西部沿線で100体験

new

親子でロッテ狭山工場を見学してみたい!

https://grutto-plus.com/experience/067/ 親子でロッテ狭山工場を見学してみたい! | GRUTTO PLUS [ぐるっとプラス]

2月14日はバレンタイン。大切な人へ想いを伝えるとっておきの日です。街中には美味しそうなお菓子の数々が並び、特別な季節の訪れを感じさせてくれます。
そしてバレンタインに限らず、疲れた心にひと時の休息を与えてくれるお菓子は、私たちにとっての『お口の恋人』。
そこで今回は、時代を越えて愛される“恋人”を世に送り出す、ロッテ狭山工場へ行ってきました!

170123t_ma_149

協力してくださるのは、鈴木さん親子です!

170123t_ma_002

西武新宿線「新狭山駅」から徒歩10分、本日の目的地『ロッテ 狭山工場』に到着。

170123t_ma_147

今回はロッテ狭山工場の見学と不思議な体験をレポートします。
それでは早速、ロッテの秘密を覗きに行ってきます!

170123t_ma_062

■不思議な体験①
まずは1つ目の不思議な体験からスタート!こちらは、本日ガイドしてくださる、町田さん(左)と齋藤さん(右)です。

170123t_ma_011

町田さんの手には紫色のボトルが2つ、齋藤さんの手には透明のボトルがあります。片方の紫のボトルに“透明の液体を入れるとどうなるか”という実験です。
この実験には娘さんが参加して、お母さんが結果を見守ります。

170123t_ma_012

果たして結果は…!といきたいところですが、この先は、実際に工場見学に来てくれた人だけのお楽しみです♪

■お勉強タイム
次に、ロッテの歴史と狭山工場についてのお勉強。

170123t_ma_008

社名の由来や狭山工場で作っている製品の紹介、お菓子についてのクイズなどワクワクする内容が盛り沢山!
あっという間にお勉強タイムは終了して、次は、お待ちかねの工場見学へ向かいます♪

170123t_ma_019

■工場見学
今回見学したのは、キシリトールガム粒タイプの包装工程です。
170123t_ma_042

一日最大で約140万本を包むことができる包装ラインは、普通の建物で5〜6階建てに相当する天井高。工場スタッフの方は最少人数で、異物混入を防ぐために機械作業がメインだそうです。

170123t_ma_038

町田さんが一つ一つの工程を丁寧に説明してくださり、ガムがどのようにして出来るのかを学ぶことができました。

■不思議な体験②
工場見学が終わったら、次はキシリトールの実験です。

170123t_ma_066

キシリトールがコーティングされる前の“センターガム”や、粉状のキシリトールを試食して、いつも食べているガムとの違いを確認
そのあと、ある実験を通してキシリトールがどんな役割を持っているかを体感しました。詳しいことは、工場見学をした人だけのお楽しみ♪

■不思議な体験③
次にお菓子のフレーバーとなる香り体験です。

170123t_ma_082

まずは馴染みのある「バニラフレーバー」で香りの確認をして、香り当てクイズをスタート!

170123t_ma_076

娘さんは少し嗅いだだけで、「分かった!○○だ!」と即答。3問中、見事に全問正解でクイズを終えました。

■コアラのマーチの秘密♪
続いては、誰もが一度は目にしたことのある「コアラのマーチ」についてのお話です。

170123t_ma_047

コアラのマーチは、1984年に“初めて日本にコアラがやってくる”ことをヒントに誕生したお菓子。
マーチングバンドに扮したコアラたちが、楽しそうに日本へやって来る姿をイメージして作られたそうです。
発売当初は12種類だったコアラも、現在では366種類まで増え、たくさんの人に愛されるロングセラー商品となりました。

170123t_ma_070

そんなコアラのマーチが、どんな風に作られているのか、その印刷過程をちょっとだけ公開します!

170123t_ma_084

町田さんの隣にある銀色の大きな筒(コアラスクリーン)が、コアラの絵を生地に印刷する機械。
コアラの絵柄は、赤ちゃんの髪の毛が通るか通らないかの小さな点で描かれ、その穴を通してカラメルシロップで印刷をしているそうです。

170123t_ma_096

コアラのマーチは、袋から一粒ずつ取り出すたびに、「次はどんなコアラが出てくるかな?」とワクワクしながら食べるのも美味しさの一つ。
その秘密を知ることが出来て、なんだか得した気分になりました♪

■チョコレート注入体験
本日最後の体験はチョコレート注入体験です。こちらは今日のために特別に作っていただいた手作り生地。普段目にするコアラの形ではなく、丸やギザギザの形が印象的です。

170123t_ma_107

まずは家庭用のオーブンで生地を焼きます。スイッチを回して1分ほどすると、おせんべいのようにプクプクと膨らんできました。

170123t_ma_110

膨らみ始めてから数秒でパンパンに膨れ上がり、今にも破裂しそう!お部屋にも香ばしい香りが漂います。
焼き始めてから2分後、こんがりとした可愛いコアラが顔を出しました♪

170123t_ma_114

焼き上がったら、後ろ側に竹串で穴を開け、そこへ針なし注射器でチョコレートを注入します。今回はお母さんが代表として、オリジナルコアラのマーチを作ることになりました。
※チョコレート注入体験は体験できる日が限られています。また対象年齢は小学三年生からとなります。

170123t_ma_116

まず中央に、竹串でツンツンと穴を開けます。とっても軽くて薄皮なので、周りが割れないように穴を広げるのは至難の業です。

170123t_ma_118

ちょうど良い大きさの穴が開いたら、そこへチョコレートの注射器の先端を差し込みます。

170123t_ma_124

お母さん、とっても楽しそうです♪

170123t_ma_120

そして、通常よりチョコレート多めの、大きなコアラのマーチが完成しました!

170123t_ma_129

約1時間半の工場見学と体験が終わると、ロッテ狭山工場から嬉しいプレゼントが!

170123t_ma_134

普段は味わうことのできない、出来立てのチョコパイです♪早速お味の確認をしてみると…。

170123t_ma_139

「サクサクしていてクリームが柔らかい!」「チョコレートが甘くてとっても美味しい!」と、お二人ともご満悦です。

今回の体験の感想をお二人に聞いてみました。
娘さん「ラッキーコアラを探すのと、色々な体験ができたことが楽しかったです!」
お母さん「子どもと一緒に社会科見学へ来れた気分です。美味しく楽しく学べて、いい思い出になりました!」

170123t_ma_144

今回記事上ではお見せすることができなかった、実験結果や工場内の様子などご興味がある方は、ロッテ狭山工場のホームページからご予約方法を確認の上、是非足を運んでみてください!

ロッテ狭山工場の見学の様子はこちらから

 

 

 

 

 

施設名 ロッテ狭山工場
住所 埼玉県狭山市新狭山1-2-1
URL http://www.lotte.co.jp/entertainment/kengaku/sayama.html
埼玉県狭山市新狭山1-2-1

一覧ページに戻る
facebook facebook

合わせて読みたい!おすすめコンテンツ

ページトップへ

ランキング

    PAGE TOP