西部沿線で100体験

new

“カワイイ”をもっと身近に。みんなでハロウィーンを楽しみたい!

https://grutto-plus.com/experience/004/ “カワイイ”をもっと身近に。みんなでハロウィーンを楽しみたい! | GRUTTO PLUS [ぐるっとプラス]

今年もハロウィーンの季節がやってきました。そんなイベントを盛り上げるべく、日本大学藝術学部デザイン学科の有志の学生が練馬駅にハロウィーンアートを制作。

さらに増田セバスチャン氏監修のラッピング電車やモニュメントなどが登場!

増田セバスチャン氏起用理由としては、“鉄道”に“カワイイ文化”というイメージを掛け合わせ、今までにない広がりを生み出す事で、西武鉄道の“挑戦”という企業姿勢を表現し、お客さまに新しい“感動”を提供したいと考え、今回の起用に至ったとのこと。今回は特別に“カワイイ”をつくる現場を編集部が体験させてもらいました。

 

ハロウィーン

 

まずは増田セバスチャン氏のハロウィーンオブジェと、日本大学藝術学部デザイン学科の学生制作によるハロウィーンアートが展示されている練馬駅へ。学生たちが制作した作品が職人の方たちによって徐々に形になっていきます。

 

ハロウィーン

 

「今回は西武線とのコラボのハロウィーンアートと伺ったので、電車をメインにハロウィーン感を演出しました。キャラクターはそれぞれメンバーが考えましたが、あえてテクスチャーはバラバラにしてポップな仕上がりを狙っています」と籏野さん。

 

ハロウィーン

 

ハロウィーンアートを制作した日本大学藝術学部デザイン学科の9名のうち6名の学生が当日の設営に立ち会いました。イメージ通りの仕上がりになるかな?最初はそんな不安げな様子もあったが、完成が近づくにつれてみんなの顔が笑顔になっていきます。

 

ハロウィーン

 

トリックアートのような写真が撮影できるように、原寸大に出力して何度もデザインを調整したという話でしたが、仕上がりはこんなに楽しい写真が撮影できました!ぜひ期間限定のフォトスポットであなたもおもしろ写真を撮影してみてはいかがでしょうか。

 

ハロウィーン

 

続いては、小手指車両基地にて“カワイイ”ラッピング電車ができるまでを特別に体験させてもらいました。全10両の電車を片面約3時間で仕上げていきます。総勢十数名の職人の方たちがデザイン指示書に合わせてラッピングシートを貼っていく様子は圧巻。

 

ハロウィーン

 

さらに、この電車内はハロウィーン感が溢れた装飾になっています。朝の通勤・通学もこの電車に遭遇したら、ちょっぴりハッピーな気分になれること間違いなし!

 

ハロウィーン

 

実際に10/13(火)より西武線内をラッピング電車が走行中。小さなお子さまが電車を指さして喜んでいたり、学生たちがスマホで撮影したり。沿線のハロウィーンを盛り上げています!

 

ハロウィーン

 

イベント名 SEIBU HALLOWEEN 2015 in NERIMA
開催日 10/13(火)~31(土)
開催場所 練馬駅
住所 東京都練馬区練馬1-3-5
URL http://www.seibu-halloween.jp/
料金 無料(イベント電車は別途)
お問合せ先名 「SEIBU HALLOWEEN 2015 in NERIM」事務局
メールアドレス info@seibu-halloween.jp

 

一覧ページに戻る
facebook facebook

合わせて読みたい!おすすめコンテンツ

ページトップへ

ランキング

    PAGE TOP