西部沿線で100体験

new

今年こそ新しいことにチャレンジ!ボルダリングに挑戦したい!

https://grutto-plus.com/experience/062/ 今年こそ新しいことにチャレンジ!ボルダリングに挑戦したい! | GRUTTO PLUS [ぐるっとプラス]

新年明けましておめでとうございます!
2017年を迎え、気持ちも新たに、 何か新しいことに挑戦したいと思っている方も多いことでしょう。
そこで今回は、老若男女問わず、全身を使って楽しめる『ボルダリング』をご紹介します!

本日の舞台は、西武新宿線「本川越駅」から徒歩5分の『ロッククラフト 川越』です。

046c5800

広々とした室内には、所狭しと配置されたカラフルな石が溢れ、初めて目にする人にとっては異空間。一体どんな体験ができるのでしょうか!

046c6113

それでは早速、動きやすい服装に着替えて体験スタート!今回はボルダリングに初挑戦の中神さんと岩田さんが体験します。まず、自分の足にあったクライミングシューズ(指をギュッと丸めて、つま先に力が入るもの)を選びます。

046c5810

クライミングシューズを履いたら、ボルダリングウォールへ移動。スタッフの樋山さんにルールを教わります。ボルダリングは、ホールドと呼ばれる様々な形の石を使い、壁をよじ登るスポーツです。

046c6057

ただ単に登るのではなく、設置されたホールドにはテープで進む順番に制限を設け、スタートからゴールまでのコース(課題)をクリアするというルールがあります。

046c6056

046c6061

こちらの施設では、同じカラーと数字のテープが貼ってあるホールドを使うのがルールです。また、Sと記載のあるホールドがスタート地点、Gがゴール地点になります。(SとGは両手で持つというルールがあります )

ランクごとに制限やホールドの形が変わり、足の置き方も課題ごとに変化します。

046c5905

今回は初心者でもチャレンジしやすい、ピンクとレッドのテープカラーを登ることに。

046c5823

樋山さんのお手本を参考に、中神さんがホールドに手をかけます。

046c5841

046c5843

同じ色のテープカラーを辿り、ゴールまでスイスイと登ることができました!岩田さんもつま先を上手に使い、初めてとは思えない身のこなしです。

046c5870

楽々と登っているように見えたお二人でしたが、「簡単そうに見えるけど、実際に登ってみると、視野が一気に狭くなって色も番号も分からなくなる!」とボルダリングの難しさを実感したようです。
ポイントは、登り始める前に、“どうやって登るか”をイメージ(オブザベーション)すること。腕の力はあまり関係なく、頭を使って作戦を立て、体重をうまく移動させることが課題クリアへ近付く一歩です。
樋山さんからレクチャーを受けたお二人は、場所を変えてオブザベーションを開始。「ここに足をかけて、こっちに手をかけて…」と、真剣にコースを見定めます。

046c5965

そして岩田さんが実践!スタート地点でもう一度コースを反復し、真剣な表情で登り進めます。

046c5930

046c5946

お二人の動きを見ていると、腕を遠くのホールドまで伸ばしたり、足を開いて足場を探したり、慣れないシューズでつま先立ちをしたりと、全身くまなく動かす姿が印象的でした。
また、息切れするほど体力を消耗するボルダリング。休憩中にコースをイメージする姿も見られ、ボルダリングの魅力にハマってしまったようです。

046c6048

ボルダリングの魅力について、利用者の方々にもお話を聞いてみました。

週に2~3回通っているというこちらの男性は、指にテーピングを巻き、体操選手のような分厚い手のひらでスイスイと登っていきます。一つずつ課題をクリアしてランクを上げ、様々な年代の仲間とのコミュニケーションを楽しんでいるそうです。

046c6040

3年半通っているというこちらの男性は、もうすぐ70代に突入するとは思えない体の動き。山登りの延長でボルダリングに挑戦し、「外で行うときの岩の掴み方に変化が表れた」と話してくださいました。

046c6020

他にも、親子で通っている方、オープン当初から通っている方、「世代の違う人々とコミュニケーションをとることで自分を高めたい」と、電車を乗り継いで4年間続けている中学生の子など、登り合うことで喜びを分かち合っています。

046c5972

%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%83%e3%83%95

こちらの施設では1年以上通っている方が多く、スタッフの方とも友達のように挨拶を交わし、誰かが登っていると、「右に○番がある!」「左下に足場があるよ!」と、さりげないアドバイスの声が飛び交います。
年齢層は幅広く、小学生から70代の方が通われており、コミュニケーションの場としても愛されていることが伺えます。自然と切磋琢磨できる温かな空気感も、この場所に集う一つの理由なのでしょう。

046c6053

休憩を挟みながら、たっぷり2時間の体験が終了。中神さんと岩田さんに感想を聞いてみました。

中神さん「明日以降の筋肉痛が怖いですが、純粋に楽しかったです。想像以上に疲れるし、息切れするくらい動きました。登っている最中、“もっと長い手足が欲しい!”と何度も思いましたが、思っているよりも自分の体が伸びることにも驚きです。機会があれば、また挑戦したいです!」

046c5913

岩田さん「指先と足先が疲れました。客観的には地味に見える動きも、実際やってみると難しい!でも、気付いたら夢中になって登っていました。それと、数え切れないくらい落ちました!途中から落ちることも楽しくなり、受身も上手になった気がします(笑)」

046c6045

ボルダリングを行なう人々の間では、“拳を合わせる”挨拶があり、登り終えたときに自然と拳を合わせて交流を深めています。ロッククラフト 川越は、年齢関係なく、共通の楽しみをもった仲間と達成感を味わいたい方にオススメのスポットです!

046c6015

今年こそ新しいことにチャレンジしたい方、新しい出会いを求めている方など、興味のある方は、是非一度挑戦してみてください!

ボルダリングを楽しむ様子はこちらから

 

 

 

 

施設名 ロッククラフト 川越
住所 埼玉県川越市脇田町32-3 三豊ゴム川越ビル1F
URL http://www.rockcraft.co.jp/facilities/kawagoe.html
TEL 049-226-1426

※体験のご予約は直接お問い合わせください。

埼玉県川越市脇田町32-3

一覧ページに戻る
facebook facebook

合わせて読みたい!おすすめコンテンツ

ページトップへ