ゆっくりと時を刻みながら、人々の想いを受け継ぐ「珈琲専門店アミー」の記憶