑貨屋さんやインスタグラムなどのSNSで見かけるハーバリウムをご存知ですか?
ハーバリウムとは「植物標本」という意味で、プリザーブドフラワーやドライフラワーをビンの中に入れて、専用のオイルにつけて保存することで、オシャレなインテリアに変身します。

 

今回、体験するのは都内在住の福田さん。前々からハーバリウムを作ってみたいと思っていたということで、この企画をとても楽しみにしていらっしゃいました。

 

西武池袋線「西所沢駅」から徒歩7分。閑静な住宅街にある自宅サロン「FLAVOR ROSE」の渋谷先生を訪ねました。
サロンに一歩足を踏み入れると、福田さんも取材スタッフも「わぁ~いい香り!」とうっとり。
サロン名の通り、バラの香りに包まれた幸せな空間で体験スタートです。

まずは花材選びから。メインから1種、サブから1種を選びます。
花材の色味を同系色で揃えてシンプルにまとめたり、反対色の組み合わせでカラフルに仕上げたり、お好みで大丈夫。

渋谷先生によると、季節によって人気の色味は変化するそうで、夏は爽やかなブルーやグリーンが、冬は温かみのあるオレンジや赤系が人気のようです。
福田さんは丸い形がかわいらしい千日紅と淡いピンクのアジサイで春を感じる組み合わせを選びました。

 

花材を選んだら、ビンの口から入るサイズにカットします。
このカットの作業から、ハーバリウムの全体のデザインを想像していくことが重要。
例えば千日紅は、茎を残せばタテのラインを生かしたスタイリッシュなデザインになり、お花のみを使用すれば、お花の丸みがかわいらしいデザインになります。福田さんは茎を一部残し、組み合わせたデザインにすることにしました。

あじさいは花びらを12枚ずつに小さくカットすることで、全体に彩りを与える役割を果たしてくれます。

花材をすべてカットしたところで、いよいよ花材と専用オイルをビンの中へ。
今回使用するビンは縦長のため、3分の1ずつ、3回に分けて入れていきます。

この特大ピンセットで花材を入れていきます。
福田さん「ビンの中で花の向きを変えるは難しいですね…」
渋谷先生「大丈夫ですよ、オイルを入れると向きが変わってしまうこともあるので、後から調整しましょう!」

まずは3分の1を目安に花材を入れたところで、ゆっくりと専用オイルを注いでいきます。

すると、空気を含んだ花材がオイルの中で浮いてきます。それを生かして、イメージ通りの位置に微調整。
「オイルの中で花を移動させるのも難しいですね」と福田さん。
それでもイメージに近づけるために、黙々と作業を進めます。

次に今回のデザインでセンターに位置する千日紅の向きを考えます。
実はこの千日紅は、花材の中でも難易度が高いタイプ。なぜなら丸い花の部分に空気が含まれているため、オイルの中に入れてもプクプクと浮いてきてしまうのです。

浮いてこないようにピンセットで押さえても浮いてきます。
「なかなか思った通りの位置にならないですね」と福田さん。
「1日ほど置くとオイルが染み込んで安定するので、もし翌日に浮いていたら割り箸などで調整できるから大丈夫ですよ!」と渋谷先生。

浮いてくる花材と試行錯誤しながらも、最後の段階になりました。
ビンのギリギリのラインまで専用オイルを入れてみると…

「あれ??何だかとてもいい位置にすべてが並んでいます!すごくかわいい!このまま持って帰りたいです!」
先ほどまでの苦労はどこへ行ったのか、最後には思った通りのデザインに仕上がりました。

しっかりとビンの蓋を閉めて、ピンクのリボンでラッピングします。

このハーバリウムはご自身用はもちろん、2個目、3個目はプレゼント用として作る方も多いそうです。
まさかこんなにステキなインテリアが手作りだなんて、プレゼントをもらう側もとても嬉しいですよね。

「FRAVOR ROSE」は、大人の女性専用のサロンで、初心者の方からやさしくサポートしてくれます。
生徒さんは働く女性を中心に、花の癒しを求めていらっしゃる方も多いそうです。

ウェディング関係のレッスンもあるので、女性とペアであれば男性も参加でき、親御様へのプレゼントをカップルで作る方もいらっしゃいます。

今回体験させていただいたハーバリウムは、単純作業ではありながら、花材とオイルの扱い方は意外と難しく、もどかしい場面を乗り越えて出来た作品は、インスタ映えする仕上がりとなり、何個でも作りたくなってしまいます。

短時間で集中してできるレッスンなので、この春気分転換に習ってみたい!という方はぜひ体験してみてください。

ハーバリウム作りの様子はこちらから

 

 

 

 

 

教室名 FLAVOR ROSE
URL https://ameblo.jp/flavorrose/

※ハーバリウム体験レッスンについては、上記WEBサイトをご確認の上、直接お問い合わせください。

一覧ページに戻る
facebook facebook

合わせて読みたい!おすすめコンテンツ

ページトップへ

ランキング

    PAGE TOP