西部沿線で100体験

new

ステンドグラスでクリスマスオーナメントを作ってみたい♪

https://grutto-plus.com/experience/058/ ステンドグラスでクリスマスオーナメントを作ってみたい♪ | GRUTTO PLUS [ぐるっとプラス]

クリスマスまで約1ヶ月。緑鮮やかなクリスマスツリーや、夢を運ぶサンタクロースなど、ウキウキするような装飾が街中を彩り、『今年はどんな飾り付けをしようかな♪』と、考えるだけで幸せな気持ちになってきます。そこで今回は、作って楽しい、飾ってハッピーなステンドグラスのクリスマスオーナメント作りを編集部スタッフが体験してきました!

西武新宿線「狭山市駅」から西武バスに乗り換えて約10分、『御狩場』というバス停で下車すると、本日の目的地「IIREY grassworks fugi」に到着です。

046c3359

中へ入ると、柔らかな灯りとアロマオイルの香りがふんわりと漂います。色ガラスが反射し壁に鮮やかな模様が映し出され、異国の地へ迷い込んだようです。

046c3352

今回教えてくださるのは、元気いっぱいの笑顔が魅力的な、飯田すみれ先生です。

046c3351

それでは早速、エプロンと腕カバーをつけて体験スタート!今回は特別に、カットしたガラスを用意していただきました。

046c2938

ステンドグラスは、色ガラスの小片を鉛などで結合し、絵や模様を表現したもの。今回はクリスマスを彩るオーナメントを作ります。まずはデザイン選びから。クリスマスツリーとプレゼントを入れる靴下、ろうそくと雪の結晶、どれも可愛くて選ぶのも大変です。ガラス一枚一枚、色の入り方や柄が少しずつ違うので、出来上がりの表情も変わってくるとのこと。開始早々ワクワクが止まりません♪

046c2969

好きな組合せを選んだら、ガラスへ銅のテープを巻きつけます。

046c3002

ポイントは、裏表の銅テープのライン(のりしろ)が均等の長さになること。ガラスがテープの中央にくるように神経を集中させます。

046c3005

046c3010

一通り巻き終えたら、銅テープとガラスの間に入った空気をヘラで抜いていきます。

046c3028

金属(はんだ)は銅の上にしか乗らないので、銅テープが表と裏で均等になっていない部分、めくれ上がっている部分をカッターで整えます。

046c3052

始まって10分とたたないうちに、集中力が頂点に達した編集部スタッフ。静まり返る教室内で作業に没頭してしまいました。

046c3053

納得のいくまで整えたら、それぞれの作品に合った頭の部分を選びます。

046c3066

046c3067

次に“はんだごて”の作業です。フラックス剤という液で作業中についた手の油を飛ばし、はんだのノリを良くします。

046c3071

046c3069

260度の熱さで、はんだを溶かして銅テープの上に乗せていきます。はんだごての先は平らになっているので、はんだごての面を下にして、はんだをクイっと動かすのがポイントです。

046c3073

見本通りではなく、わざと離したりズラしてくっつけるのもOK!まずは仮止めとして一点をくっつけます。はんだが溶けている状態は約220度で、ここから少しでも温度が下がると完全に固まります。

046c3142

046c3120

仮止めが出来たら、フラックス剤を付けながら全体にはんだを伸ばしていきます。はんだごてを動かすのではなく、表面張力を利用すると綺麗に伸びます。

046c3196

全体にはんだを伸ばしたら、厚みをつけたい部分や角にはんだを足します。ぽってりとした表情をつけてあげると、重厚感が出て立体的な作品に仕上がるそうです♪

046c3280

完成形が見え始めると、自分らしさやこだわりを表現してみたくなり、時間がいくらあっても足りないほど。はんだごてを使ったのは技術の授業ぶりでしたが、職人気分を味わえて、老若男女問わず楽しめる作業だと感じました♪

はんだごてが終わったら、次に洗剤で汚れを洗い流していきます。

046c3302

綺麗になったら薬(腐食剤)を使ってエイジング加工を施します。これを行なうことで、年季が入ったアンティーク感を出すことができます。

046c3310

046c3313

最後に水洗いをしたら完成です!

046c3316

まとめて飾ってみると、今すぐクリスマスパーティーが始まりそうな賑やかさ♪いつまでも眺めていられそうな幸せな気分になったところで、約2時間の体験は終了です!

046c3324

『お日様の光が大好き』と話す飯田先生は、温かさを感じる自然の光をとても大切にしています。

現在制作している作品のほとんどが『灯(あかり)』に視点を置いており、色とりどりのガラスを使い、光で遊べるステンドグラスを制作。手作りの温かみが、より一層、自然との調和を楽しませてくれるようです。

046c3286

飯田先生は結婚を機に、制作の対象が自身を飾るアクセサリーから、暮らしの中で使う鏡やオイルランプなどに変化しました。今、力を入れているのがオイルランプ。空き缶の底をステンドグラスで装飾し、料理の残り油で火を灯しています。経済的にも環境にも優しい灯りです。

046c3319

どんな人にでも平等に降り注ぐ太陽の光を、もっと美しく楽しむために。手作りのステンドグラスに挑戦してみたい方は、是非足を運んでみてください♪

(※一回の教室の定員は5名様まで。詳しくは直接お問い合わせください。2016年12月26日までクリスマスセール実施中です!)

 

ステンドグラスでクリスマスオーナメントを作る様子はこちらから

 

 

 

 

 

 

 

教室名 IIREY grassworks fugi(イーレイ グラスワークス フーギ)
住所 埼玉県狭山市入間川1433-18
TEL 0429-56-7165
MAIL iirey@live.jp
URL http://www.iirey.com/
クリスマス体験教室 http://iirey.jugem.jp/?eid=59

イベントスケジュール(オイルランプ実演販売)
2016年12月11日(日) イタリアンカフェレストラン「スノーグース」 西武池袋線「中村橋駅」より徒歩1分

埼玉県狭山市入間川1433-18

 

一覧ページに戻る
facebook facebook

合わせて読みたい!おすすめコンテンツ

ページトップへ

ランキング

    PAGE TOP