西部沿線で100体験

new

池谷幸雄体操倶楽部を見学したい!

https://grutto-plus.com/experience/049/ 池谷幸雄体操倶楽部を見学したい! | GRUTTO PLUS [ぐるっとプラス]

4年に一度のスポーツの祭典、オリンピック。今夏開催されたリオデジャネイロオリンピックでは、様々な競技でのメダルラッシュに日本中が歓喜しました。中でも、体操男子が団体総合で金メダルを獲得し、世界的に大きな注目を集めたことは記憶に新しいのではないでしょうか。

そこで今回は、西武多摩湖線の一橋学園駅にある『池谷幸雄体操倶楽部(IGC)』へ特別潜入し、体操競技の魅力を調査してきました!一橋学園駅から歩くこと約10分、『IGC』と書かれた白い建物が本日の舞台です。

 160910t_ma363

IGCの代表は、元オリンピック選手で現在は芸能活動もされている池谷幸雄さん。池谷さんはソウルオリンピックで団体総合と個人種目別ゆかで銅メダル、バルセロナオリンピックでは団体総合で銅メダル、個人別種目ゆかで銀メダルを獲得し、長年日本の体操競技を支えてきた方です。

今回取材したのは、4歳~6歳の子どもたちが集まるジュニアジムのクラス。この日は特別に池谷さん指導のもと、準備体操から鉄棒、跳び箱、マット運動の授業を見学させていただきました。前のクラスが終わるのと同時に、素早く生徒の入れ替わりが行われ、横一列に整列して座ります。

160910t_ma005

 そして「起立!」の合図で立ち上がります。IGCでは、『挨拶・返事・話を聞くこと』が出来て初めて体操の指導が始まります。礼に始まり礼に終わる、社会に出ても必要な心構えをここでは当たり前のように行っていました。

160910t_ma012

「気をつけの姿勢は、まず足を線の上にきちっと並べて、腕は指先まで真っ直ぐ伸ばしましょう。お腹を引っ込めて胸を張る。ちゃんと指をそろえて!」と池谷さんの指導が飛びます。子ども扱いしない厳しい指導に、子どもたちも全身で応えています。

160910t_ma016

子どもたちの施設中に響く「お願いします!」の挨拶が終わると準備運動の時間です。手首足首をほぐし、片足けんけんやスキップ、カエル飛びなどの動きを15分ほどかけて行います。

 160910t_ma019

160910t_ma041

様々な動きを行いますが、“どうしてこの動きを行うのか”を理解しながら動くことが重要。例えばカエル飛びは、足でしっかりと蹴り上げ、腕の力で体を支えることで最終的には倒立に繋がります。

 160910t_ma042

160910t_ma043

 「大丈夫?分かっている?」と一つ一つの動きを確認しながら体を動かします。準備運動が終わると、次は準備体操と柔軟の時間です。コーチ陣の『1.2.3.4』という声に『5.6.7.8』と大きな声で返します。

 160910t_ma087

160910t_ma106

特に柔軟にかける時間は長く、全体の半分ほどの時間を占めていました。45人のコーチの目があるので、子どもたちの集中力も持続しています。

160910t_ma150

160910t_ma117 

大人になるにつれて体は硬くなっていきますが、小さい頃から柔軟を続けることで柔らかい体を持続することができるそうです。体が柔らかいと、怪我も減り、しなやかな動きに繋がります。実際に見学へ来ていた親御さんに話を聞くと、「IGCに通い始めてから、学校や幼稚園で怪我をすることがほとんどなくなった」という声が少なくありません。

 160910t_ma139

柔軟を終えると、残りの時間はグループ別に鉄棒と跳び箱、マット運動の練習に入ります。待っている時間も列を乱さず姿勢を正している子どもたちを見て、こちらの背筋が伸びてしまいました。

 160910t_ma190

160910t_ma169

子どもたちのレベルに合わせてコーチたちが指導にあたります。例えば跳び箱では手をつく場所や顔の向き、着地の体勢など、その子にとって必要な部分を細かいところまで教えていました。

 160910t_ma170

160910t_ma219

この後、時間ぎりぎりまでマット運動を行い、最後に池谷さんから個人カードの返却です。

 160910t_ma274

160910t_ma275

授業中も感じていましたが、池谷さんをはじめコーチの方々は、いつも子どもたちと目を見て話すことを意識しているようでした。

 160910t_ma159

子どもたちの真剣な表情からも、体操の時間と真剣に向き合っていることを感じられます。授業が終わった池谷さんに、どんな想いを持って子どもたちと向き合っているのかを伺いました。

池谷さんは“子ども達の未来の為に”というキャッチフレーズで、15年以上子どもたちの指導を行っています。リオ五輪で活躍した体操女子の村上茉愛選手はIGCの第一期生です。

一般的にはあまり知られていませんが、筋肉や神経、骨や脳の発達など、人間の体のつくりは10歳までに決まるそうです。現在では、テレビゲームやDVD、携帯電話などが子どもたちの生活に根付き、積極的に体を動かす環境や機会が少なくなってきているのが事実。そういった環境にある中でも、体を動かす場所を作り、スポーツを通して人間形成を行うこと、そして健康的な体作りをサポートすることがIGCの活動理由とのことでした。

160910t_ma309 

16校の運営と1300人の生徒を指導することは、並大抵の熱量では続けられません。では、一体どこにその原動力があるのか質問すると、「子どもが好きなんです!」とシンプルな一言。授業中の瞳を見れば、それは疑いようもない本心なのだと感じます。

「礼儀」「我慢」「ルールを守る」ことは、池谷さんが体で覚えてきた一生の財産。それを伝えるためには、一歩体育館に入ったら、どんなに子どもが涙を流しても甘やかすことはないそうです。厳しくも愛情ある指導は、親御さんにもしっかりと届いているようで、「躾のため、厳しさに魅力を感じたから」と、IGCへの入会を決めた方もいらっしゃいました。

 160910t_ma349

健康な体はどんな人生を送るにしても必要不可欠です。IGCでは一日体験教室を毎日開催(月曜休校)しているので、興味のある方は是非お子様と一緒に参加してみてください!

160910t_ma356 

子どもたちの真剣な様子はこちらから

 

 

 

 

 

 

 

施設名 池谷幸雄体操倶楽部(IGC)
住所 東京都小平市喜平町1-5-10
TEL 042-329-8688
URL http://www.iketaniyukio.com/
東京都小平市喜平町1-5-10

一覧ページに戻る
facebook facebook

合わせて読みたい!おすすめコンテンツ

ページトップへ

ランキング

    PAGE TOP