西部沿線で100体験

new

夏休みの自由研究に。木工体験をしてみたい!

https://grutto-plus.com/experience/080/ 夏休みの自由研究に。木工体験をしてみたい! | GRUTTO PLUS [ぐるっとプラス]

もうすぐ楽しい夏休みが始まります。今年はどんなことをして遊ぼうか、家族でどこへ行こうか、計画を立てるのも楽しみの一つです。
そこで今回は、夏の間だけ体験できる『子どものための木工教室』をご紹介します!
 

 
西武新宿線「東伏見駅」から徒歩5分、本日の目的地「Lakeside Factory」に到着。可愛らしい若緑の外壁が目印です。
 

 
木工を教えてくださるのは、カントリー木工講師の鈴木明美先生。お家でいつも何か作っている工作大好き少年、こたろう君(小学4年生)がチャレンジします。武蔵関公園をバックに、緑いっぱいのお庭で体験スタートです!
 

 
1.デザインを決める
本日体験するのはキースタンド作り。リスと馬、どちらかを選んで木へ下書きをします。
 

 
こたろう君は馬のデザインを選択、鉛筆で型紙通りになぞっていきます。上から下になぞると書きやすいそうです。
 

 
2.糸のこぎりでカットする
下書きの次は糸のこぎりでカットします。こたろう君、初めての糸のこぎりに挑戦です!先生のお手本を見てから、まずは試し切り。物作りに親しみがあるようで、なかなか筋が良い様子です。


 
鈴木先生「木を押さえつけながらゆっくり進んでね」
 

 
こたろう君、真剣な表情で木を動かしていきます。
Lakeside Factoryの木工教室は、子ども一人の力で作り上げることをモットーとしているので、先生はほとんど手を出さずにサポート側にまわります。

馬のお腹の部分がカットできたら、次は顔周り。
 
鈴木先生「ちょっと休憩する?」
こたろう君「一気にやります!」
 
集中力が高まっているこたろう君、馬の顔周り、背中部分まで一気にカットします。
 

 
カーブの多いデザインですが、刃の向きに合わせて木を回転させる手つきは迷いがありません。先生からも、「どこで木を回したらいいか分かっていて、とっても上手です!」と賞賛の声が。カットした側面は綺麗に整っており、初めてとは思えない出来映えです♪
 

 
3.紙やすりをかける
カットした部分に紙やすりをかけます。普段から工作をしているからなのか、とても手慣れた様子で紙やすりをかけています。
 

 
もともとカットした断面が綺麗だったので、紙やすりの作業はあっという間に終了。「何かクラブに入っているの?」「お家でどういう物を作っているの?」など、先生と話をしながら作業を進めます。
 
4.棒を差し込む穴をあける
棒を差し込みたい場所に印をつけ、電動ドリルで穴をあけます。
 

 
棒が曲がらないように、電動ドリルは木と垂直になるようにあてて押し進めます。


 
5.棒を差し込む
紙やすりを使って棒の先に丸みをつけます。このとき、こたろう君がひらめきます。紙やすりを置いて棒を動かすアイデアです。思わず「おぉ~!」と、その場にいた大人たちから感心の声があがりました。
 

 
紙やすりをかけ終えたら、先ほどあけた穴にボンドをつけて棒を差し込んでトンカチの平らな面で打ち込みます。
 

 
6.木工用オイルで仕上げ
最後に木工用のオイルで仕上げを行います。使用するのは、自然にも人間にも優しいワトコオイルという植物由来の塗料。
 

 
染み込ませるタイプなので、ハケ目などを気にせず手軽に塗ることができるそうです。(完全に染み込むまで3日ほどかかるので、水がかからないように日陰干しが必要です)
隅々まで塗れているかどうか確認できたところで、こたろう君作キースタンドの完成です!
 

 
本日の体験はこれにて終了♪こたろう君に感想を聞いてみました。
「初めて糸のこぎりを使いましたが、木をちゃんと押さえるのが難しかった。でも最初から最後まで自分で出来て、とても楽しかったです!ちゃんと乾いたら色々な物をかけてみたいと思います」

そして後日、実際にご自宅で使用しているお写真をお送りいただきました!お部屋の雰囲気ともマッチしているステキなキースタンドですね。
 

 
「マガジンラックを作ってみたいんだけど…教えてくれる?」
そんな友人の声から、20年前に独学で木工を学び、生徒さんからの要望で10年前にショップとカフェをスタートした鈴木先生。

鈴木先生「自分で描いた夢、というよりは、皆さんが育ててくれた繋がりがLakeside Factoryなんです。これからも人と人が集って繋がる場所であったらいいな、と思っています」
“きちんと要所をおさえていれば、力のない女性や子どもでも木工はできること”を、Lakeside Factoryでは体験できます。
ショップには無農薬のジャムや様々な作家さんの作品があり、併設されたカフェでは季節によって鈴木先生手作りのジュースを飲むこともできるそうです。
 

 
「工作が好き」「木工をやってみたい!」という気持ちがあるお子様、木工に興味がある女性の方、新しい繋がりを探している方など、是非一度、Lakeside Factoryに足を運んでみてください♪
 

 
 『子どものための木工教室』は7月いっぱいの火・水・木・日の朝10時から開催しています。対象は小学校4年生以上で、子どもだけで体験していただくスタイルです。本日紹介したキースタンドとブックスタンドのどちらかから選ぶことができます。ご予約は直接お問い合わせください。
 

 

木工体験の様子はこちらから

 

 

 

 

 

 

 

教室名 Lakeside Factory
住所 東京都練馬区関町北3-46-4
URL http://lakeside-factory.com/

※Lakeside Factoryではこのほかにも様々なワークショップを開催しておりますので、詳しくは上記のホームページをご確認の上、直接お問い合わせください。

東京都練馬区関町北3-46-4

一覧ページに戻る
facebook facebook

合わせて読みたい!おすすめコンテンツ

ページトップへ

ランキング

    PAGE TOP