西部沿線で100体験

new

初心者でも大丈夫!カーリング体験をしてみたい!

https://grutto-plus.com/experience/096/ 初心者でも大丈夫!カーリング体験をしてみたい! | GRUTTO PLUS [ぐるっとプラス]

ついに平昌五輪が開幕し、ウィンタースポーツへの注目が高まる時期になってきました。そこで今回は初心者でも体験できるカーリングに挑戦します。

西武拝島線「東大和市駅」の駅前にある「東大和スケートセンター」で、東京カーリングクラブが月に1回開催しているカーリング体験スクールに参加したのは、都内在住の林さん親子。カーリングはテレビで見たことがあるけど、体験するのは初めてということで、ドキドキしながらのスタートです。

最初にリンクの外で、腕や脚のストレッチや準備運動をしっかりと行います。
カーリングは氷上競技のため、陸上とは違う感覚に慣れるまでは、滑って転ばないように細心の注意を払う必要があります。

準備運動を終えたらブラシを受け取り、いよいよ氷の上へ。
今回は体験のため、カーリングの専用靴ではなく、滑りにくい靴底がゴムのスニーカーを各自用意して履いています。スニーカーで氷の上を歩くのも初めての感覚です。

まずは先生のお手本から。カーリングの基本フォームを教えていただきます。前方移動から腰を持ち上げ、後方移動し、腰を持ち上げハックを蹴り、胸を張って背中をのばし、スライディングしながらストーンを投げます。見事なフォームに体験者からも「おぉ~!」と歓声が上がります。

先生のお手本を見たところで、実際にスライディングの練習を行います。壁をハックと見立てて、滑る練習をします。両手でブラシを持って、利き手側の脚で壁を蹴り、利き手側の逆の足の下にスライダーを入れて滑ります。

何度も繰り返すことで、少しずつ体のバランスが安定し、滑る距離も伸びてきました。
この時の注意点は、立ち上がる前に靴の下に置いてあるスライダーを外すこと。このスライダーは想像以上に滑ります。

ある程度、滑れるようになってきたところで、次にストーンの投げ方を学びます。
カーリングは体力だけではなく、知力や技術も問われる競技。相手との駆け引きの際にストーンの投げ方は重要なポイントとなります。投げる際は、時計周りの回転と反時計周りの回転を使い分けます。

2人1組でストーンを投げる練習しストーンの感覚がわかってきたところで、本番同様にハックを蹴りながらストーンを投げます。
「本日参加のみなさんは全体的にお上手ですね!」と先生からお褒めの言葉をいただいたところで、次はお楽しみのミニゲームです。

本日学んだことを生かして、2チームに分かれてミニゲームで実践します。
林さん親子は青チーム。チームメンバーと投げる順番や役割を話し合って決めます。

青チームは林さんがスキップ役(主将)を担います。スキップはハウス(ダーツの的のような同心円)から、ここに向かって投球するように、と指示を出します。

林さんの指示通り、青チームメンバーが投げたストーンは見事にハウス内で止まりました。

そして娘さんの投球の番に。見事な投球で盛り上がります。

そして最後は林さん。先生のスイーピングでサポートしてもらいながら、ストーンが進んでいきます。

結果、青色のストーンの方がハウスの中心に近いため、このミニゲームは青チームの勝利となりました。

 

ミニゲームで大いに盛り上がったところで、本日の体験は終了です。今回一緒に参加された方たちとも仲良くなり、とても楽しい時間となりました。
お二人に感想を伺うと「カーリングのルールを学びながら、実践できてよかったです。特にミニゲームが盛り上がって楽しかったです!」とのこと。

今回教えて下さったのは東京カーリングクラブに所属している、島田先生、木下先生、福島先生。わかりやすく的確に、また安全面を常に意識して教えていただいたので、初心者でも安心して体験することができました。

「東大和スケートセンター」では、東京カーリングクラブがカーリング体験を月に1回開催しています。小学4年生以上の方であれば、参加することができますので、ご興味のある方はぜひ参加してみてください。

写真だけでは伝わらないカーリング体験の様子はこちらから

 

 

 

 

 

 

施設名 東大和スケートセンター
住所 東京都東大和市桜が丘1-1420-1
URL https://www.tokyocurlingclub.jp/

※カーリング体験については、上記WEBサイトをご確認の上、直接お問い合わせください。

東京都東大和市桜ヶ丘1-1420-1

一覧ページに戻る
facebook facebook

合わせて読みたい!おすすめコンテンツ

ページトップへ

ランキング

    PAGE TOP