西部沿線で100体験

new

ハロウィンに向けてマトリョーシカを作ってみたい!

https://grutto-plus.com/experience/087/ ハロウィンに向けてマトリョーシカを作ってみたい! | GRUTTO PLUS [ぐるっとプラス]

年々盛り上がりを見せている秋の行事といえばハロウィン!家族や友人とハロウィンパーティーを行うことを予定している方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、そんな自宅でのハロウィンパーティーのテーブルをかわいく彩ってくれるマトリョーシカ作りを体験してきました。魔女をメインにハロウィンにちなんだキャラクターを作るため、その名も“マジョリョーシカ”です。

場所は東伏見駅から歩いて6分ほどの自然豊かな武蔵関公園のほとりにある「ALETTA」。小さなお子さまから大人まで全ての方に安心して召し上がっていただきたいと願う女性シェフによる、オーガニック食材を中心とした100%グルテンフリーのレストランです。

今回体験するのは、都内在住の瀧澤さんとご友人の強矢さん。マトリョーシカ作りの体験者募集の記事を見た時に、まさかマトリョーシカを自分で作れるとは思ってもいなかったので、応募してみました!とのこと。本当に自分たちで作れるのかしら?と半信半疑でしたが、いざ体験スタートです!

まずはベースとなる白木のマトリョーシカを選びます。この材料はマトリョーシカの故郷、ロシアから輸入しており、少しずつ大きさや形が違うのでお好みのサイズを選びます。

マトリョーシカ作りというと木から削りだすことを想像する方もいるようですが、今回はこの白木のマトリョーシカにポスカで着彩する作業がメインとなるため、お子様はもちろん、絵を描くことが久しぶりな大人の方でも気軽にチャレンジできるので、この日は小学1年生のお子様も一緒に作ります。

1.白木の木粉を落とす
ポスカで着彩する際にキレイに塗れるように、キッチンペーパーで白木を磨くように軽くこすって木粉を落とします。力を入れなくてもキレイに整うので、お子様でもできる作業です。

2.下書きをする
マトリョーシカのデザインを鉛筆で下書きします。
「見本を真似してもいいですし、オリジナルのデザインでもいいですよ!」と宮崎先生。とは言ってもいきなりオリジナルでは描けないよね…とお二人。ベースは先生の見本を真似しながら細部や表情でオリジナル感を出すことになりました。

3.ポスカで色を塗る
いよいよ着彩です。薄い色から順に塗っていきますが、多少はみ出しても大丈夫。 ポスカの良い点は塗り重ねができること。乾けば上からまた色を重ねられるので、いくつかのマトリョーシカを同時進行で塗っては乾かして…を繰り返していきます。

瀧澤さん「あれ?はみ出しちゃった!」
先生「大丈夫!あとで修正できますよ」
そんな会話を繰り返しながら黙々の塗ること30分。少しずつ全体像が見えてきました。

仕上げの表情を描く前に、ハットや猫の耳などのパーツを樹脂粘土で作ります。ここでのポイントは一つ上のサイズのマトリョーシカに入るサイズで作ること。サイズ感を確認し形も整えたらこちらもポスカで塗ります。

そして一番の見せ所。マトリョーシカたちの表情です。思わず息を止めてしまうくらい集中しています。

4.パーツを付ける
先ほど作っておいた帽子などのパーツが乾いたらボンドで本体に付けます。

そして完成したのがこちらのマトリョーシカたちです。魔女、オバケ、黒猫、ジャックオランタンの4点。ジャックオランタンは樹脂粘土で作りました。
出来上がりを見たお二人はホッとした表情で、ご自身のスマホでも記念撮影をしていました。

瀧澤さん「最初はちゃんとできるのかな?と不安でしたが、すごく楽しかったです。次回は娘と一緒に別のマトリョーシカ作りにもチャレンジしたいです!」
強矢さん「無心になって作業ができて、とても楽しかったです。かわいく仕上がったと思います!」

 

 今回教えてくださった宮崎先生は、2008年に姉妹で上石神井に「curious(キュリアス)」を立ち上げました。生まれ育った街で人が集まる場所にしようと、マトリョーシカ作りやハニカムペーパーを使ったワークショップなどを開催。その後、様々なご縁でお店以外でもワークショップを開催するようになり、今回体験させていただいた「ALETTA」でも現在は月1回開催しています。

マトリョーシカ作りの魅力は小さなお子様から大人まで幅広い年代の方が、自分だけの特別なデザインで制作できること。また一度作っても、ポスカがあれば気になる部分は後から重ね塗りをすることができるので、お手軽に始められます。

宮崎先生は季節にあわせて様々なマトリョーシカ作りのワークショップを開催しているので、興味のある方はご予約の上、ぜひ体験してみてください!

“マジョリョーシカ”を作る様子はこちらから

 

 

 

 

 

西武沿線でマトリョーシカ作りができる場所

店名 curious(キュリアス)
住所 東京都練馬区上石神井1-42-7 サンライトフジ102
URL http://curious-design.jp/

※詳しくは上記のホームページをご確認の上、直接お申込みください。

東京都練馬区上石神井1-42-7

 

店名 ALETTA
住所 東京都練馬区関町北3-50-1
URL http://alettapark.com/
東京都練馬区関町北3-50-1

 

一覧ページに戻る
facebook facebook

合わせて読みたい!おすすめコンテンツ

ページトップへ

ランキング

    PAGE TOP