西部沿線で100体験

new

西川材でオリジナルブックスタンドを作ってみたい!

https://grutto-plus.com/experience/061/ 西川材でオリジナルブックスタンドを作ってみたい! | GRUTTO PLUS [ぐるっとプラス]

今年も残すところわずか。新年に向けて、少しずつ部屋の掃除を始めている方もいるのではないでしょうか。いらないものを捨てて、ちょっとしたスペースができたとき、自分だけの収納空間を作ってみたくなりませんか?
そこで今回は『大人の工作』と題して 、西川材で作るオリジナルブックスタンドを体験します!

161212t_ma_157

西武秩父線「東吾野駅」から徒歩15分、本日の目的地『きまま工房 木楽里(きらり)』に到着しました。大きな木馬が目印です♪

161212t_ma_151

工房内へ入ると、 爽やかな木の香りが広がります。

161212t_ma_148

太陽の光と相性の良い、温かな香り。何の木だろう・・・と鼻をきかせていると、「スギとヒノキの香りが混ざった香りですよ」と優しい声が。その声の持ち主こそ、本日の講師、井上さんです。

161212t_ma_128

そして今回体験してくださるのは、都内在住の伊藤さん。聞くところによると“不器用”とのことでしたが、どんな作品が出来上がるのでしょうか。
早速、体験スタートです!

161212t_ma_002

1.年輪と木目を見て面を決める
用意していただいたのは、飯能を中心に育てられた『西川材』という木材。主に建築材として使用される良質な無垢の木材で、節が少なく緻密な年輪が特徴です。今回は柔らかく保温性に優れた“スギ”を使います。

161212t_ma_016

触ってみると、手に馴染みのあるしっとりとした感触。

161212t_ma_017

年輪と木目を見て、どのように組み立てるかを決めます。年輪を見ると内側と外側があり、内側は時間が経つとささくれ立ってくるそうなので、外側を表にします。

161212t_ma_018

また、木目は下が広く、上にとがっている方が違和感なく安定して見えるとのこと。すべて同じ木から作られた木材ですが、木目も色も少しずつ違い、全ての面を見て完成図を予想します。

161212t_ma_028

伊藤さんは白っぽくなっている部分を奥にしました。

2.デザインを考える
工房内にある見本を参考にして、本棚のデザインを考えます。伊藤さんは、角を丸く削り、横の面を丸くくり抜くデザインに決定!

161212t_ma_042

3.下書きをして糸のこぎりでカットする
「これで形を決めましょう」と井上先生が持ってきたのは、何枚もの薄い木片。

丸いカーブをかたどる型は、作業途中で出た木片やアクリルで作ったそうです。

161212t_ma_050

好みの型を選び、木材へ下書きしたら、いよいよ糸のこぎりでカットします。
糸のこぎりは横に動かないので、下書きの線に沿って、ゆっくりと丁寧に木を動かします。中学の技術の授業以来という伊藤さん、その腕前は・・・。

161212t_ma_075

時々木くずを吹き飛ばしながら、流れるような手つきでカットする伊藤さん。
「上手いですね、ほぼ完璧です!」と井上さんから感心の声があがりました。

161212t_ma_076

4.やすりで断面を研ぐ
カットした木材を万力(まんりき)という道具に挟み、木目に沿って一定方向にやすりをかけます。

161212t_ma_080

スギは柔らかいところと硬いところで差があり、柔らかい部分はボコボコになりやすいとのこと。目の細かいやすりで正面部分全体を整えます。

5.板の中心にドリルで穴を開ける
板の中心に下書きをして、ドリルで穴を開けます。

161212t_ma_107

板が動かないように手でしっかりと押さえ、レバーを数回に分けて引きます。板とドリルが接触するたびに、周囲へ木屑が飛び散り、摩擦熱で温められたスギの香りが充満します。

161212t_ma_108

161212t_ma_113

反対側の面からもドリルを当て、綺麗な丸をくり抜くことに成功!こちらも内側をやすりで研ぎます。

161212t_ma_109

制作中の伊藤さんに講師の井上さんが、「ものづくりは本人の性格が表れる。君は几帳面な性格だね」と声をかけると、「自分でも驚いています(笑)」と、やすりをかける手を止めずに作業に没頭していました。

161212t_ma_124

6.木材を組み立てる
木材の加工が一通り終わったら、組み立てる作業へ入ります。釘を打つ部分に印をつけ、キリで軽く穴を開けます。

161212t_ma_133

使用する釘は2種類あり、平らなものは底面、丸みのあるものは背面へ使い分けます。

161212t_ma_025

木材を万力(まんりき)に挟み、井上さんにサポートしてもらいながら釘を打ち込みます。

161212t_ma_139

中心にくる板は可動式で、木材同士の隙間を均等にして、釘はセンターへ打ち込みます。

161212t_ma_145

全て釘を打ち終わったら、机を傷付けないように釘締めを使って釘を埋め込み、下書きを消しゴムで消したら完成です!

161212t_ma_153

伊藤さん「制作を始めたら、気になる部分やこだわりたい部分が次々と出てきて、とても楽しかったです。出来上がったブックスタンドは会社へ持ち帰って、仕事に活用したいと思います!」

161212t_ma_099

木楽里では、身近な生活雑貨や収納家具、リビングテーブル、お子様用のベビーベッドや学習机など幅広い木製品を作ることができます。地元の方々をはじめ、遠方からもお客様が訪れ、何回か分けて作品を作り上げることも珍しくないそうです。

161212t_ma_097

また、地元の子どもたちがよく遊びに来るそうで、飯能で生まれ育った木と、触れ合い、目で見ても楽しむことができるのが魅力の一つです。

161212t_ma_130

井上さんは、「自分は不器用なので、今でも失敗ばかりしています。だからこそ、失敗した時はどうやってリカバーすればいいのかを、いつも考えています。ここでは、口だけ出して手は出しませんが、誰でも安心してものづくりを楽しんでもらえる場所だと思います。“木ってやっぱりいいね”と思ってもらえたら、それが私の喜びです」と話してくださいました。

161212t_ma_098

良質な木製品を自分の手で作りたい方、都会とは違うゆったりとした時間の流れを感じたい方は、是非一度足を運んでみてください!きっと頭の芯からリフレッシュできるはずです♪

161212t_ma_147

西川材でブックスタンドを作る様子はこちらから

 

 

 

 

教室名 きまま工房 木楽里(きらり)
住所 埼玉県飯能市井上138番地
URL http://www.k-kirari.co.jp/index.html
TEL 042-970-2007

※体験のご予約は直接お問い合わせください。

埼玉県飯能市井上138番地

一覧ページに戻る
facebook facebook

合わせて読みたい!おすすめコンテンツ

ページトップへ

ランキング

    PAGE TOP