イベントレポート

https://grutto-plus.com/after_report/camerabiyori/ 人気雑誌「カメラ日和」とコラボ!カメラ女子が着物を着てお散歩撮影会! in川越 | GRUTTO PLUS [ぐるっとプラス]

人気雑誌「カメラ日和」とコラボ!カメラ女子が着物を着てお散歩撮影会!in川越 人気雑誌「カメラ日和」とコラボ!カメラ女子が着物を着てお散歩撮影会!in川越

2月7日(日)、人気カメラ雑誌「カメラ日和」と「ぐるっとプラス」がタッグを組んでコラボイベントを実施!
「カメラ日和」で募集したカメラ好き女子たちが西武新宿線・西武新宿駅から西武鉄道の特急レッドアロー号「小江戸」に乗って本川越駅に向かい、着物を着て小江戸川越の街を撮影するお散歩撮影会!プロカメラマン赤荻 武先生による撮影テク講習もあり、みんなでグループを組んで着物姿や川越の街並みを撮影しました。イベントの最後には撮影した写真を先生が講評。フォトジェニックな街、川越を満喫しました!
今回のレポートでは、赤荻先生による「街歩き撮影テク」、カメラ女子の着物姿を写した「着物コレクション」、カメラ女子が撮影した「フォトジェニックな川越」を中心にイベントの様子をご紹介します。

  1. カメラ HOW TO
  2. 川越 着物コレクション
  3. 川越 フォトジェニック

川越の観光スポットを巡るなら「本川越駅」が便利!

特急レッドアロー号「小江戸」で出発〜! 「時の鐘」、「蔵造りの街並み」、「菓子屋横丁」など、小江戸川越を代表する観光スポットに行くなら、最寄りの駅の西武新宿線・本川越駅がおすすめ! 西武新宿駅から特急レッドアロー号「小江戸」に乗れば、所要時間は最短44分。指定席で快適&おしゃべりしている間にあっという間に到着します。

カメラ HOW TO カメラのプロに聞く!街歩き撮影テク! カメラ HOW TO カメラのプロに聞く!街歩き撮影テク!

先生の話はとっても面白かった! 川越の街並みを撮影する前に、イベントに同行してもらったカメラ日和学校の赤荻先生に撮影する際のテクニックを教えてもらいました。被写体に近づいて撮る「寄り」、逆に遠くから離れて撮る「引き」の効果的な使い方、ボケ味のあるやわらかい印象の写真の撮り方など、カメラ女子たちも興味津々。ここでは、赤荻先生が教えてくれたものから、スマホのカメラでも実践できるテクニックをご紹介します。

テクニック1 「寄り」を使うと、いつも見ていたモノがより印象的な雰囲気に! テクニック1 「寄り」を使うと、いつも見ていたモノがより印象的な雰囲気に!

Before

Before「寄り」のテクニック
写真を撮るとき、ついつい被写体全体の様子を写そうとしがちですが、被写体に近づいて撮影する「寄り」を効果的に使うと、今まで見ていたものが印象的になるのでおすすめです! 「寄り」には、カメラのズーム機能を使う方法と、カメラ自体を被写体に近づける方法の2種類あります。

After

After 「寄り」のテクニック
スマホで撮る場合は、画質が荒くなってしまうのでズーム機能を使わずに、カメラを被写体に近づける方法で撮影しましょう。写真は、川越の菓子屋横丁で見つけたカラフルなアメ。カメラ自体を被写体に近づける「寄り」で撮影しました。よりポップで味わい深い写真になりますね。
テクニック2 「露出補正」で明るさを調整! テクニック2 「露出補正」で明るさを調整!

Before

Before「露出補正」のテクニック
あえて暗く撮影するテクニックもありますが、かわいく写すのなら明るく撮るのがおすすめ。外での撮影のときは日陰だったり、逆光だったり被写体よりも周りが明るい状況で撮影してしまうと写真が暗くなってしまいます。そんなときには、被写体が明るく写る場所に移動したり、カメラの「露出補正」(撮影モードが「プログラムオート」や「絞り優先オート」などで設定できる)で明るさを調整しましょう。

After

After 「露出補正」のテクニック
暗いままの写真だと帯の色合いもわかりにくいですが、明るく露出補正をして撮影すると、色味も際立ち、鮮やかな一枚に。スマホでも明るさを調整する機能があるので、被写体ごとに明るさを変えながら撮影してみましょう。また、撮影する度に露出を調整することも忘れずに。
テクニック3 グリッド線を使って垂直・水平を意識! テクニック3 グリッド線を使って垂直・水平を意識!

Before

Before「グリッド線」のテクニック
街並みや、ポートレートなどを撮影するときは、被写体を垂直・水平に配置することで、見た目も美しく、安定感のある写真になります。しかし、カメラ初心者の人は、頭ではわかっていても実践するのは難しいですよね……。そんな初心者の人は「グリッド線」を使ってみましょう。

After

After 「グリッド線」のテクニック
多くのスマホカメラにも標準搭載されている「グリッド線」を使えば、垂直・水平が整った写真が撮りやすくなります。斜めになった写真だと、どこか落ち着きがなく、違和感のある写真になってしまいますが、垂直・水平が保てている写真は奥行きもわかりやすく、キレイな写真になりますね。また、なるべく上の方に空間をあけて撮ると、よりバランスが取れてグッド!
今回教えてくれた先生! 今回教えてくれた先生!
赤荻 武先生 赤荻 武先生
「カメラ日和」が主宰するカメラ講座『カメラ日和学校』の講師としても活躍する写真家。著書に『カメラレシピ』(マーブルトロン)、『クリエイターのための3行レシピ 写真撮影のアイデア』(翔泳社)などがある。
『カメラ日和』
カメラ日和「みんな大好き!撮って楽しい!動物パラダイス」

“カメラと写真で毎日をもっとハッピーに”をモットーに、カメラや写真にまつわる面白さを等身大に伝える雑誌。
撮る、見る、贈る、遊ぶ……写真やカメラのある魅力的な生活など、ステキで楽しいあれこれを毎号お届けしています。
2008年より、本誌でおなじみの写真家やクリエーターが講師をつとめる、カメラを楽しむための学校を開校。
カメラの使い方・撮り方の基本から、写真を使ったものづくりの講座まで多彩。
「東京校(有楽町)」「関西校」の他、全国出張講座も行っています。

川越フォトセレクション カメラ女子の着物コレクションまとめ 川越フォトセレクション カメラ女子の着物コレクションまとめ

着物を着るとテンションもアップ! 着物姿で街歩きを満喫! 着物を着るとテンションもアップ! 着物姿で街歩きを満喫! 艶やかな着物姿になって、撮影会を楽しんだカメラ女子たち。着物を着た気分や川越の印象、撮影した感想などなど、カメラ女子の着物姿とともに、一挙にご紹介! 詳しく見る

Q.: 着物を着て川越を撮影した感想は? Q.: 着物を着て川越を撮影した感想は?
着物を着ると気分もアガる! 着物を着ると気分もアガる!
「着物を着ることはなかなかないので、やっぱり着るとテンションもアガりますね! 自然と所作もキレイになった気がします(笑)」
「きちんとした絹のホンモノの着物が着られて嬉しい!撮る機会の少ない着物姿を撮影するのも楽しかったです」
着物を着ると気分もアガる! 着物を着ると気分もアガる!
「川越は初めてでしたが、撮影しがいのあるスポットの数々に感動しました。あと、撮影だけじゃなく食べ歩きも楽しい街でした!」
「こんなに川越が近いなんて知りませんでした。ステキな撮影スポットが集まっているのに、フラッといける気軽さは最高! また来たいです」
「ちょっとした路地でも雰囲気のある場所が多くて、ワクワクしながら撮影していました。店の人も気さくでやさしい人が多かったです」
「店名のフォントなど、いちいち画になる街ですね! 着物と川越の街並みが絶妙にマッチしていて、街歩きも撮影もどっちも楽しめました!」

続きはこちらから

川越フォトジェニック カメラ女子のフォトジェニックな川越まとめ 川越フォトジェニック カメラ女子のフォトジェニックな川越まとめ

レトロな建物が素敵! レトロな建物が素敵! 「時の鐘」をはじめ、川越には撮影したくなるスポットがいっぱい!
そんな川越の街を歩きながらカメラ女子たちは、どんな写真を撮影したのでしょう?
さまざまな表情を見せる“フォトジェニックな川越”をカメラ女子のフィルターを通してのぞいてみましょう!
詳しく見る

「時の鐘」をはじめ、川越には撮影したくなるスポットがいっぱい!
そんな川越の街を歩きながらカメラ女子たちは、どんな写真を撮影したのでしょう?
さまざまな表情を見せる“フォトジェニックな川越”をカメラ女子のフィルターを通してのぞいてみましょう!

初めての単焦点レンズでの撮影。おみくじの鯛が主役になるように撮ってみました。(池水八千代さん)

賑わう神社の一角に、毛氈 (もうせん)と行燈が続く静かな通路が気になった一枚。奥行きと水平に気をつけて撮りました。
(あおさん)

続きはこちらから

  1. カメラ HOW TO
  2. 川越 着物コレクション
  3. 川越 フォトジェニック
ページトップへ