西部沿線で100体験

new

お花見の季節に。桜をかわいく撮影してみたい!

https://grutto-plus.com/experience/024/ お花見の季節に。桜をかわいく撮影してみたい! | GRUTTO PLUS [ぐるっとプラス]

いよいよ桜の季節がやってきました。桜をみると春を実感しウキウキとした気分になります。そんな桜をスマホなどで撮影してみるのですが、いざ撮影してみるとなかなかうまく撮影ができないという経験はありませんか?空にカメラを向けて撮影するため、桜が逆光で暗くなってしまう、桜のピンク色が表現できない、写真にするとなんか違う…などなど。

今年こそ桜をかわいく撮影してみたい!ということで、今回は空間を意識した写真や女子っぽいかわいい写真で有名な写真家の山本まりこ先生に、お花見で有名な石神井公園で桜をかわいく撮影する方法を教えていただきました。

0今回チャレンジ

今回、桜をかわいく撮影する体験をしたのは、都内在住のりなさん。普段はほとんどスマホで撮影するということで、まずは特にアドバイスなしでカメラの設定もオートの状態で桜を撮影してみました。

りなさん「あれ?なんか暗いし、全然桜っぽくないです」と言いながら、撮影した写真はこちら。

最初の写真

山本先生「大丈夫!誰でもちょっとしたコツで桜がかわいく撮影できるようになるから!」

そんな心強いお言葉をいただき、本日のレッスンがスタートしました。

2笑う

 

ポイント①

カメラの設定はオートではなく、プログラムモードで。

 

桜を撮影する時は空に向かって撮影するので逆光になりやすいため、プログラムモードに設定しましょう。プログラムモードに設定するとカメラの機種によりますが、明るさ(露出)を自分で設定することができるようになります。

桜の花びらの色を見ながら、明るさ(露出)を設定します。プラスにすることで明るくなるので、自身の目で確かめながら、桜の花びらがキレイだなと思う色味に設定をします。

photo_01

山本先生「よく桜って撮影が難しいと言われるのですが、カメラのオートで撮影すると逆光で桜がグレーっぽくなるからです。私たちにとって桜はピンク色なのに写真にするとグレーっぽく見えるというギャップがより難しく感じさせているのかもしれません」

 

ポイント②

ホワイトバランスを活用して、桜の色味を設定しましょう。

 

カメラの機種によって設定方法は違いますが、ホワイトバランスの項目で「晴れ」や「曇り」、また「蛍光灯」など選択することができます。ご自身の目で確かめながら、桜の花びらの色味がキレイに見える項目を選択しましょう。

photo_03

 

ポイント③

ズームで桜に寄って背景をぼかしましょう。

 

桜はひきで撮影すると黒い枝が多く写ってしまい、暗い印象になってしまうことがあります。ズームで桜に寄ることで、背景のぼけも生かした撮影ができるようになります。ただし、背景の桜が近いとうるさく感じる場合もあるので、メインの桜と背景にしたい桜の距離感や構図で様々な撮影のバリエーションを試してみてください。

photo_02

 

実際にアドバイスを生かして撮影をします

 

6真剣に

真剣な表情で再び撮影を開始した、りなさん。先生のアドバイスをもとに、色味を気にしながらズームで撮影をします。

今回使わせていただいFUJIFILMのX-A2の特性を活用した撮影方法も教えていただきました。このカメラは回転チルト式液晶のため、自分の目線より高い位置でもラクラク撮影ができます。その特性を活用して、より桜に近い距離での撮影にもチャレンジ。山本先生に「もっと手を伸ばして!」と言われながら、液晶を見ながら片手での撮影もできるようになりました。

気づけば、山本先生と同じスタイルで。

4もっと手をあげて

7ポーズ一緒

 

ポイント④

桜の花同士の距離感を生かした前ぼけ撮影にチャレンジ!

 

これまでの基本的なアドバイスを生かしつつ、より空間を生かした撮影方法ということで、蕾を前ぼけにしながら空も生かして立体的に撮影してみます。

8前ぼかし

桜の色味も気にしながら蕾を前ぼけで撮影したのが下の写真。本日一番の写真が撮影できました!ちなみに、桜の花びらは太陽光が直接当たっていない日陰にあるものが撮りやすいです。日陰にある桜の花びらは、光の強さが均一でコントラストが低く、白トビしてしまいがちな桜の花びらを美しく撮ることができます。

前ぼけ

りなさんも満足げな表情。

今回この企画に参加してみた感想を伺ったところ、ちょっとした設定の変更や構図の変化で、こんなにもかわいく撮影できるなんて思いませんでした。桜が満開の時期にも改めて撮影してみたいです、とのこと。ぜひ今回の体験を生かしてステキな桜の写真を撮影してくださいね。

うまく撮れた

 

ちなみに山本先生が撮影した桜の写真はこちら!

今回桜が2~3分咲きのタイミングでの撮影だったのですが、蕾の枝も生かして、ダイナミックな流れる構図で撮影されています。空のやわらかな空間も映える写真はさすがです。

先生

 

今回教えてくださった先生 

写真家 山本まりこ

理工学部建築学科卒業後、設計会社に就職。「でもやっぱり写真が好き」とカメラを持ってひとり旅に出発し、そのままフォトグラファーに転身。風通しがいいという意味を持つ「airy(エアリー)」をコンセプトに、空間を意識した写真を撮り続けている。雑誌・広告撮影、旅エッセイ執筆、講演、フォトセミナー講師など活動は多岐。著書「エアリーフォトの撮り方レシピ」、「まりこ先生が教えるイチバンやさしい写真の教室」他多数。

facebookオフィシャルページ:https://www.facebook.com/marikoyamamotoofficial

twitter:https://twitter.com/yamamarimo8

mariko yamamoto

 

15X-A2_fujifilm

 

 

お花見の季節におすすめ!桜をかわいく撮影体験のようすはこちら

 

 

 

 

 

 

 

今回撮影したスポット

公園名 石神井公園
住所 東京都練馬区石神井台一丁目
URL https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index006.html
石神井公園

 

西武沿線のお花見スポット

公園名 小金井公園
住所 東京都小金井市関野町1丁目13−1
URL https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index050.html
小金井公園

 

公園名 埼玉県営 狭山稲荷山公園
住所 埼玉県狭山市稲荷山1-23-1
URL https://www.seibu-la.co.jp/inariyama/
県営狭山稲荷山公園

 

公園名 所沢航空記念公園
住所 埼玉県所沢市並木1-13
URL http://www.parks.or.jp/tokorozawa-kokuu/
所沢航空記念公園

一覧ページに戻る
facebook facebook

合わせて読みたい!おすすめコンテンツ

ページトップへ

ランキング

    PAGE TOP