西部沿線で100体験

new

今年こそ恋愛成就!縁結びのパワースポットを巡りたい!

https://grutto-plus.com/experience/016/ 今年こそ恋愛成就!縁結びのパワースポットを巡りたい! | GRUTTO PLUS [ぐるっとプラス]

西武沿線には数々の神社があり、休日ともなれば多くの参拝客で賑わっています。ところで、西武沿線にある神社の中でも取り立てて“恋愛運”に効果があるとされる神社があるのをご存知ですか? 2016年こそはハッピーな恋愛運に恵まれたい!…というわけで、ちょっぴり欲張りに、西武線沿線の“恋愛パワスポ”を一日で巡る旅に出かけてみました!

 

“五龍の神様”が運気を高めてくれる「田無神社」

 

最初に訪れたのは、西武新宿線の田無駅から徒歩6分ほどで到着する「田無神社」。鎌倉時代に建立されたと言われ、主祭神の大国主命をはじめ、須佐之男命(すさのおのみこと)、猿田彦命(さるたひこのみこと)、八街比古命(やちまたひこのみこと)、八街比売命(やちまたひめのみこと)、日本武尊命(やまとたけるのみこと)、大鳥大神(おおとりのおおかみ)、応神天皇(おうじんてんのう)をお祀りしている神社です。大国主命は出雲大社の御祭神でもあり、縁結びの神様としても大変有名です。

th_DSC_0181

th_DSC_0186

また、田無神社がパワースポットとして知られる所以は、中国の五行説に基づいた“五龍神”がお祀りされていることにも関係します。境内では、本殿を中心に東方を青竜、南方を赤竜、西方を白竜、北方を黒竜が守護しており、本殿には金竜が鎮まります。全方位を神様が守っているなんて、ご利益も期待できそう!

各龍神のご利益はそれぞれ異なり、そのうち金運と結婚運を司る神様が“白龍”です。

th_DSC_0171

こちらが白龍。恋愛運アップにパワーを与えてくれそうな立派な姿です!

th_DSC_0175

すぐ近くには、田無神社境内深くから汲み上げた“白龍の水”があります。参拝の前に、まずはここで手や口を漱ぎ清めておきましょう。

th_DSC_0184

本殿の奥には、大地の神様である金龍がお祀りされています。

th_DSC_0224

参道を入ってすぐ右には、子孫繁栄や良縁結びの神様である道祖神もお祀りされています。こちらも忘れずお参りを。

th_DSC_0204

市の天然記念物にも指定されている、立派なご神木。千年以上の歴史を感じさせる壮大な佇まいです。

そうそう! パワスポ巡りではおみくじも欠かせませんよね。田無神社を訪れたら、ぜひかわいい「縁結びおみくじ」で運試ししてみましょう! おみくじの中には結び紐が2つ入っており、大きな紐は結び処へ、小さな紐は財布などに入れて大切に持ち歩くといいそうです。

th_DSC_0229

通常の紐には鈴が1つしか付いていませんが、まれに2つ付いているものも! もし引き当てたらとてもラッキー♪ なにか素敵なハプニングが待っているかもしれません。

th_DSC_0239

20〜30代の女性に人気なのは、こちらのかわいい縁結び守り。ミニサイズでキュートですね。

 

迫力満点! 夫婦円満の象徴“夫婦欅”に会いに「熊野宮」へ

 

th_DSC_0077

2つめのパワースポットは、西武新宿線の小平駅から徒歩10分ほどの場所にある「熊野宮」。熊野宮の主祭神は、天照大神などの有名な神様の親である、伊邪那岐大神(いざなぎのおおかみ)と伊邪那美大神(いざなみのおおかみ)です。日本神話や古事記などにも登場する神様で、その名を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

th_DSC_0047

th_DSC_0076

かつて熊野宮の一帯は、川もなく水の便が悪いことから、人家が一軒もない未開拓の土地でした。そんな荒野の中に1本の榎の大木がそびえ立っており、青梅街道を行き来する人々の目印になったそう。以来、「武蔵野の一本榎」の呼び名で熊野宮のシンボルとして親しまれています。

th_DSC_0036

歴史ある一本榎(えのき)。初代の榎は老大樹となったため、現在繁っているのは樹齢約100年の三代目です。

熊野宮の見どころはこれだけではありません。社殿の正面に佇む2本の欅(けやき)は「夫婦欅」と呼ばれ、夫婦円満のご利益があると多くの参拝客から親しまれているんです。

th_DSC_0028

欅の樹齢はなんと約300年! 2本の欅が寄り添っているように見える様は、まさに仲良し夫婦そのもの。

th_DSC_0049

th_DSC_0004

近くで見てもかなりの貫禄です。パワスポ好きな女性たちの間では、「夫婦欅の間に立って好きな人に電話をかけると、恋が叶う」なんてウワサも! 真偽のほどは分かりませんが、欅の近くに立っているだけで強大なパワーを感じるのは確かです。

th_DSC_0070

一本榎と夫婦欅をモチーフにしたお守りも人気です。

th_DSC_0074

八咫烏(やたがらす)の絵柄がかわいい絵馬もあります。かつてここで絵馬を書いて、後に夫婦となったカップルも多いかもしれませんね!

 

鮮やかな朱色が美しい! 無数の鳥居群に圧倒される「東伏見稲荷神社」

 

th_DSC_0084

最後に訪れたのは、西武新宿線の西武柳沢駅と東伏見駅の間に位置する「東伏見稲荷神社」です。ここは京都にある伏見稲荷大社の分祀で、昭和4年に建立されました。特徴は、なんといっても「万能の神様」が祀られていること。家内安全から商売繁盛、もちろん縁結びまで…様々なご利益にあやかることができる、欲張りなパワースポットなのです。

th_DSC_0109

石畳を上がって参道へ。朱塗りを基調とし、美しい金色の装飾が施された社殿に思わず目を奪われます。

th_DSC_0115

th_DSC_0117

th_DSC_0160

心をこめて本殿へお参りします。昨年も無事に過ごせたことに感謝し、「2016年こそ、恋愛運がアップしますように…!」と少し長めにお祈りしてきました(笑)。

さて、東伏見稲荷神社の参拝はここからが本番といっても過言ではありません。なぜなら社殿の裏側には、“お塚”と称した数々の神様がお祀りされているからです! 本殿だけお参りして帰るのではなく、お塚の巡礼も必ず行いましょう。

th_DSC_0124

さっそく社殿の裏側にまわってみると…ありました! 伏見稲荷大社の“千本鳥居”にならって建てられた、無数の鳥居群です。

th_DSC_0120

吸い込まれそうな美しさの朱色ですね。この鳥居をくぐっていくと、全部で17個のお塚を巡礼することができます。お塚にはそれぞれ番号があり、そのうち1番目と5番目には縁結びの神様がいらっしゃるのだとか。

th_DSC_0143

こちらが1番目のお塚です。縁結びや寿命延長にご利益があります。

th_DSC_0139

こちらは5番目のお塚。縁結びや家庭円満の神として信仰されています。

th_DSC_0152

東伏見稲荷神社でもかわいい縁結び守りを発見! 女性参拝客だけでなく、外国人観光客にも人気なのだとか。

真冬の空気に包まれながら神社を巡ると、なんだか心まで澄み切ったような気持ちになるから不思議ですよね。今年こそ恋愛運にあやかりたい方は、ぜひ沿線のパワースポットに足を運んでみて下さいね!

 

恋愛運UP↑パワースポットめぐり体験のようすはこちら

 

スポット名 田無神社
住所 東京都西東京市田無町3-7-4
TEL 042-461-4442
URL http://www.tanashijinja.or.jp/
田無神社

 

スポット名 熊野宮
住所 東京都小平市仲町361番地
TEL 042-344-0638
URL http://kumanogu.com/
東京都小平市仲町361
スポット名 東伏見稲荷神社
住所 東京都西東京市東伏見1-5−38
TEL 042-461-1125
URL http://www.higashifushimi-inari.jp/
東京都西東京市東伏見1-5−38

 

一覧ページに戻る
facebook facebook

合わせて読みたい!おすすめコンテンツ

ページトップへ

ランキング

    PAGE TOP