西部沿線で100体験

new

小江戸川越の名水スポットを巡りたい!

https://grutto-plus.com/experience/006/ 小江戸川越の名水スポットを巡りたい! | GRUTTO PLUS [ぐるっとプラス]

江戸時代の町並みが残る街「川越」。実は、豊富な地下水に恵まれた場所で、昔から街のあちこちで質の良い水が採れるのだとか。現在でも水場の名残が残っていて、実際に飲めるスポットもあるのだそう。スポットは街中に点在しているので、レンタサイクルを使って巡ってみます!

心と小銭を洗い清める銭洗い弁財天

_DSC1661
最初に訪れたのは本川越駅からほど近い「熊野神社」。ここの境内にある宝池では銭洗い弁財天が祀られています。

_DSC1638
ザルにお金を入れ、柄杓で水をかけ流すようにして清めます。池の水はひんやりと冷たい。清めたお金は使っても良いのですが、お守りのように肌身離さず持っておくのもおすすめ。
ちなみに、”銭を洗うとお金が増える”なんていう噂は間違い。銭洗いで清められるのは、心なのだそうです。お参りするときは邪念に惑わされてはいけませんよ。
宝池の向かいには「手水舎(てみずや)」があり、足元の蛇口からは宝池と同じ水源の水が得られます。開運を祈願して「お水取り」をする人にとっては隠れた人気スポットなので、興味のある人は、神主さんを訪ねてみてください。

けがれを落とし、良縁を願う氷川神社の御神水

_DSC1679
熊野神社を出て川越市役所方面に進むと、縁結びの神様として有名な「氷川神社」に到着。平日にも関わらず、夫婦や若いカップル、外国人など、多くの人で賑わっています。

_DSC1767

境内の片隅で、苔むした水盤からこんこんと湧き出る「御神水」を発見。飲むと心身が清められるそうなので、ありがたく頂戴することに。

_DSC1760
ひんやりとした冷たさが、まさに地下水ならでは。ピュアな水とはこういうものを指すのかもしれません。 すっと体に染み込むような軽い口当たりが印象的。

※川越氷川神社では、御神水の飲用は必ず煮沸消毒いただくようお願いしています。

IMG_2656
数ある授与品の中でも特に人気の「縁結び玉」。持っていると良縁に恵まれるのだとか。こちらは1日20個限定のレアなお守りで、朝の8時から参拝者に無料で頒布(はんぷ)しています。頒布開始と同時に全てなくなってしまうこともあるので、気になる人は、ぜひ早起きして社務所に訪れてみてください。

和食屋さんが掘った小さな川越の名水

_DSC1832
川越のシンボル「時の鐘」がある鐘つき通りから一本路地へ入ると、涼しげな木陰に小さな名水スポットがあります。

_DSC1801
「幸すし」という和食のお店が所有する「稲荷の井戸」。今から130年ほど前、初代がお店を開くときに併せて井戸も掘ったんだそう。汲み上げられた水は、敷地内にある庭園の池と、「稲荷の井戸」に注がれています。お店の許可を得て、さっそく飲んでみることに。

_DSC1824
水は氷川神社と同様に、ひんやりと冷たくてすっきり飲める。今度はぜひ、和食も味わってみたいところです……。

※幸すしでは、「稲荷の井戸」の水を飲用水として提供していません。編集部が特別に許可をいただいたうえで飲んでいます。

昔、龍が棲んでいた!? 伝説が残る龍池弁財天

_DSC1839
観光客で賑わう街の中心部から離れ、住宅街にある「龍池弁財天」に到着。ここは川越の中でも随一の湧水量をもつと言われているスポットです。

_DSC1835

池の水は驚くほど澄んでいて、中には立派な鯉が泳いでいます。池の底からは時折、気泡が昇ってくるので、もしかするとそこから湧いているのかも。ちなみに、この池は龍神が棲んでいたなんていう伝説が残っています。
その昔、この辺り一帯は海で、龍の化身が住んでいたのだそう。のちに仙人がこの場所にお寺を建てようとしたところ、龍の居場所がなくなってはいけないと小さな池を残すことに。それが「龍池弁財天」の由来になったようです。……そういえば、鯉が天に登ると龍になるんでしたっけ。池の周りには柵がないので、足を滑らせないようご注意を。

川越の井戸水から作られた絶品ビール!

_DSC1864
最後は駅の方に戻って、川越の地ビールとして有名な『コエドビール』をいただくことに! 地元の醸造所には深井戸があって、そこで汲み上げた水で作っているんだそう。川越の井戸水は水道水よりもはるかにきれいで、雑味のないビールができるのだとか。

_DSC1867

鐘つき通りにある「舛屋酒店」では『コエドビール 瑠璃(370円税込)』の樽生を販売中。ここで一旦レンタルサイクルを返却し、一杯いただいてみることに。

_DSC1790

そばにそびえる「時の鐘」を眺めながら乾杯! なんていうのもたまりません。余談ですが、明治40年に創業された「舛屋酒店」と「時の鐘」は同じ大工さんによって作られたんだとか。歴史を感じさせますね〜。

 

川越はいたる所に名水スポットがあり、自転車で周るだけでも色々な場所が見られました! しかし、これほど水に恵まれている理由とはなんなのでしょう? 地下水に詳しい市役所の環境対策課の方に聞いてみたところ、周辺の地形が関係しているとのこと。川越は武蔵野台地や入間台地など、台地と低地が入り組んでいて、その境目となる部分に水が湧きやすいのだそうです。
また、この地域で採れる湧き水は温度が安定していて、夏は冷たく、冬は湯気が見られることもあるのだとか。街の古い資料を見ると、昔は今よりも多くの湧水地があったようで、料理や洗濯など、街に住む人達にとってなくてはならない大切な水だったに違いありません。実際、目には見えませんが、地下の水脈は何十年、何百年という長い年月をかけて形作られるもの。地質的にも、やはり川越は歴史のある街なんですね。街中は平坦な道が多く、自転車での移動が快適でした。ほかの観光地と比べレンタサイクルも充実しているので、川越を隅々まで楽しみたい! という方におすすめですよ。

 

レンタサイクルに乗って、小江戸川越で名水体験の動画はコチラ

 

 

【編集後記】

_DSC1672
「幸福はまず、健康から」と考える熊野神社には、めちゃめちゃ痛い足つぼを刺激する小道がありました。

 

スポット名 川越 熊野神社
営業時間 平日11:00~17:00、土日祝日10:00~17:00
定休日 無休
TEL 049-225-4975
住所 埼玉県川越市連雀町17-1
URL http://www.k2.dion.ne.jp/~kumano/index.html
川越熊野神社

 

スポット名 川越氷川神社
営業時間 8:00~18:00
定休日 無休
TEL 049-224-0589
住所 埼玉県川越市宮下町2丁目11-3
URL http://www.kawagoehikawa.jp/#/
埼玉県川越市宮下町2丁目11-3

 

スポット名 稲荷の井戸
住所 埼玉県川越市幸町10-7 付近
埼玉県川越市幸町10-7

 

スポット名 龍池弁財天
住所 埼玉県川越市小仙波町4-16-8付近
埼玉県川越市小仙波町4-16-8

 

スポット名 桝屋酒店
営業時間 9:30~18:00
定休日 無休
TEL 049-222-1500
住所 埼玉県川越市大手町14-3
埼玉県川越市大手町14-3

一覧ページに戻る
facebook facebook

合わせて読みたい!おすすめコンテンツ

ページトップへ

ランキング

    PAGE TOP