イベントアフターレポート

https://grutto-plus.com/after_report/chichibuyomatsuri_2015/ 見事な山車と冬の夜空を彩る花火に圧倒される秩父夜祭へ | GRUTTO PLUS [ぐるっとプラス]

見事な山車と冬の夜空を彩る花火に圧倒される秩父夜祭へ

秩父夜祭は300年以上の歴史がある秩父神社の例祭で、毎年12月3日が大祭となります。また日本三大曳山祭りのひとつで京都の祇園祭、岐阜の高山祭と並ぶ祭りです。
笠鉾・屋台の曳き廻しや、豪壮な屋台ばやし、夜空を彩る花火など、昔から多くの人々を魅了しています。この祭りは江戸中期、秩父神社に立った絹織物の市、「絹大市」の経済的な発展と共に、盛大に行われるようになりました。

  1. TOPIC-1
  2. TOPIC-2
  3. TOPIC-3

TOPIC1 レッドアロー号に乗って秩父夜祭へ TOPIC1 レッドアロー号に乗って秩父夜祭へ

屋台や笠鉾 当日はレッドアロー号の臨時列車に乗って、15:00頃に西武秩父駅に到着。
すでに駅の周りには飲食店の夜店がずらりと並んでおり、多くの方で賑わっており、秩父名物の「みそポテト」や「わらじカツ丼」もありました。

想像以上の人の多さに驚きながらも、秩父神社に向かいます。秩父市内の方はもちろんですが、埼玉県内や関東近郊からも毎年多くの観光客が来ているそうで、外国人の方もちらほら見かけました。後日来場者数を調べたところ、2日間で約18万人だったそうです。
秩父神社に到着したら、今度は参拝の方たちが長蛇の列をつくっています。境内にはこれから町中に繰り出す屋台や笠鉾が火を灯し準備をしていました。

TOPIC2 豪華な山車の曳きまわしは圧巻! TOPIC2 豪華な山車の曳きまわしは圧巻!

豪華な山車の曳きまわし 日が落ち始めた頃、威勢のいい声とともに、息を合わせながら動き出す山車。山車の笠鉾・屋台は、重要有形民俗文化財に指定され「秩父屋台囃子」や屋台上で演じられる「秩父歌舞伎」、「曳踊り」等の一連の行事は、重要無形民俗文化財に指定されています。
道いっぱいの観光客の波に押されながらもこの豪華な山車の曳きまわしは一見の価値があります。

TOPIC3 済んだ冬の夜空をダイナミックに彩る花火たち TOPIC3 済んだ冬の夜空をダイナミックに彩る花火たち

冬の夜空に舞う花火1 秩父夜祭になくてはならない冬の夜空に舞う花火。澄んだ冬の夜空をダイナミックに彩ります。次々と打ち上がる連続花火、大スターマイン。誰もが夜空に見とれる瞬間です。

冬の夜空に舞う花火2 この祭りの花火の特長は、空を見上げれば様々な場所から見えるということ。西武秩父駅前付近からも見られるので、花火の場所取りなどしなくても大丈夫でした。
なお当日は大変混雑するので、鉄道のご利用をおすすめします。 豪華絢爛な山車と冬の夜空を彩る花火たち。ぜひ温かい格好をしてお出かけください。

イベント詳細

ページトップへ